FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

龍袍湯包

こんにちわ!5号の出張記事第2弾です。

今日紹介する店の店名を見ると、5号が中国の歴史についてまた話したくなります(汗)
龍袍というのは昔中国の皇帝の衣装です。昔の中国では金黄色の衣装は皇帝しか着れなかったそうです。その話によって、店名に「龍袍」がつく理由はここの料理は珍しくて、皇帝が召し上がるものと同じレベルといえると、5号は勝手にそう思いました。

本当か??見に行きましょう!

内観
店舗に入ったところ、ほとんど満席です。席が少ないのも一つの原因ですが(爆)、おいしさもポイントかなぁ~と思いました。

メニュー
メニューは意外に多いですよね。
実は5号が新しい店で注文するとき、参考するものはメニューではなく、隣か他の人が食べてるものです...。変人ですか?(爆)今日も同じ、隣の人が食べてるものを参考して、注文しました。...このやり方はおいしい料理を食べれるし、たまには他の人と知り合うこともできると思います。今回もやさしいおばさんと出会いました。(汗)

小籠包~ ジュースたっぷり
招牌龍袍湯包NTD120
来た!小籠包!!
ここの小籠包は湯包といいます。漢字を見ると、中は肉汁があるのはすぐわかります。確か肉汁がたっぷりです。鼎泰豊より味は濃いです。

北京炸醤麺1 北京炸醤麺2
北京炸醤麺NTD80
これはうまい!!麺がもちもち、ソースも本格的です。皆さんはご存知ですか?台湾につけ麺は麻醤麺と炸醤麺の2種類があります。「麻醤麺」というのはゴマで作るソースがつけダレ味で、「炸醤麺」は肉ミソに豆干が入ったソースです。どっちもおいしいですけど、5号がおいしいと思うのは少ないです...。(それはまた5号の舌感覚が一般人じゃないですかなぁ..)

豚かつ
南京排骨NTD80
シンプルな豚かつですけど、これもうまいです。でも単純に豚かつ弁当は大体NTD60だと思う5号に対して、この豚かつの単価はちょっと高いと思います...。
デザート 
甜品NTD100
最後はデザートです。これ実は2品メニューの合わせです。オーナーさんのお薦めです。芋饅頭とゴマ饅頭です。中身は餡がたっぷりですが、そんなあまくないです。美味しいです。もしチャンスがあったら、皆さんが行く時も甜品のメニューの中の2品を組み合わせて注文してみてください♪食いしん坊方式です(笑)。

基本データ
住所 高雄市前金区興田路311号(高雄のMRT中央公園站から車で約5分)
TEL 07-251-0562
営業時間 11:00-22:00  
公式サイト http://www.tangbao.com.tw/Index.asp?ID=1&ID2=1 

コーディネーターのちょっとひと言
港市の高雄に海鮮料理、台湾料理などがいっぱいありますし、ホテルや高級的なレストランに小籠包を売るところもたくさんですが、庶民的な小籠包専門店が少ないとおもいます。シェフは元あるホテルのシェフですが、安くておいしい料理を提供したいですから、この店を経営しますとのことです。
高雄でのB級グルメ特集を取材したい場合、ここはいいスポットだと思います。でも店がかなり狭いですから、食事時間に取材することは絶対無理です。最後にひと言。今日の写真の品物全部5号食べてないです!ちょっとずつ食べただけ。食べられないからホテルに持って帰ってポーターさんにあげました(爆)。

お薦め度★★★★★(高雄にホテル以外においしい小籠包があるのがちょっとびっくりしました!)
新鮮度★★★★★(満点ですから、注文した後も長い時間を待つ必要があり(汗))


(担当特派員:TOP5号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード