FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2018年9月20日

台湾の中秋節の代表的なものといえば、やはり、文旦、月餅と焼肉の3点セットですね、この時期に台湾の方々は家の外でバーベキューをやるです、海外の友達から「何で中秋節にバーベキューをするですか?」よく聞かれます、実は15号自分もわからないです、子供から中秋節になったら、家族はバーベキューしなから月を見る習慣になってます。この時期に庭 道の辺
ビルの一階など、バーベキューをやれるどころならば、必ずバーベキューをやるすがたをみえます、匂いもすごいことになっています

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ 26~35度
台中 晴れ/曇り26~33度
高雄 晴れ/曇り 27~32度
花蓮 晴れ/雨 25~33度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2648NTD
1NTD→3.602JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.09.17発表)/02,03,12,15,21,24/第二区ナンバー03
大楽透(2018.09.18発表)/11,23,34,36,41,45/特別ナンバー43
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「太平山蹦蹦車が再開」
太平山営林場の運材鉄道だったものを使ったトロッコ列車の太平山蹦蹦車は台風被害で6年前に運休されました、9月19日10:30に再開します。太平山蹦蹦車は海抜2000メートルの山林走ってます、沿線のきれいな山々の景色が鉄道ファンの人気の的です。月末までにチケットを買えば、50%割引をされます、大人乗車券は180元だけ 半額乗車券90元ですだけ
羅東林管処によって、太平山蹦蹦車は太平山駅から発車して、終点は茂興駅です、片道で3メートル、移動時間約20分くらいです。19日に再開式典合わせるため、発車時間は12:30 13:30 14:30 15:30より平山駅から出発します。太平山蹦蹦車1本は90人乗れます、20日から、7:30から発車します、1日の発車数は8回となっています、太平山莊と翠峰山屋泊まる客前日の予約することが優先できます。
2012年の台風第22号によって鉄道の路線が大きな被害を受けましたので、運行が中止となりました、3年で修復して、もともと2015年に再開する予定しましたが、また2015年に台風13号と台風21号によってまた被害を受けました、約1.2億元使って、今年まで修復しました。
林務局によって、太平山 阿里山と八仙山の営林場は台湾三大営林場になってます。1915年から日本人は太平山でヒノキを伐採しました、あと国民政府続き伐採しました。1983年に国の林業の政策変更されて、営林場が生産を中止しました、国の森林遊樂区に変更しました。当時「蹦蹦車」は森林資源を外部へ輸送する重要な列車です、これも太平山営林場残した重要な遺跡です。民衆当時の林業が盛況の状態が感じさせたいので、遊樂区で当時の鉄道 流籠 など関係施設できれば全部残してます。
太平山の「蹦蹦車(ボンボン車)には台湾で唯一林業輸送道から観光鉄道に転換するどころです、列車の色は台湾人よく知ってる黄色、車両は昔しいままかたち、機関車は藍腹鷴(サンケイ)、黃喉貂(キエリテン)、白耳畫眉(カンムリチメドリ)など太平山にいるの保育野生動物の絵書いてあります、民衆は沿線のきれいな山々の景色が楽しめることができます。
(情報:台灣好新聞報
宜蘭の秘境スポット呼ばれての太平山はは標高1950mの山で、雲海をみる絶景スポットがあります、リゾート地として人気で温泉や原始林にハイキングなどが楽しめるスポットもあります。当地観光の定番で人気で太平山蹦蹦車、前に台風によって被害で運行が中止となりました、やっと今年また乗れるになりました!
運行時間参考サイト↓
https://tps.forest.gov.tw/TPSWeb/wSite/ct?xItem=4820&ctNode=371&mp=1
(担当特派員:TOP14号)

From1号⇒久々のなりすましじゃね?文章で一度15を名乗っていながらの14号なりすまし。最後の方で突然読み方(ボンボン車)登場。打つなら最初に打て!

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード