FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(九份)山城創作坊

九份に大小の茶藝館は数多くありますが、この「山城創作坊」は席数が少ない分静かに過ごせる、知る人ぞ知るお店です。
九份へ観光にきて「お茶を飲みたい!」と張り切っていた人たちも、いざ茶器を前にすると「台湾茶藝は初めて」と緊張気味になりがち。でも、ここでお茶を飲んでいるといつの間にかリラックスするみたい。街の中にいる時よりもゆったりとおしゃべりが弾む、とっておきの場所です。
1_20210122180726f63.png

知る人ぞ知る、とはいっても、アクセスはとても簡単です。九份老街の入り口から商店が立ち並ぶ「基山街」を歩き、石畳の階段も通り越して、展望スポットを道なりに左へ。九彬金山岩の手前に、「泡茶」の提灯が見えてきます。
2_2021012218072885a.jpg

ご夫妻で経営しているこの工房兼茶藝館、1階はご主人の作品や奥様がセレクトした茶器や雑貨が並びます。
3_2021012218073111e.png

お茶のテーブルで使う茶器が気に入ったら、このアトリエで購入問い合わせをしてみましょう。1階では猫ちゃんが店先でゴロゴロしています。上のお茶エリアにはこないので、動物が苦手な方もご安心を。
4_20210122180748893.png
階段を上がっていきます。2階は小さなふたりがけのテーブルが窓際にぽつんとあるので、カップルや、内緒話をしみじみと静かにしたいふたり、おひとり様にもおすすめ。

5_20210122180754da3.png
こちらは3階のテーブル。長いベンチを3つ組み合わせて、9人程度一緒に座ることができます。多くても6人までがお薦め。3階には、二人並んで座るラバーズシート、グループ向けのテーブルもあります。

6_2021012218074815f.jpg
3階から九份の街と基隆港の眺め。この日は晴れていたので、綺麗な景色を観ることができました。雨の多い九份では、ガスが出て真っ白な世界になることもあります。雲の中でお茶を飲んでいるようで、それもまたオツ。どんなお天気でも、その時の気分を楽しみましょう。

7_20210122180749436.jpg
季節限定の桂花烏龍茶(700元+お湯代ひとり100元)。小さなモクセイの花と清々しい烏龍茶の甘い香りが冬の寒い日にしみました。「桂花」の「桂」と「貴人」の「貴」は発音が似ているので、台湾では桂花の香りも名前も好まれます。
お茶はふたりで2回茶葉を取り換え、残ったものは持ち帰りできました。お茶請けもふくめて、ひとり500元くらいはかかるので、コーヒー一杯飲むのに比べれば茶藝は少しお金がかかります。でも、ゆっくり過ごせる時間と空間に値することは間違いなし。「九份山城創作坊」は、誰と来ても、いつ来ても、楽しかった記憶が積み重ねらていきます。

8_202101221807549e6.png 9_20210122180748180.jpg
お茶請けは季節によって変わりますが、ナッツやお餅類、茶梅などが80元~から。冬は台湾式干し柿「柿餅」もありました。季節によるので、価格はお店で問い合わせを。こちらの茶梅は上品な味で、日本から来た友達が台北に戻ってから「あの味に出会えない、買っておけばよかった」と悔しがっていました。

九份で一期一会、存分に楽しめる日が早く訪れますように!

<基本データ>
所在地:新北市瑞芳區基山街193號(「九份老街」入口から徒歩約10分)
電話番号:02-2496-0340
営業時間:11:00-20:00 水曜休

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここは台湾人の友達が教えてくれた場所。「日本人が好きな場所か、わからないけど…」と遠慮がちに連れて行ってくれました。メイン通りにある大箱ではないので行って必ず座れるとは限らないけれど、誰にも邪魔されない静かな良い時間は確約できます。10年間、一度も期待を裏切られたことはありません。
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード