FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2020年4月8日

マスクのネット販売でついに台湾で買いました。が、またトラップが。予約したからコンビニ行って支払ってマスク買えばいいのかと思いきやそうじゃないらしい。今日から申し込み可能で10日まではいくらでも受け付けるけど人数多かったら抽選になるらしい。で、正式に買えるってなったら今度は11日~13日までの間に事前支払い。そしてその後指定したコンビニなどで手に入れることができるという流れ。買えたら近所のコンビニの店員は初めて1号の名前を知ることとなるだろう。今まではすごい大きなくくりで日本人としか言われてなかったからなw 
で、マスクだけが独り歩きしていたけど経済政策も再び?(前回の発表内容をよくわかってなかった)発表されて具体的な借り入れの手続きや窓口(なんと銀行がやる)が発表された。そしてお問合せ番号は1988。これ中国語だと一救發發って読める数字で「助けが必要ならダイヤルを!」な語呂合わせ番号になっとります。こういうときにもこういうネタは入れてくる台湾センスいいw 必要な方は下記のサイトを参考にしてください。熟読必須!
 ↓
1988(一救發發)

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 18~21度
台中 晴れ/曇り 19~25度
高雄 晴れ/曇り 20~26度
花蓮 曇り/雨 19~26度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2671NTD
1NTD→3.572JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2020.4.6発表)/01,14,28,30,31,33/第二区ナンバー02
大楽透(2020.4.7発表)/04,07,12,18,27,44/特別ナンバー23
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「行政院長:5月1日の連休取り消しは現状予定なし。市民の自律的行動が鍵」
新型コロナウィルスの感染拡大防止おける行動自粛は意識されていますが、清明節の連休では多くの市民が外出をし、いくつかの観光地では人があふれるような状況ともなったことで感染リスクがアップする結果になっています。では次に訪れる5月1日の連休がどうなるか?に注目が集まっていますが、昨日行政院長から「現状連休を取り消す予定はない、ただし市民の自律的行動が鍵であると」発言がありました。
これは昨日の立法院における国民党立法委員からの質問に答える形で発言されたものですが、今回の経験をもとに5月1日には多くの行動規制を発令し市民がそれを厳守しなければならないというようなこともあり得るのか?との質問に対し、現状連休を取り消すなどの予定はないが、感染状況を見ながら判断すると説明。連休はゆっくり休んでもらう事を希望していますが、もし自律的行動が不可能で、感染拡大状況がさらに良くない状況となっている場合などは再度現在の予定は検討しないとならないとも補足しています。
労働部長からも5月1日のメーデーは非常に重要な日にちであり祝日でもあるので祝日の取消というような予定はないとしながらも、指揮中心が延期などが必要と判断した場合はその限りではないと発言がなされました。
先週末の清明節の四連休では南部のビーチリゾート墾丁などが人出でにぎわいました。結果、指揮中心はピンポイントショートメッセージ的なインフォメーションを発信。人との距離を保つこと、マスクの着用を再度告知する行動をとりました。与党の議員からはこの件に関し、「指揮中心は交通部にこの件を相談したのでしょうか?」と質問されましたが交通部からの回答は「ありません」とのことでしたが、ショートメッセージによるインフォメーションの発信に関しては指揮中心の管轄につきインフォメーションの発信などは指揮中心が行うものであるとも説明。この連休で交通部が把握する内容としては13の国家風景区と5つの観光遊楽区に対して駐車場を含む交通管制を行ったことにより、大量増加は防げたとも発言しています。時代力量党からは政府としての群衆の標準値を規定すべきでは?いったい何人の人が集まったらそのイベントは中止にすべき等の基準が必要という事だとの意見も出されています。
(情報:聯合新聞網
コロナ優等生と言われている台湾でも連休ともなればこうなると。ゆえに一人一人の自粛に関する行動や取り組みなんて言うのはいとも簡単にも崩れる可能性があるってことですな。そもそも台湾の優等生な部分は自粛が功を奏しているという事ではないので(実際店の営業には自粛要請などはされておらず、感染拡大を未然に防げていることで経済ダメージを受けるような自粛的行動をとる必要性にまでなっていない。行動自粛に関しては感染の可能性のある人たちを自由に出歩けないようにする措置をとることにしっかりと対応したので市中感染の原因となる可能性のある人たち感染の可能性のある対象者の行動制限が功を奏している)、この四連休後の感染拡大の状況で(無症状感染者が紛れ込んでいて感染拡大が起こるか否か?)、今後日本と同じような道を歩むのか?ヨーロッパやアメリカのようになるのか??が決まる非常に重要な一週間を迎えています。ここまではある程度自由に行動できていたのが一気に規制強化となると逆にもっとひどいことになりそうなので優等生のままでいたい・・・と祈るのみ(担当特派員:TOP1号)。

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード