FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2020年12月3日

台湾では昨年からジワジワと生食パンブームが続いています。始まりはおそらく日本から出店してきた店舗だと思うのですが、あれよあれよという間にブームは広がり現在は台湾のベーカリーでも普通に売られるようになりました。中にはパン好きな二人の女子が全く基礎もないゼロからの状態で日本へパン作りを学びに行き、帰国後独自に研究を重ねたトーストを販売する店もあるそうです。今年に入ってからはカルフールや全聯などの大型スーパーでも個数限定で販売が始まり、焼き上がる時間には生食パンを求める列ができるそうです。毎日行列ができる一番人気店と言われるのは大阪から出店している某ベーカリーですが、17号が一番驚いたのは鳥取県から出店しているベーカリーが大健闘していることです。おそらく日本では鳥取県民以外にはほぼ知られてないのではと思いますが、台北では現在デパート内を含め4店舗を構える人気店です。しかし一体なぜに鳥取から岡山、広島、福岡などの国内への出店ではなく海を飛び越えて台北での出店に至ったのか、いつか関係者に出会うことがあれば聞いてみたいものです。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 16~18度
台中 晴れ/曇り 17~21度
高雄 曇り/晴れ 19~25度
花蓮 曇り/晴れ 19~22度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2638NTD
1NTD→3.615JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2020.11.30発表)/02,04,14,15,17,21/第二区ナンバー05
大楽透(2020.12.01発表)/04,22,29,37,55,49/特別ナンバー30
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台北101ビル101階 初の一般公開」
台北の最も重要なランドマークである台北101で多くの人が訪れたことがあるのは89階の展望台まででしょう。では本当に101階はあるのでしょうか?答えは「あります!」
以前は国際元首や国賓、一回の買い物で101万元を超える消費をしたVVIP、或いは3000元を支払い天空歩道を歩くSkyline460体験に参加した人のみが行くことができる特別なフロアーでしたが、現在国民は展望台の入場券のみで台北101の101階まで行くことが出来ます。この優待は12月末までで、2021年からは展望台の国民料金300元+101元で台湾で一番高い101階まで登ることができます。

台北101展望台では2021年より「101個の展望台へ登る理由」という新しいイベントをプロデュースします。チケット料金に101元をプラスして支払うと、専用エレベーターで全台湾で唯一3桁のエレベーターのボタン「101」を押し、国家元首やVVIPのみが訪れることのできた101階の特別な空間に行くことができます。

101展望台では特別に101階をスカイハイ幸福回廊としてデザインしており、誕生日やプロポーズ、デート、お祝いなどの記念日に一番高い空間で自分だけの独特な思い出を作りの機会に用いて欲しいとしています。ただスカイハイ幸福回廊は毎日人数限定の開放となり、101階は許容重量の関係で一度に入場できるのは200人のみです。一回の滞在時間は15分、一枚のチケットで入場は一回のみとなります。101階の初一般公開を記念して12/1〜12/31の期間「101個の展望台へ登る理由」という新たな期間限定プレオープンイベントが開催されます。この期間国民は追加料金なしで台北101の最高階101階を参観することが出来ます。

101ビル観光旅行事業所によると、過去に多くの方から「101ビルに101階はあるのですか?」という質問を受けてきました。それをきっかけに展望台の解説や児童の学習冊子作成の他に、展望台を訪れる旅客のみなさんともっと距離を縮める方法はないかと考えてきました。その結果101階をみなさんに参観してもらうという発想が生まれました。


新企画では101階に登る以外にも、追加料金999元にて101階の屋外展望台の天空歩道を歩くSkyline460を体験をすることが出来ます。このコースは全行程で専門の解説員が付き、高いところから台北市内を俯瞰して眺めることができます。大都会を見下ろしながら雲の中を歩いているような体験はきっと忘れらない思い出となるでしょう。101階の見学終了後には88階に新登場した「台北101印象」で解説員から101の建設の特徴などについての説明があります。

またみなさんが気になる年越しイベントですが、台北101では展望台で年越し花火パーティーを開催します。人気DJによる熱気溢れるイベントは2020年22時より2021年夜中1時まで行われます。特製料理とアルコールドリンクの他、トランプ、サッカーゲームなどのボードゲームなどが用意されます。寒さに震えることなく、他の人とは違う視野から至近距離で台北101の花火を楽しみましょう。年越しイベントは700人限定、料金は一人1500元です。
(情報:旅遊經
海外からの観光客がゼロの状況下で、101もあの手この手で必死のようですね。ついに最後の切り札101階が一般公開されることには驚きました。それにしても時間制限15分ではプロポーズの余韻に浸る時間もなさそうですね。笑
だいぶ昔になりますが、某旅行社が101展望台を貸し切り年越し花火を眺めるという企画がありました。それに参加した人によると、肉眼で見たのは煙ばかりで翌朝テレビでみてやっと花火の全貌を理解したそうです。ちょっと離れた信義区エリアのホテルあたりから眺めるのがベストスポットなのかな?
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード