FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2019年2月1日

さて、いよいよ旧正月の大型連休がスタートします。どこもかしこもみなそわそわしているのではないでしょうか。一応明日、あさっては普通の休日で4日が大晦日、5日が元旦です。飲食店などは台湾では大晦日の夕方から店じまいをし、元旦は定休日、店によってはそのあとも何日間はお休みというお店が多く、台北はみな帰省で人がいなくなります。うっかり旧正月を知らずに訪れてしまった方などは食事に困る、などといったことがあるかもしれません。コンビニ、ホテルのレストラン、一部ファーストフードなどのチェーン店系は開いていますのでとりあえずはその辺りを抑えておくとなんとかなるでしょう。また、お寺周辺なども参拝客用に少し屋台などが出ていると思うのでその辺りに行くと賑やかな雰囲気も味わえると思います。わたくしも今年2度目のお正月、満喫させていただきます!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 18~20度
台中 晴れ/曇り 19~24度
高雄 晴れ/曇り 23~25度
花蓮 曇り 20~22
週末のお天気→週末は冷気団の影響が弱まり気温が回復する予報です。台北15~29度 晴れ/曇り、台中14~18度 晴れ/曇り、高雄16~30度 晴れ/曇り、花蓮17~27度 晴れ/曇り

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2731NTD
1NTD→3.497JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2019.1.28発表)/20,22,25,29,31,32/第二区ナンバー03
大楽透(2019.1.29発表)/17,19,20,26,29,36/特別ナンバー01

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台北市2階建て観光バス路線を調整 圓山ホテルと龍山寺停留所を新設へ」
台北市2階建て観光バスでは2月1日より、台北の文化観光スポットをより深めてもらうため路線の調整を行い、ブルーラインでは「圓山ホテル停留所」、レッドラインでは「龍山寺停留所」を新設しました。圓山飯店ではこの停留所の新設を祝い、2月1日から7月31日まで「圓山ホテル密道ガイド」を実施。ブルーラインの台北駅発、午前9時40分及び午後1時40分のバスに乗車すると、乗客は「圓山ホテル密道ガイド」に無料で参加することができ、専属ガイドによる解説で圓山ホテルの神秘的な秘密の道を旅することができます。
台北市二階建て観光バスブルーラインでは毎日始発の9時40分より台北駅を発車し、途中西門駅を経由し、約20分で圓山ホテルに到着します。乗客は圓山ホテルで下車すると、台北のランドマークのひとつでもある圓山ホテルの14階建て東方宮殿式建築を見ることができます。また、広東料理レストランの金龍餐廳、江浙料理レストランの圓苑餐廳、ビュッフェレストランの松鶴餐廳、および圓山ステーキ館など館内の異なる系統の料理を楽しむこともできます。美食のほかには壮厳華麗な館内を参観し、「龍宮」と誉れ高いクラシック建築の特色を堪能し、文化回廊の探索や百年金龍の鑑賞や台北の素晴らしい景色を眺めることもできます。
その他、乗客は圓山ホテルで二階建て観光バスのチケットを購入すると、ホテル前から士林夜市(MRT劍潭駅)、士林官邸および故宮博物館までの片道チケットを1枚100元、あるいは1日チケットを1枚600元にて購入が可能。 1日チケットは乗車から24時間利用が可能で、レッドライン、ブルーラインの両路線で利用できます。好きな駅で上下車ができ、時間内であれば乗車回数に制限はありません。圓山ホテル停留所では40分毎に台北駅方面と故宮博物館行きのバスが発車。旅客にとっては大変便利なバスとなりそうです。
旧正月期間は台北市2階建て観光バスの運行時間が変更となり、大晦日(2月4日)ブルーラインの最終発車時刻は午後1時、レッドラインの最終発車時刻は午後1時10分となります。また、元旦(2月5日)は午後1時が始発となり、以降平常通りの運行となります。
2019年の春節は9連休です。みなさんぜひ台北市2階建て観光バスを利用し、台北市区の各重要スポットを体験しながら都市をゆっくりと巡ってみましょう。たっぷり遊んで、美食を堪能し、2019年の「春」を駆け抜けましょう!
(情報:旅遊經
おお!ナイスなスポットが追加となりましたね!圓山ホテルはアクセスがなかなか面倒そうで行ってみたいけれど遠くから眺めるだけという方も多かったのではないでしょうか。しかもホテルの探索ツアーも無料で体験できるとはなかなか素敵な企画ですね!運行がスタートした当初は空っぽのバスが街を走り抜けているのを見ることもあり、長く続かないのでは…と勝手に心配していたこともありますが、今は外国客の方がいつも楽しそうに乗車している姿をよく見るようになりました。路線のルートがなかなか悪くないので一度乗ってみるのも楽しいですよ!
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード