FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2018年10月23日

今朝は台北駅到着後、いつもよりも日本人の方を多く見かけたような気がします。大きな声で方言で話している人や制服姿の修学旅行っぽい女の子の集団。それにしても台北駅地下で地図を見ている人を見かけると、地下のカオスを知っているだけにいつも勝手にひやひやします。基本、緊急を要しているような人、話しかけてくる人以外には、考えながら目的地につくのもまた旅の醍醐味、と勝手に思っているので(逆に親切な台湾人に教えてもらった方が楽しかったりするだろうし)積極的に声をかけたりなどはしないのですが、台北駅の地下はどうやったらわかりやすくなるんですかね。最近ようやくY区とかZ区がどこなのかがわかってきたので、やっぱり慣れしかないのかなー。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 23~25度
台中 曇り 26~30度
高雄 晴れ/曇り 28~31度
花蓮 曇り 25~29度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2658NTD
1NTD→3.589JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.10.22発表)/06,07,11,14,15,34/第二区ナンバー01
大楽透(2018.10.19発表)/07,18,20,32,42,49/特別ナンバー24

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「世界パンチャンピオンの一騎打ち ファミマ、全聯 パンビジネス決戦」
国民が大好きな「パン」。コンビニやスーパーにとっては利益を生み出す「白金」商品です。ファミリーマートではパンの世界チャンピオンである陳耀訓とコラボレーションを行い、「世界チャンピオンパン」シリーズとして6種類の新商品と予約限定の家庭用トースト用食パンを打ち出します。スーパーマーケットの全聯福利中心もまた、パンの世界チャンピオンである王鵬傑とタッグを組み、日本の高級食材を使用した「夢幻麵包(ドリームパン)」を開発。800億元とも言われるパンの「白金」市場に攻め込みます。
ファミリーマートは100%子会社である「福比麵包」にてパンの世界チャンピオンである陳耀訓と共同開発を行い6種類のパンを発売。「真の食材」、「無添加」をアピール。中でも水を加えていない皇后トーストが主力商品です。さらにサツマイモやドライバナナ、ローゼルなどの台湾産の食材を使用したスイートなパンなどもあり、化学添加物に代わってヨーグルトや黒糖などを使用しました。単価は30~38元となっており、10月24日より発売します。
福比麵包の社長によると「世界チャンピオンパン」シリーズはコストがこれまでの商品に比べると2.8倍となっており、食感などを全面改良。これまでの一般的なパンとは全く異なる商品を生み出しました。さらに新しい販売方式を採用し、家庭用トーストの「家庭號皇后土司」は予約にての販売を行います。予約から3日後にようやく商品を受け取れるシステムで値段は130元、まとめ買いを行うと10袋で10%、30袋で20%OFFとなります。店長たちが運営を行うライングループにて宣伝を大なったところ、すでに1.4万本もの予約状況となっています。
  コンビニにおいての「黒金」はコーヒー、「黄金」は焼き芋、「緑金」は生鮮野菜、パンやスイーツは「白金」と呼ばれ、1月から9月までの業績はすでに25億元と突破、年間20%もの成長率をみせています。「世界チャンピオンパン」が登場後はさらに20~30%の伸びを見込んでいます。
ファミリーマートでは現在収益の約22%を鮮食が占めており、109年では30%に届く見込みです。その中で「白金」と「黒金」商品が占める割合は50%です。今後はパン、スイーツとコーヒーなどの商品を大きく打ち出した新型店舗の開発を進めており、年末には消費者へと披露できるとしています。その他、2つの大学と合同で「ファミリーマートスマート販売機」を展開し、販売機の中に冷蔵、冷凍、温かい商品など異なる特性の商品を販売、108年には第2世代型のテクノロジー店舗を開店予定です。
全聯福利中心もまた、ベーカリーでのビジネスチャンスを狙っており、自社パンブランドRead Breadではパンの世界チャンピオン王鵬傑氏とタッグを組み、十勝小麦や日本の天皇陛下御用達のチーズなど高級食材を使用した北海道チーズシリーズのパンを打ち出します。北海道小麦「ゆめちから」を使用した「夢之力土司(ゆめちからトースト)」、北海道十勝クリームペーストを巻き込んだ「雪白之戀生乳捲(スノーホワイトロール)」などを販売。第一弾として8種類の商品を販売、5種類を予約販売とします。第2弾は11月2日搭乗予定です。
全聯福利中心ではパンとスイーツ類の商品は近年50~60%の急激な伸びを見せており、昨年のパンやトーストの営業額は6億元を超えました。トーストは1600万本を売り上げ、台北101ビルを6286棟積み上げた高さとなります。新シリーズの価格は25元から398元となっており、消費者を満足させるものと自信を持っています。業績は5000万元を超えるのではと予測しています。
(情報:卡優新聞網
コンビニのパンは正直添加物などが気になるのと、味もそこまで美味しいと思えないのでいつの間にか菓子パンなどからは卒業したのですが、ファミマも全聯もこだわりがびしばし伝わってきて、食べてみたい!と思わず思ってしましました。パンだけではなく、どちらも近年、自社ブランドのスイーツにも力を入れていてい、見ているだけでも結構楽しいです。予約販売のみのものもある、と言われるとまた心惹かれますね。
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード