FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2018年12月03日

先週末からまた温かい晴れ天気になり、早朝が涼しかったのでセーター一枚で出た時ちょうどいいと感じてたので昼になっきて超暑く感じてしまいます。本当に何を着るか悩まさせる天気です。どっかの報道で見ましたが今年の冬は暖かい冬になりそうで、すごい寒いとかそういう時期が今年あまりなさそうみたいです。以前日本に行ったときに、素敵なコートを見つけましたが、「台湾ではあまり着るチャンスがない」と思い、買うのを諦めました。その代り、私の夏服はいっぱい持っています。(夏服と冬服の割合は大体7:3かな。)今年は一体、いつから寒くなれるでしょうか?

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 20~30度
台中 晴れ/曇り 18~29度
高雄 晴れ/曇り 22~30度
花蓮 曇り/雨 19~28度
今週のお天気→今週北台湾は水曜日まで晴れる良い天気です。水曜日から気温がだんだん下がり、雨も降るようです。台中・高雄は20~27度前後の良い天気で、花蓮は今週も晴れ時々雨の天気で19~25度くらいです。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2614NTD
1NTD→3.647JP

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.11.29発表)/02,10,18,26,28,35/第二区ナンバー01
大楽透(2018.11.30発表)/05,14,20,27,29,45/特別ナンバー07
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「淡海ライトレール初乗り運賃は20元から 電子チケットさらに20%オフ 台北MRT乗り換えに8元オフ」
新北市淡海ライトレールの緑山線は今年(2018)年末に開通されることにより、新北捷運公司(NTMC)は乗客の乗り換えにおける便利性、切符値段の合理性そしてもっと多くの利用を促進するために考えた初乗り運賃は20元からとなえい、緑山線全線7.3キロメートルということで片道最高25元となり、電子チケットで乗車される乗客は20%オフの割引がもらえ、バスや台北MRTに乗り換えるには双方向の乗り換えスペシャル価格になります。また、今年新北市と台北市共同で出された1280元の定期券には淡海ライトレールをこれから含む方針で進めていて、公共交通機関を利用する意思を向上するように努めています。
新北捷運公司代表取締役に陳建宇氏によると、淡海ライトレールは新北市独自で建設された初めてのレールで北台湾で初めてのライトレールであります。年末に工程終了する緑山線の全長は7.3キロメートル、沿線に11駅が設けられています。「紅樹林車站」駅は台北MRTにリンクされていて、淡水の住民たちに新たな公共交通機関の選択を与えます。
また、電子チケット一般カードで淡海ライトレールに搭乗してから「バス」に乗り換える乗客は、乗り換え料金片道半額(8元)オフのサービスがもらえます。電子チケット一般カードで「台北MRT」に乗り換える乗客も同様、乗り換え料金片道半額(8元)オフのサービス以外、電子チケット特殊カード(新北市敬老カード、愛心カード、愛心陪伴カード、兒童カードなど)で淡海ライトレールに搭乗されるお客様は運賃半額(原価の60%オフ)の割引及び乗り換え料金4元のサービスがもらえます。
淡海ライトレールは11月11日に市政府より初歩検察作業を終え、12月に交通部により再検を行い、最速年末までに開通・試運営が完成できると言います。試運営期間では無料搭乗が開放される予定でして、新北市市民及び他の市民さらに外国人観光者がライトレールを体験することができ、イラストレーターの幾米が創作した公共芸術を楽しめてくださいと新北捷運公司からもコメントしました。(情報:台湾好新聞
今まで遠い、交通不便と思った新北市の淡水にもライトレールが開通されますね。本当にますます交通が便利になっていきます。20号は淡水の大学に通っていましたので、淡水ってバイクがないと生活できないなと感じてしまいました。これからもうすぐライトレールが出来ますので、やっと少しバイクがなくてもどこでも行ける(?)気がしますね。(担当特派員:TOP20号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード