fc2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

阿里山 阿里山車站周辺&ご来光 

本日は阿里山駅周辺&お待ちかねのご来光ショットのご紹介。しかし実は前回紹介した奮起湖よりネタがないんだよなぁ・・・・。なんかここは古くから台湾1,2を誇る観光ポイント!っていう状況に胡坐をかいているから何年たっても変わらない。ゆえに進化しない場所。進化しない=商売も基本胡坐かき商売方法だということである。

そして・・・このエリアに入るものすべてに対して入場料というものが課せられるのだ!
列車で来た場合は改札近くで、車で来た場合には駐車場の入り口付近で、平日NTD150/休、祝日NTD200を徴収されるのでお忘れなく。これ入るたんびに徴収されるから一回このエリアから出て例えば奮起湖に戻り宿泊、翌日朝再びご来光を見るために登る場合は2度目の徴収有。

駅舎
こちらが駅でございます。駅の近くにはお土産屋さんがドカンと固まっているスポットのみ。ここで一件早速文句。駅前のロータリーには指定車輌しか入れないから奮起湖から車で来ても入ることが出来ない。なんなのこのルール?観光客の客の事をまったくを持って無視した理不尽ルールに激しく抗議したい。電車使えなきゃ車で来るしかないわけじゃん。ロータリー手前で荷物を降ろし引きずれということらしい。

この列車に乗っていく
最初からこんなに激しく怒っていますが、いきなり気を取り直してご来光を見に行くことにします(笑)。
この列車は祝山線。阿里山駅を始発としてご来光を拝めるポイント祝山駅へ。この列車基本的に時間が流動的である。翌日の日の出時間、前日に阿里山に何人人がいるか?などで酒発時間や、運行本数が変化するので当然何日も前に予約をするものではない!それに雨なら運行しない。ってことで朝起きなきゃ行けるかどうか?もわからない。とりあえず前日に泊まっている宿に相談して翌日の運行時間をチェキしてもらい、後は天の神様に晴れてもらうことを祈りながら寝るしか方法はないのです。指定席でもなんでもないから乗れないってことはないけど。ちなみに朝は季節にもよるけど4時とか5時に表に自分が立っている・・・という世界だから。

で、電車に乗って25分ぐらいで祝山駅に到着。この駅の前に展望台がある。で、こっから10分ぐらい歩いたところにも展望台有(こっちの方が見晴らしがいい)。ここまでついたら後はジーっと日の出を待つのみ。夏でもここ10度ぐらいですよ。とにかく寒い。冬は・・・・行きたくない(爆)。ちなみにここ標高2451M。

1号らは向かう前すごく雲ってたからたぶんアウトだと思って期待していなかったんだけど、山の天気は変わりやすいんですね。曇っていたおかげで雲海も広がり、そこからなんと





これが ご来光 で、ございます
こーんな感じでご来光を見ることが出来ました!!ラッキー。やっぱりこれは素晴らしい。ただ、こんな素晴らしい景色なのにも関わらず雰囲気を台無しにしてくれる方多数。

①まずうるさい。静かに見ていない。
②出たらとっととみんな帰る。余韻に浸らない。

見に来たのか?騒ぎに来たのか??判断不可能状態。

■4/10追加映像■ また行っちゃって、今回は動画撮影済み。

でも・・・結局見ると興奮しちゃうからついついうるさくなっちゃうよね(汗)

とりあえずこのご来光が阿里山観光のメインイベントなので目的は達成した。で、この後電車に乗って帰るわけだけど危うく乗り遅れそうになった。帰りの時間ちゃんと調べておかないとやばいぞ。その後頻繁に走っているわけではないので(とりあえず歩いて阿里山駅まで戻ることも出来る)ご注意を。逃した場合は祝山ー沼平間が修行のような状態で45分ぐらい。ちなみに沼平ー阿里山間は一気に戻れば1時間10分(登りなら1時間30分)。普通は途中観光しながら阿里山駅付近に下山って感じ。

その普通の観光コースだと、ご来光を見終わって途中の沼平駅ってところまで列車で移動。で、ここで降りて阿里山駅まで遊歩道をテクテク歩きながらマイナスイオンをタップリ吸収しながらの散策ってのがお決まりのコース。普通にテクテク歩いて2時間30分ぐらいで見て回れる。この辺の時間はのんびり歩くと変わってくるからあくまで普通に観光しながら歩いたらこんなもんっていう目安にして下さい。その道すがら見える物体をご紹介しましょう。

こんな道を歩くのです ちゃんと道しるべがある
ちゃんと整備されてて歩きやすいのでご心配なく。たぶん道には迷わないであろう道標もあり。

慈雲寺 ジャパ~ンという感じ 解説あり
慈雲寺。そうそう、各ポイントに日本語も含んだ解説板があるんですよ。なんて便利なんでしょ。

神秘的な 樹霊塔
樹霊塔

なんとも神々しい ご神木様
ご神木。ちなみこれ二代目。2007年一月一日に一般人のアンケートにより二代目ご神木を継承。一代目は921地震の時にやられてしまったらしい。神が宿っていたのではないのか?

ワビサビの世界だな 三代木
三代木

以上、それぞれ何なのか?の説明は専門家ではないので省きます(爆)。手抜きでスンマソン。

ここまでが観光系のネタ。では阿里山に泊まるとしたらどこなんじゃ?っていうと、もうココしかございませんってぐらい皆泊まっているのが「阿里山賓館」。紹介しようと思ったら
モヤモヤ 
こんな霧で撮影できず

改装したから  かなりきれいになっている 普通の部屋でも十分きれいです
一部の部屋だけ撮ってきた。ずいぶんきれいになったなぁ。今は新館と旧館があるらしい。昔、旧館に泊まった時にシャワー浴びてたら急に熱湯が出てきて火傷しそうになったんだけど、今はOKなんだろうか?で、1号が熱湯を浴び「アチッ~~!!」と声を出した1分後、お隣の部屋からも「アヨ~~」って声が聞こえてきた。時間差で各部屋に熱湯を放出する恐ろしいシステムになっているようで何だか怖かった。今回泊まってないのでその辺りの事情を聞いても回答は何でも「没問題」。

詳細はホテルHPをご覧くださいませ⇒こちらです

食事はですね、レストランなんか少ないです。基本ホテルで食べる。これはもうみんなグルなんでしょうな。お互いのビジネスの妨害をしないような感じで仕事をしているから。ゆえに今後も発展の可能性はないと思う。とりあえず少ないながらも何個はあるのでそのうちの一つをご紹介します
外観 店内

とりあえずメニューのいくつか写真取りました
筍料理
筍は名物ですからね。

具のあふれ出す鍋
台湾の人は鍋が大好き。しかし、写真撮るって言ったらこんなにてんこ盛り。これはウソだろ(笑)
あくまでこの写真はイメージでございます

ちょっとグロい
これハト肉なんだけど・・・・ちょっとグロい。

「山芝郷風味館」
住所 嘉義県阿里山郷中正村23号
電話番号 05-267-9839or05-267-9007
営業時間 10:00-21:30

価格はかなり観光地価格になっているいるので高い!

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここに泊まった方が朝のご来光は楽だけど、早い時間にココに来ちゃうならつまんない。ホントに用事があるのは早朝だけ(ご来光と森の散策)。先日紹介した奮起湖に泊まって朝だけココに来るがベストチョイスのような気がする。ちなみに奮起湖から阿里山駅までは車で40分。奮起湖の宿なら送ってくれると思う。または奮起湖で途中下車して観光した後、17時ごろ阿里山に移動してくるとか。そうすれば無駄なく阿里山を満喫できると思うので。なんか聞いた話だけど、阿里山駅近くは民宿とかホテルとかオープンするの難しいんだって。なのに民宿があったりするんだけど、それは=非合法の民宿だから泊まったらダメだって言われたんだけど、なぜ非合法の民宿が営業できるのか?に、1号は疑問を持つ。泊まるなとかじゃなく、営業させるなの方が必要だよなぁ(笑)。阿里山賓館に予約を入れた方もそれだけで安心してはいけません。駅からホテルまで車で5分ぐらいかかるから絶対に駅に迎えに来てもらわないと大変です。その昔熱湯事件が発生した時1号は誰もアドバイスをしてくれないからスーツケースを持ってきてしまった。で、駅に付いた時土砂降りでホテルのお迎えも来ないというやる気のなさ度で歩いてホテルに言ってみた。到着したときに服はビシャビシャ、スーツケースの車輪は一個飛んでしまうという辛い出来事あり。それ以来ここでは何かがあると思い常に警戒をしている。トラウマ。最後にプチインフォですが、車でもココまで登れます(ただしさっき言ったように駅前ローターリーに下からいた車は進入できないが)。嘉義からなら車で3時間ぐらい。列車とあんまり変わらない。が、車の方が1号は快適だと思うが酔う可能性大。しびれる列車を取るか、気持ち悪くなるかもしれないが車をとるか・・・いずれにしても快適にはたどり着けない場所らしい(笑)。

お薦め度★★★★(ご来光、森、ここにある観光資源はパーフェクトなんだけどね・・・とても多くの観光客を受け入れる体制が出来ているとは思えない。これでも台湾人が一生に一度は行きたいところに入っている)
神が宿っていそう度★★★★★(ご来光といい森といいなーんか神秘的な要素はたっぷりございます)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。動画配信も開始!TOPTAIWAN Youtubeチャンネルでご覧いただけます。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード