独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2018年2月9日

久々に雨が上がった台北です。なんだか地震と天気のことで頭が支配されてしまって、なかなかいつも通りの感覚が戻ってこないのですが、とりあえずすかっと晴れ間でも見えてくれたら気分も変わるのではないかと天を仰ぐそんな日々です。花蓮の地震に関する日本からの支援、応援に関してはこちらのニュースでも大きく取り上げられていて、しっかり届いています。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 12~19度
台中 曇り 14~20度
高雄 晴れ/曇り 15~24度
花蓮 曇り 15~22度
週末のお天気→各地とも10日の日中までは気温も安定するようですが、10日夜からまた下がる見込みです。台北 曇り/雨10~17度、台中 曇り/雨11~22度、高雄 曇り/雨12~27度、花蓮 13~23度。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2616NTD
1NTD→3.668JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.2.8発表)/ 04,06,11,14,18,24/第二区ナンバー05
大楽透(2018.2.6発表)/06,10,24,27,41,43/特別ナンバー49

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「春節出国ピーク 自動チェックインの利用を」
春節の期間は出入国の旅客の数が大幅に増加します。桃園空港では2月13日から16日まで、および20日から25日までの期間において空港利用者の数はピークを向かえるとされており、旅客には出国前に予め利用航空会社のチェックイン時間を確認し、自動チェックイン機や自動通関などを利用し、搭乗時間を誤ることのないようにと呼びかけています。
桃園機場公司によると、2月9日から28日まで増便を行なっており、民航局では1,090便の決定を行なっています。そのうち、2月11、13、16、20、22、23日は690便を越えており、2月16日の元旦は712便と最も多くなっています。
旅客の利用人数においては、空港の予測では13日から16日、20日から25日がピークとされ、平日の運輸量は平均1万900人前後増えるのではという見通しで、ピークには14万人ほどの利用がある見込みで、今年の春節期間の人の流れは昨年と比較して約9%の成長がみられるのではとされています。
空港では旅客に対し、フライトスケジュールに影響が出ないよう、出国前には利用航空会社のチェックイン時間を確認し、自動チェックイン機や自動通関などの利用を呼びかけています。また、MRT桃園空港線A1台北駅では中華航空、エバー航空の利用者はチェックインのほか自動手荷物預け入れなども行なえるインタウンチェックインの利用も可能となっているので時間短縮に繋がり便利だというアナウンスも行なっています。
また、出国する利用者にはパスポートの有効期限や現金の持ち出し制限、持ち込み禁止荷物などに関しても注意を促しています。
(情報:卡優新聞網
いよいよ春節に突入ですが、桃園空港はピーク時でなくともいつも結構な混雑ぶりで、ゆとりを持って行っているつもりでも何度も大丈夫かな、と不安になったことがありました。オンライン、インタウンなど便利なシステムはどんどん利用して、無駄なストレスは極力減らしましょう。この時期に空港を利用される方はどうぞゆとりをもったスケジュールでお出かけください。
(担当特派員:TOPOK号)

本日もクリックお願いします!

2018年2月8日

昨晩もまた台北でもかなりの揺れが感じられました。もうこのところ普通の状態でも眩暈なのか地震なのか時々揺れているように感じてしまいます。現在もまだかなりの方が行方不明で捜索が続けられています。一人でも多くの方が無事に見つかりますように、被災された方が一日も早く平安な日常を取り戻されますように祈ります。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨11~13度
台中 曇り/雨12~14度
高雄 曇り13~19度
花蓮 曇り/雨14~16度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2594NTD
1NTD→3.698JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.2.5発表)/09,10,24,25,27,33/第二区ナンバー02
大楽透(2018.2.6発表)/06,10,24,27,41,43/特別ナンバー49
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「桃園空港アプリがリニューアル 更に国際化され便利に 」
桃園国際空港の昨年全体の旅客数は4500万人に近い数字となりました。世界中から訪れる旅客へのサービスとして、桃園空港公司では旧正月休暇の前に最新版の「桃園国際空港アプリ」を発表し、2月6日よりダウンロードが開始されました。最新版アプリはアイコンを見やすく配置し一目見て必要な機能が分かる他、英語と日本語対応及び多機能ファンクションが加えられました。より使いやすく国際化され、空港を利用する旅客に最新版のアプリで敏速に必要な情報を提供できるようになりました
桃園空港の昨年の一日当たりの旅客運輸量は12万3千人でした。旧正月の休暇期間は毎日13万人を超えると予想されます。ピークは16日の元旦で旅客数は14万人を突破するものとみられます。
大量の国内外の旅客へのサービスを向上させる為、桃園空港公司は2014年に初めて「台湾スマート空港アプリ」を開発して以来、この度再度最新版の「桃園國際機場APP(桃園国際空港アプリ)」を発表しました。以前の文字説明の箇条書き方式を改め、一目見て直ぐに機能が分かるアイコンを見やすく配置した他、繁体字と簡体字の中国語以外に英語と日本語での対応が可能になりました。それ以外にも外国人旅客用の台湾旅行情報や空港内のショップの紹介も実景で紹介されています。一人一台スマートフォンを持つ現代の時代に合わせ、この最新版アプリを通して敏速に必要な情報を提供するのが狙いです。桃園空港公司の李総経理は、「最新版アプリの最大の魅力は英語と日本語対応が加わったことで、レンタカーや交通、宿泊、ショッピングなどの基本的な問い合わせに対応できるようになったことです。また以前は空港内のレストランやショップの紹介はすべて文字のみでしたが現在は実景映像で紹介できるようになり、毎日のフライト情報以外にも駐車場の情報、天気なども追加され、トップページから直接見る事が可能です。」と最新版アプリの特徴をアピールしました。
そのほかにも外国人旅客に台湾旅行を楽しんでもらうために、最新版アプリは各種状況下に対応できる基本中国語会話の発音、空港への交通乗り換え指南、為替レート、タイムゾーン、道路救援、遺失物窓口情報などの機能が提供されています。またフライト便を検索する際も便名を入力する必要はなく、関連ワードの入力のみで表示されます。
もともと「台湾スマート空港アプリ」の使用者は四万人でしたが、最新版にアップグレードされた桃園空港アプリはより多くの利用者に便利なサービスを提供するでしょう。
(情報:中央廣播電台
早速17号もこのアプリダウンロードしてみました。以前のアプリは使用していなかったので比較はできませんが、最新版のこのアプリの日本語版は明瞭でなかなか使えそうです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!

2018年2月7日

この二日間、地震のせいで本当になかなか眠れなかった。昨夜11時50分マグニチュード(M)6.4の地震が起こりました。今朝ニュースを見て、夜中の余震はなんと96回揺れていました。花蓮の状況もかなりひどくて、台湾の皆さんは無事に今回の災害を乗り越えるように。台北は特に問題ないので皆さんご心配ありがとうございます。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨 9~14度
台中 雨 10~15度
高雄 雨 12~18度
花蓮 雨 12~17度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2590NTD
1NTD→3.703JPY


台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.02.05発表)/ 09,10,24,25,27,33/第二区ナンバー02
大楽透(2018.02.06発表)/06,10,24,27,41,43/特別ナンバー49
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「桃園空港はアプリを披露した、キーワードで検索できる」
携帯は観光客と空港に迎える方の空港秘書ちゃんになりましょう。便名、航空会社、町名を入力するだけで、必要な情報を調べられます。桃園国際空港は6日に最新型の「桃園國際機場APP(桃園国際空港アプリ)」を披露して、空港にいる観光客にどんな時でも携帯で色々な情報を調べられます。
桃園空港会社の副總經理李建國さんによると、新型アプリは旧型の「台灣智慧機場(台湾智慧空港)」という名前を「桃園國際機場APP(桃園国際空港アプリ)」に変更して、中国語、英語、日本語などの言語設定画面を備えます。外国人のために、台湾で旅行するとき、道を尋ねる、レンタルカー、宿泊、買い物、飲食など会う状況で、使えるはず基本日常会話の中国語発音の参考機能も備えて、中国語が分からない外国人に楽で台湾の旅行を楽しめられます。
李建國さんによると、「図面のデザインのおかげて、全部の機能を一目で分かられる。」当日の便、駐車情報、天気などよく使う機能をホームページに設定されます。空港レストラン、売店の実際写真と商品情報も新設しております。もし観光客はお腹が空いたら、アプリで食べたいものを選択して、写真で検索して行けます。
「桃園國際機場APP(桃園国際空港アプリ)」は航空会社のロゴを新設して、もっと分かりやすくなります。李建國さんによると、観光客がよく使う航空便の検索は簡単のキーワードで検索できます。航空便、航空会社、町に関する字で早速に必要な情報を調べられます。例えば、「サ」だけで打ち込んで、「サンフランシスコ」を検索できます。あと交通の乗り換え、世界タイムゾーンの推算、各国の両替率、道路レスキュー、お忘れ物の登録などの機能を備えます。
アプリもbeacon技術でターミナルの61個ところにbeaconを設置しました。ブルートゥースやインターネットがあれば、10メートル以内の位置を感知されます。未来も観光客に導かれるルートや買い物の割引情報などのサービスを新設し、もっとたくさんの空港情報を提供したいと考えております。

(情報:台灣醒報
観光客のために、こんな便利なアプリを披露されました。中国語が分からない外国人も怖がらないで、台湾に観光に来てください。アプリを使わなくても、ご心配なく、台湾人も優しく助けてあげますよ。
(担当特派員:TOP21号)

本日もクリックお願いします!



2018年2月6日

27540514_1695841647103083_7097170438343764563_n.jpg
先週にめいごは結婚式をしました。旦那さんは排灣族なので、排灣族の伝統儀式をしました。原住民の結婚式は一般感じと違う、オシャレ結婚式場所はない、オシャレ飾りがないけど、すごく面白くて、にぎやかです、誰でも関係なく、一緒に踊ります..笑いです、いい雰囲気です。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り10~12度
台中 曇り12~16度
高雄 曇り16~18度
花蓮 曇り13~15度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2619NTD
1NTD→3.664JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.2.5発表)/09,10,24,25,27,33/第二区ナンバー02
大楽透(2018.2.2発表)/01,02,10,11,26,43/特別ナンバー40
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「雪で陽明山区交通規制がスタート」
強い寒気が流れ込んだ影響で台北市の大屯山と陽明山は続々氷霰と雪が降りました。陽明山へ行くの巴拉卡公路は路面凍結したですので、陽明山区第1段交通規制がスタートします、いままで渋滞してません
中央気象局によって、冬で最強の寒気が流れ込んだ影響で続き、今日AM6:00時に陽明山鞍部は降雪が確認されました、当時温度は0.3度です、気温が
零度に近いため、また湿度が足りるなら、雪が降るの可能性が高いです。また華南雲雨(中国の華南から来るの熱帯低気圧)が来るので、北部で1000メートル以上の高山は降雪の可能性が高いです。
台北市交通大隊によって、2月3日の夜から大屯山は氷霰が降りました、今日AM 4:47時に巴拉卡公路の路面凍結したのため、交通規制がスタートします、巴拉卡公路へ行く車両はタイヤチェーンが付くことが必要です。台北市工務局は今日AM10:30時にブルドーザーを使って、排除作業がします。
第1段交通規制の範囲は二子坪停車場から大屯山助航站交差点、101甲線から陽金公路口、101甲線二‧五2.5から圍內路口です。交通規制第2段 第3段を行うどうか、積雪量により決めます。
交通規制第2段範囲は,陽金公路9K,101甲線二‧5K與圍內路口,中湖戰備道と陽金公路口,湖山路と勝利街口,湖山路と中興路口,菁山路101巷と新園街口。交通規制第3段範囲は行義路、泉源路口,行義路、東昇路口,格致路、凱旋路口は東勢産業道路に導いて、山を下りて、仰德大道、至誠路口までに行くです。
雪に見に行きたいなら、行く前に陽明山の交通規制の知らせが注意すること、仰德大道へ行くなら、「仰德大道通行證」が必要です、山に入る車は全部タイヤチェーンが必要です。現場で警察が適切な現場指示を行うので、指示に従いことです。
(情報:台湾新生報
普通に雪山でしか雪が降らないの台湾は冬で最強の寒気が流れ込んだ影響で1000メートル以上の高山は雪が降ってるどころ多いです。台湾で珍しいことなので、喜ぶ人が多いですが、農畜産物は雪が被害のため、野菜や魚などあとから通常よりにも価格が跳ね上がってしまう…

(担当特派員:TOP15号)

本日もクリックお願いします!

2018年2月5日

昨晩日本から台北に戻った17号。大寒波の真冬の日本からやっと台湾に避難できると思っていたのが大間違い。桃園到着時の気温は7度、しかも雨。湿度が高いこともあり台湾北部での体感温度は-5度といわれているので、ほぼ日本と同じような寒さ!しかも自宅やオフィスだけでなくバスやMRTなどの公共交通機関にも一切暖房がないので移動中も本当につらいのです。今朝出勤時のバスでは寒さと雨の為、フロントガラスや窓ガラスが曇らないよう「送風」されていたようで、まるで冷蔵庫の中に居るようでした。オフィスではしっかり着込んで、電気温風機を作動させていますが手はすぐ冷たくなります。もう今年は我慢できずに禁断の炬燵を買いにご近所のニトリへ走ってしまいそうです。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨/曇り7~9度
台中 曇り8~12度
高雄 曇り10~17度
花蓮 曇り11~16度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2582NTD
1NTD→3.715JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.2.3発表)/02,13,17,19,26,36/第二区ナンバー06
大楽透(2018.2.1発表)/01,02,10,11,26,43/特別ナンバー40
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「寒波の夜大揺れ 約一時間で12回地震発生」
昨晩にて九時十二分より台湾東部沖を震源地とした地震が発生し、午後十時半までの間に連続12回の揺れが観測されました。その中でも最大規模の揺れは三度目の地震のマグニチュード5.8で台湾全土にて揺れが感じられるほどでした。花蓮タロコと宜蘭の南澳で最も大きく揺れました。北部ですでに就寝していた人々は揺れを感じて布団の中から飛び起きたそうです。
昨晩の地震で台鉄東部地区の列車は一旦停止し、点検検査をしました。震源地は蘇花公路付近の為、交通部公路総局も直ちにスタッフを派遣し管轄の道路状況を確認しています。総局では地震発生後、道路状況の最新状況に注意し特に山道は落石などの危険性がある為、出来る限り回避するよう呼びかけています。現在のところ本日より開通される蘇花改路通行記念式典は、予定通り開催される見込みです。
実際昨晩午前三時過ぎにも同海域付近では二度ほど揺れが観測されました。
気象庁地震センターによると、昨晩九時十二分花蓮近海にてマグニチュード5.1の地震が発生、震源の深さは15.1キロの地震が発生。その後も揺れは続き約一時間の間に12回の揺れを観測し、十時二分には最大マグニチュード5.8を記録しました。午後十時半までの間に観測された12回の地震の規模はM3.8から5.8という大規模なものでした。
最大の揺れが観測されたのは花蓮のタロコと宜蘭南澳都が震度5、花蓮市、南投合歡山、宜蘭市は震度4、台中市、桃園市、新竹縣、新北市、台北市、雲林縣では震度3でした。台北は震度3の規模でしたが、十分に大きな揺れが感じられました。
台湾新幹線は自身の影響はうけていませんが、台湾鉄道の南澳から新城の間で運行停止しており、宜蘭から南澳、新城から花蓮では速度を落として運行中です。
新北市鶯歌区国際二路では、貯水タンクが落下しましたが幸い怪我人はでませんでした。花蓮県新城郷蘇花公路一六四キロ地点では小規模な落石があり、一旦通行は中断されましたが、公路局より派遣された作業員により再び開通されました。
(情報:聯合新聞網
昨晩台北の自宅にいた17号も、久々に大きな地震に驚きました。しかも毎回かなり長い時間揺れを感じたので恐怖も増しました。マンションの六階でもあれだけ揺れたので、後にニュースで台北震度三という速報を見て、そんなもんじゃなかったよね?と体感した揺れとの誤差になんだか納得いきません。一度に大きな地震が来るより、少しずつ小さな(?)揺れで発散しておいた方がいいという説もあるので、災害をもたらすような大地震が来ない事を祈るのみ。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード