FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2018年10月19日

ネットを開いていると年に一度の大セール「週年慶」の文字をかなりみかけるようになり、そういえばこの時期だった、と調べてみると三越や微風デパートは昨日18日より、SOGOなどは11月よりスタートとのことで、ショッピングが盛り上がる時期が気づけばやってきたようです。といっても、毎年何かを買うというわけではないのですが、気合に満ち溢れた様子を眺めるのは嫌いではありません。旅行でいらしゃっている方もこの時期デパートを除くと(すごい人かとは思いますが)お得な商品が手に入るかもしれません。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 21~23度
台中 晴れ/雨 23~28度
高雄 曇り/雨 23~28度
花蓮 曇り/雨 21~25度
週末のお天気→20日は朝晩涼しいですが、昼過ぎから気温は上昇するでしょう。一時的な短い雨の恐れもありますが、おおむね各地曇りまたは晴れ、21日も各地晴れ間が見られる予報です。台北曇り/晴れ19~26度、台中晴れ/曇り20~30度、高雄晴れ/曇り22~31、花蓮曇り/雨21~27度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2662NTD
1NTD→3.584JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.10.18発表)/04,12,20,32,35,36/第二区ナンバー01
大楽透(2018.10.16発表)/01,24,39,40,46,49/特別ナンバー33

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「秋冬の小旅行は環境保護を 屏東33路線のバスが乗車無料に」
秋冬が到来し、いかに空気汚染を低減させるか全台湾の地方政府は共同で目標を掲げています。屏東県政府は空気汚染低減のために、即日より2019年1月1日まで路線バスの乗車料金を無料とする取り組みを行います。33路線ある市区内の路線バスが対象で、屏東県政府は観光路線バスとのセットチケットの料金も80元~350元の大幅値下げを行いました。
屏東県政府によると、毎年秋冬の季節には東北季節風の影響により、境界外からの空気汚染物が屏東へと流れてくる上に、屏東境界内にある山々が空気の循環を阻害し、大潮州および屏北地区へと運び込まれ、空気汚染指数が上がったままとなります。その対策として、即日より来年1月1日まで屏東県政府では路線バスの優恵乗車の対策をとり、悠遊卡、一卡通などICカードの使用で33路線バスを対象に無料で乗車が可能となります。
現在、屏東では33路線あるバスの毎月の運輸人数は約4.5万人となっており、無料乗車の取組後は5%の乗車率アップと3か月内のスクーター使用数1700台、乗用車5100台の減少を見込んでいます。33の無料路線バスは屏東市内バス、墾丁街車、東港碼頭シャトルバス、小琉球周遊バス、屏東駅から原住民文化園區までのバス、沿山公路185線道バスなどが含まれます。
その他、無料路線バスに伴い、屏東県政府では観光路線バスのセット価格も80元~350元までと大幅に値下げを行い、ある路線のセット価格は4割引きとなっています。「沿山観光 高雄城旅おトクセットチケット」はたったの169元、屏東駅出発の「508 屏北文化體驗串遊部落慢遊」、および高雄新左営駅出発の「511 沿山公路蛙鳴鳳梨田一日輕慢遊」、この2つの路線バスの価格はともに1名649元となっています。
(情報:新頭殼
路線バスが無料というのは日本ではあまり考えられない取り組みなので、常日頃から一定区間無料の台中や、このような期間限定のものでも市民にとってはありがたく、素晴らしい取り組みだなと感じます。
もともとの乗車料もさほど高くないのが台湾を旅する人にとっては魅力だと思うのですが、ぜひ有効活用して屏東地区の旅も秋冬は楽しそうですね。
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード