fc2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2022年1月28日

いよいよ明日から9日間の旧正月休暇に突入します。今週は例年の春節前と同じく狭い台北中のどこへ行っても交通渋滞が激しく、通常20分で行けるところが40分もかかったりと師走の慌ただしさを肌で感じた一週間でした。明日以降は果たして例年通り台北市内からごっそり人がいなくなるのか、感染拡大の影響で民族大移動が縮小されるのか気になるところです。例年なら旧正月のみ長期間クローズする飲食業も、いつまた警戒レベルが3級になり規制がかかるかもしれないので、今年は大晦日のみ早仕舞し1日から営業する店舗が多いそうです。みなさんはもう旧正月を迎える準備はできましたか?弊社ニュースブログも旧正月期間中の来週一週間はお休みさせていただきます。休暇前の最終営業日の今日、まだ紅包の新札を用意していない人は早く銀行へ!今日のニュースでは紅包のタブーについて紹介しています。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 16~19度
台中 曇り/雨 17~24度
高雄 曇り/雨 18~23度
花蓮 曇り/雨 18~23度
→旧正月前の最後の週末は全国的に雨または曇りの予報がでています。天気や気温の変化に注意して楽しい休暇をお過ごしください。〜新年快樂〜!

レート兆豊国際商業銀行調べ)
10000JPY→2318 NTD
1NTD→4.089 JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2022.01.27発表)/12,16,19,24,25,38/第二区ナンバー08
大楽透(2021.01.25発表)/02,09,10,15,27,35/特別ナンバー44
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「2022お年玉(紅包)相場 知っておくべき14のタブー」
あと数日で大晦日を迎えます。子どもたちが一番楽しみにしているのはお年玉でしょう。同時に大人にとっては幾ら包むのか頭の痛い時期ですね。2022年のお年玉相場を一気に紹介しますので、旧正月早々失礼のないよう準備しましょう。また新札の交換情報を参考に、銀行の最終営業日までに新札を準備してください。占い師の楊登嵙先生によるお年玉(紅包)にまつわる14のタブーを確認して財運を逃さないようにしましょう。

■2022年のお年玉(紅包)相場は?
今年はインフレの圧力が高まり物価も上昇していますが、2022年のお年玉相場は2021年と比べ大きな変動はありません。「未来生活実験室」の調査によると、祖父母には3600元〜、両親及び義両親へは6000元〜、友人の子供は600〜1200元など様々です。隣人や同僚の子供へは特にあげなくてもよいでしょう。包む相手によって相場は異なりますが、相手を祝福する気持ちが一番重要ですので、自分の力量に応じた金額を用意し無理をしすぎない様にしましょう。

■どこで新札に換える?
お年玉(紅包)は新札を用意しましょう。8大銀行の年末最終営業日は28日ですので忘れずに新札に交換しましょう。中央銀行によると1月28日以前に台灣銀行、土地銀行、合庫銀行、第一銀行、華南銀行、彰化銀行及び台灣企銀の371支店(その他郵便局83局)にて新札に交換が可能です。

兆豐銀行は中央銀行が指定する銀行ではありませんが、一番需要の多い100元札を1人あたり100枚交換できます。台湾銀行では新札交換の混雑を緩和する為、全国765台のATMで新札での引き出しサービスを提供しています。政府ではグーグルマップ上に新札交換が可能な454箇所の場所のピンを立てて公表しています。

■お年玉(紅包)の14のタブー
1、お年玉(紅包)は新札で包み新しい気分でリフレッシュ
2、運気が持ち去られるのでお年玉袋の使い回しはしないで新しい袋を使う
3、金額は偶数で 良いことも二倍になる
4、財運を流通させる為、お年玉袋の封はしない
5、お年玉袋を折ると運が途切れるので折らない
6、歳を重ねてゆくという意味から年上の人へ包む金額は年々増やす
7、不和を避ける為、年下の人たちへは同額を包む
8、目上の人の面子があるので、年下の人への金額は目上の人より多くしない 
9、目上の人の前でお年玉袋を開けない、その場でお金を数えるのは失礼
10、片手で袋を受け取らない、相手を尊重せず失礼な行為
11、千元札でなく百元札で包む、厚みが増すだけでなく赤は縁起が良い
12、お年玉袋を地面に落とすと財運が逃げるので、必ず両手で受け取る
13、お年玉はすぐに使わず、先に枕の下に入れましょう。そして正月5日目には「ラッキーマネー」として貯金しましょう。これによって小さな金額が大きなお金を呼び込みます。
14、縦長のお年玉袋は正しい形で財を成すことを表し、横長のお年玉袋は偏った方法で財を成すことを意味します。
(情報:NOWnews 今日新聞)
台湾では就職して働き始めると子供は必ず親に結構な金額のお年玉を渡しているので最初は驚きました。しかも6番によると年々増額しなければならないなんて。。。また11番の青い千現札よりも縁起の良い赤色の百元札で包むのが良いとされるのは台湾ならではですね。至極当たり前の礼儀も挙げられていますが、今年も祝福の気持ちを込めてお渡しし、いただくときには感謝の気持を持っていただいた方の幸福を願いたいと思います。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。動画配信も開始!TOPTAIWAN Youtubeチャンネルでご覧いただけます。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード