FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2019年01月09日(どうやら24号は間違えているようだ0はいらんby1号)

この二日間、ニュースで暖冬に関する新聞流れが多い。例えば、二月旧正月旅行ハイシーズンを目指している嘉義の花フェスが暖冬のためキャンセル可能こと。温度が暖め、雨量も、そのため、元々二月咲くはずオオハルシャギクは来週満開見込めます。もう一つは観光局が国内観光促進ため「観光補助」が出すこと。台湾国内百間以上ホテルを連携、最大50%のキャンペーンがもらえます。そのため、来週末の家族旅行が決めました!暖冬構わず温泉地にいきます。すずしい台湾で温泉を楽します。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 19~20度
台中 晴れ 23~26度
高雄 晴れ/曇り 24~25度
花蓮 曇り/雨 21~22度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2736NTD
1NTD→3.491JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2019.1.7発表)/10,11,17,25,28,38/第二区ナンバー03
大楽透(2019.1.8発表)/04,19,21,28,39,43/特別ナンバー18
(15から伝承の謎の1行空けは継続中by1号)
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
台北信義区デパート戦争再び始め、新入り微風南山は飲食店を中心
台北信義計画区デパート戦争は再起!微風南山は二年半の準備をわたって明日(1/10)オプーンします。飲食店中心の主旨を持って飲食関連の出店数が45%を占めています。開業第一年の売上げ70億元の達成目標狙っています。運営会社微風グループ取締役廖鎮漢氏は、「ライバル百貨店区別化するため、なるべくスペシャル感を最大にします。一つ事例はJR東日本傘下のショッピングセンターアトレの出店。それ以外は、、デジタルコンテンツ制作会社BROGENT(ブロージェント)と連携開発したフライングシアター、購入食材即調理できるスパーなど斬新的な営業方式持つ店舗やシステムを導入、また、ミシュランレストラン呼び込むことも含めて微風南山を一番行きたいショッピングセンターに慣れますように目指します。」という宣言を呼びました
現在、台北信義計画区エリアで13ショッピングセンターやデパートがあり、世界デパート密集度最大エリアといわれっています。そのため、新入りデパートに対して店舗導入や連携などは他エリアより困難度倍増だろう。開業寸前の微風南山は、その難点を突破するために飲食店占拠率を45%に上げ、日本アトレショッピングセンター連携など斬新な解決策を出しました。
今年(2019年)売上額300億元目標が立った微風グループに対して、「微風南山」は第十ショッピングセンター及び信義計画区での第三拠点。延べ床面積が約5万4,000平方メートルで約200店舗中レストラン90が占めています。強い店舗導入能力持つ微風グループは、微風南山にミシュランレストランや話題店を呼び込みます。例は、投資の神様ウォーレン・バフェット氏が愛顧レストランでありニューヨークの名ステーキレストラン「SMITH&WOLLENSKY」、28コミシュラン星を取った名シェフ梁經倫氏と犇鉄板焼き提携した「Daimon.犇廚魔館」、香港有名な精進料理レストラン「心齋」と陳興發「興記菜館」など。
さらに、もう一つ解決策として7,345平方メートル占め超大型スパー「微風スパー」開業をもってアジア最大の高級スパーになりました。ライバル差別できるよう、微風スパーは「シェフスパー」という独創なアデイアを導入、10名シェフがスパーで即調理サービス提供。購入、調理、食べる。すべて微風スパーでできて顧客サービスをより一層レベルアップします。この概念提出したのはグループ取締役廖鎮漢氏。十年前「飲食店割合増加することは必然。」という宣言持った彼は、飲食関連店舗40%以上超え「黄金比」がもつ微風南山でビジョンが実現だろう。廖鎮漢氏は1/10開業微風南山に90点を与えます。残り10点はサービス業ずっと進化していることを示しています。
(情報:自由時報
目立つ外観と高度がある微風南山はSNSで盛り上げれそう!高級レストランだけではなく、衣装ブランド、話題小吃やシアターなどいろいろなスペシャル店が持っています。内容で書いた「微風スパー」で台湾国産食材とお土産コーナーが設立しています。信義エリアにいく予定がありましたら、ぜひ寄せてみてください!
(担当特派員:TOP24号)


From1号⇒大体毎回〆に面白いワードが入っているが、どうも外来語カタカナ系が不得意な模様。15のデビュー当時を思い起こさせる24号。今度特派員の所でなりすまし15号やられたらもしかしたらわかんないかも?w

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード