FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2019年10月16日

25号の四連休はほぼ映画を観ることしかないですので、四連休の話をやめます。気温がだんだん寒くなりましね、やっと秋服の出番…!昼と夜の温度差が激しいです。「うわっ寒い!」って毎朝起きた感想です。食欲も増えました、あとねむくなってきました。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 21~26度
台中 晴れ/曇り 22~32度
高雄 晴れ/曇り 25~30度
花蓮 曇り 22~28度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2731NTD
1NTD→3.498JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2019.10.14発表)/13,14,15,16,31,33/第二区ナンバー04
大楽透(2019.10.15発表)/13,21,28,35,37,38/特別ナンバー33
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「家で50年くらい金門高粱発見 値段も謎解き」
台湾生産の一番貴重なお酒は、金門高粱シリーズです。前に「黑金剛」って名前を付けた陳年高粱の値段は、中国にでっちあげされて、65000元であり得ない値段になりました。それにとして、あるネット民は、民國57-58年くらい軍隊に入るお父さんは金門で高粱を買って、退役記念になります。そして家族だれでもお酒飲んでないですので、ずっと保存された高粱は、いまは50年くらい歴史があります。
(高粱の)写真がアップされてから、「いいじゃないですか、中のお酒の量もほぼ同じです。いい値段なりそう。」、「貴重なものですね。」、「まだ価値があります。見た目があんまりよくないですけど、保存する価値があります。」、「このお酒やばいよ、値段がいい」、「前に
ユーチューバーの『狠愛演』さんはビデオで開封したことがあります。70000元くらいかな?」、「70000元くらい」、「キャップが金色ですので、金杯高粱って別称がある、珍しいなので、勝手に売っちゃだめよ」と他のネット民からのコメントがありました。
実はこのお酒は、民國58年 (1969年)で生産した「金杯三角精選高粱酒」です。量は600ミリリットル、アルコール濃度は58±2 度くらいです。三角高粱はファンの中で一番すきなシリーズの一つ、55~67年間の精選黃金龍(お酒)から生産しました。年代が遠いですので、完璧で保存したものがあんまりないです。値段は20000元~30000元くらいです。
(情報:三立新聞網
(担当特派員:TOP25号)
25号のお父さんもお酒を集める趣味があります。(しかもお酒を飲むのが大好きです)よく林口の醸造所に行って、気に入りお酒を探します。因みに25号はお酒の匂いを嗅ぐだけよっぱらになりそうレベルお酒に弱いです。毎回お父さんと林口の醸造所に行った時本当にやばいですね。

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード