FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

食方

■2009 5/6情報■
どうやら営業しているようなんですが、本日のお店のコメント
「営業はしている。が、席は1卓?のみ(20人用)。ランチ、ディナーとも一組しか受け付けず」
この営業方法は経営していける営業方法なんでしょうか?電話もなかなか出ないし・・・。何かダークな部分があるとしか思えないが、行く時はちゃんと予約しないと絶対NG。ご注意を。
現在のところ、ランチ2000NTD+10%、3000NTD+10%。貸切系と同じ商売の方法。例えば2人で予約するっていっても受けてくれない可能性も大。受けてくれたとしてもそれは相席にすることを前提に受けるって事(多分店側はそんな状況だって事をちゃんと説明しないだろうなぁ)。食べ物は高くなった。が、提供されるメニューはほぼ昔と変わっていないので味そのものに変化はないと思う。あくまで経営方法がレストランとしてではなく、イベントスペース的なやり方に変わったということでしょう。ただ毎回言うことが違うので何はリアルかようわからん(爆)。せっかくいい店だったのに・・・。
ちなみにですが「6」のつく日がこのレストランの情報を提供する日ではございませんのであしからず。(担当記者:TOP1号)


■2009 2/6情報■
なんと引き続き経営し続けるかどうか??を現在検討中につき店をあけていないということ。なんと悲しいことでしょう。どうもお気に入りの店が徐々に消えていっているような・・・。再オープンを祈りつつ現在営業していないことをこの場でご報告させていただきます。 
(担当記者:TOP1号)


反省シリーズはまだまだ続く・・・・。取材などでかなりお邪魔しているにもかかわらずアップしていなかった隠れ家レストランでございます。すでに何社も取材したので隠れ家レストランではなくなってきている可能性は大ですが、いとも簡単には見つけることが出来ない場所=隠れ家?ってことで今でも隠れ家レストランと言わせていただきましょう。

看板

こちら「食方」はそんじょそこらのレストランとは大違い。中華料理という概念を取っ払ったアートで体に優しいお食事を提供しております。メニューはこだわりのコースメニューのみ!単品なんてございません。食材も盛り付けもすべてがトータルコーディネートされた季節ごとに変わるお食事のみを楽しんでいただくのでございます。使っている野菜はすべて無農薬有機野菜。味の素バリバリな台湾レストランの中で、頑として調味料なんてものは使いません!なレストランなのです。

外観

細い路地を入ったところにポツリとあるお店なんで見逃しがちなんですが、周りが真っ暗な住宅街に物かかわらずこの外観ってことで、この小道を探し当てれば見つけられるでしょう。外見からもなんだか異彩を放っているのがわかりますよね?

店内

で、早速中に入ってみるとこんな感じの店内が広がります。

アートな雰囲気

お店は決して広くない。20人も入れば一杯なんじゃないかな?

バリバリです

このお店のデザインは写真家兼オーナーのこだわりのデザイン。内装だけでなく、食器そしてお食事の盛り付けまでデザインされているそうですよ。なんか小さなギャラリーの中で食事をしているような雰囲気にさせてくれますねぇ。

実際どんな料理が出てくるのか?ご紹介早速いたしましょう。基本季節ごとに変わるので初夏秋冬その季節にシュンなものが入ってきます(が、全部違うわけではない)。コースは昼=1500NTDのメニュー(全6品)のみと夜=2000NTDor2500NTD(全8品)の2種類のメニューのみ(当日決定可)。ちなみに時に2500NTDのメニューはないらしい(笑)。この前1号が上陸した際には有無を言わさず2000NTDのメニューになった。なーんも聞いてこないから「まだ注文してないよ」って言ったら「夜のコースは1種類だけ」と言って来たので、「おいおい、君らは2種類あるってこの前言ってたべ」と言ったら「ムーチェンズーヨウイージョン(日本語訳:今のとこ1種類しかないよ)」とおっしゃいましたので1号は勝手に2500NTDのメニューまだ発表していないんだぁって納得していたんだが、翌日5号に夜一種類しかないらしいよって説明したら1号の中国語の認識が間違えていたことが判明。「目前(ムーチェン)=今のところ」ではなく、時にこの中国語には「今日は」とか「今は」という意味になるらしい。だから「目前」と言われたらそれは「今日は」「今は」なのかを確認しなければならんと教えられました。なんたる中途ハンパなあいまい中国語。そんなら始めっから「今日はない」と言って欲しい。

そんな豆中国語知識はどーでもよいですな。早速メニュー紹介。
1品目

これは大根の煮物with半生ホタテ。1号のネーミングにセンスはないが、半生タイプのホタテがうまい。ホタテのエキスがたっぷり入っただしで大根にてあるらしくこの一品目で胃が動き始め腹が減ってくる。ミラクル

2品目

タロイモベースのペーストに魚のフレークと羊肉のひき肉をミックスした餡に衣をつけて揚げたもの。上の白いものは卵の白身をホイップしたソース。全体的に甘い。

3品目

筍の出し汁煮。たぶんホタテがベースだと思う。

4品目

周りの白いものは紙。食べられる紙の中に蝦シンジョウが入っていた。紙が甘い。そして一緒に食べると歯の裏にこびりつく(笑)もちろん紙を口にほうばって口からバァ~って吐いているようなお楽しみショットを撮影する事は可能。

5品目

蒸し魚。これ二人で一個。魚の種類は聞かないで欲しい(爆)

6品目

東破肉&ご飯。ご飯もタレに絡ませやすいお米を使っている。東破肉もたぶん(聞いてないが)プーアール茶がミックスされているような・・・・そんな味わい。しつこくない。

7品目

しめがスープってのは珍しい。鶏肉と冬瓜のスープ。

8品目

そしてデザートでございます。デザートはさつま芋のムース風?上に載っているのはトマト。

ここでは是非ワインと一緒にコースメニューを味わってみてください。何が出てくるかわからない楽しみと、実際食べてみて感じる感動。そこにワインがあることで更においしさが広がります。ワインリストはないので店の人に聞くしかない。けど、ソムリエなわけではないのであんまり突っ込んでも相手もわからないから許してやってくださいませ。一見量的に物足りない感じがするんですが実際食べてみると十分。こんな台湾レストランもあるんですよってことで中華に飽きた頃には絶対お薦めです!席数も少ないのでいきなりの訪問は避けたほうがいいでしょう。旅の最後の夜にぴったりなレストランです。

<基本データ>
住所 台北市中山北路一段33巷23号
(MRT淡水線中山站から徒歩約10分(中山北路と市民大道の交差点にある健保局のビルにある登山グッズを売っている店の小道を入ってちょっと(なんという説明だ・・・・(汗))
TEL 02-2531-6408
営業時間 12:00-14:30,18:30-22:00(旧正月はお休み)
お店HP→びっくらするから是非ご覧下さいませ(笑)

<コーディネーターのちょっとひと言>
この手の店は非常に台湾には少ないため雑誌、TV共セレブ的なネタの場合は必ず登場。女性雑誌にも人気。それだけこだわった店なので取材でいろいろ話を聞いたりするもの楽しい店でもありますが店が大きくないから営業時間中の取材、撮影はかなり注文が付く。特にTVは時間がかかるから怒られないように怒られないようにの撮影になるのであります。話はクルリンパしますが上のHPをご覧頂きましたでしょうか??結構こだわりアリすぎかも(笑)。いきなりHPを開くと・・・・おっぱいがいっぱい!いいのかこれ??台湾ってTVでも裸放送しちゃいけないルールになっているぐらいなのにオフィシャルホームページのいたるところにおっぱいがいっぱい・・・・・。会社で開くとちょっと恥ずかしいかもしれないのでご注意を!アートな場合は裸もOKって事なんですかね??まあおっぱいは置いておいて、季節ごとにメニューがが変わるのでその時々で違った食材を楽しめるのもうれしいですね。毎回同じじゃ飽きちゃうし。女性にはかなり好評ですぞ。世の殿方。台湾旅行でこっそりこんな店アレンジしていたら彼女からのポイント獲得できるかもしれません。が、日本語は通じないからそこでポイントを下げぬようご注意くださいませ。あと道に迷わないようにね(笑)

お薦め度★★★★★(しょっちゅう行くところではないと思うけどね)
HPの衝撃度★★★★★(1号はびっくらこいた。なんか生生しい・・・・)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします

コメント
台湾はオッパイNGですか~
あまりTVを観ないので気付きませんでしたが残念な事です・・・
2008/03/22(土) 10:37 | URL | zin #-[ 編集]
おっぱいに★マークが付いているほうが不自然だと思うんですけどね(笑)
2008/03/24(月) 14:19 | URL | TOP1号 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード