fc2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2018年7月9日

強力な台風8号の「瑪莉亞(マリア)」が台湾に近づいており、明日の午後から、あさってはその影響を受けることが予想されています。旅行で来られる方、滞在中の方は最新情報をチェックの上、台風対策を行ってください。さて、先日飛び込みで某駅近くのマッサージに飛び込んでみました。なかなかきれいだし、技術も悪くない、むしろ上手だなーと思っていたのですが、残念ながら先生のおしゃべりがうるさい……。ちょっと中国語が理解できることがわかるとすごく話しかけられたりするのですが、マッサージのときはとにかく頭をからっぽにしたいのであまり話しかけないで欲しいのです。苦痛な時間だったけれど、しっかり結果は出す人だったようで、そしてアドバイスも的確。技術は受けたいでももう行きたくない。中国語をわからないふりをすればいいのかとも思うのだけれどそれにも限界があり、大変悔しいです!寡黙で必要なことだけ答えてくれる職人に出会いたいです。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 31~36度
台中 晴れ/曇り 31~34度
高雄 晴れ/雷雨 31~34度
花蓮 晴れ/曇り 30~33度
今週のお天気→10日、11日は台風8号の影響で天気が乱れることが予想されます。10日午前に北部及び東北部地区に局地的短時間の雨、10日午後より11日にかけて西半部及び東北部地区は雨、大雨、豪雨の発生率が高まります。12日から15日にかけては台風は去りますが南部および東半部は短時間の雨、その他の地域も午後より短時間の雷雨の予報となっています。また、10日日中から 11日早朝にかけては東部および東南部ではフェーン現象の発生率が高くなりますのでご注意ください。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2659NTD
1NTD→3.588JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.07.05発表)/03,15,19,22,27,38/第二区ナンバー06
大楽透(2018.07.06発表)/02,03,21,28,32,47/特別ナンバー27

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「西門町の変化により伝統的老舗店が試練に局面」
台北市長柯文哲が推進している「西区門戸計画」は北門の再現、雙子星ビルの入札募集など西門商圏への変化に影響を及ぼしています。しかし、最近老舗書店「金石堂城中店」の閉店や生活用品店「西門華泰生活館」の廃業などかつて商圏を賑わせた老舗書店や靴屋などが走馬灯が映し出すように新しい流行店や新ビジネスの店舗に代わってしまっています。しかし、老舗飲食店はそれに揺るがず営業体制を守っておりますが、かつての「西城物語」の主役であった伝統老舗は時代の変化の影響に直面しています。
西門町商圏は台北駅の隣の駅として、北門空港線、地下鉄西門駅など主要交通ラインとつながっており、近年大陸客は減少しましたが、東南アジア、日韓香港、マカオからの観光客は逆に上昇、昨年地下鉄西門駅の利用者は2700万人となっており、前年度に比べ百万人の増加となっています。現地の推測によると、西門商圏の宿は3000件を突破し、その人気とビジネスチャンスは東区から西区へと移りつつあります。
台北ランタンフェスティバルは2年連続西門商圏で開催しており、それは若い世代への潜在力を表すものとなりました。西門町を掘り起こすことにより、国際的なスポーツブランドやファッションブランドが西門町へと進出、韓国からのリーズナブルなファッションショップも西門町の潜在消費力となっています。地下鉄西門駅よりつながる漢中街、峨眉街などは数歩歩けばスポーツ用品店やファッション用品店などが賑わいを見せています。
西門徒歩区発展促進会総幹事林美文氏によると近年西門町の消費者は7割以上が15歳から25歳の若者層となっており、彼らはブランド志向が強く、スニーカーや服飾品など消費形態が顕著に表れ、これにより伝統的な老舗は西門戦場から退くなどの動きが起きています。
また、急速な成長の中、若者層の消費市場を突破できても需要なのは家賃を把握できているかどうかです。西門町の伝統老舗である阿宗麵線、老天祿、鴨肉扁、美観園などは自分で不動産を所有していますが、西門町の発展に伴い家賃が膨張。それが老舗の生存問題へ影響を与えています。
西門町の賑わいは逆に西門地元店への家賃上昇への圧力とつながっており、前年6坪の店舗平均家賃は7~8万元だったのに対し、昨年家賃の上昇は18万元まで膨張。商圏店の家賃はこのまままだ伸び続けるのではとされています。
(情報:聯合新聞網
西門の魅力はがやがやとした今どきのショップと老舗が融合しているところだと個人的には思っているのですが、さきほどもオーダーメイドでチャイナシューズを作ることができる老舗靴店「小花園」が8月いっぱいで閉店とのニュースを目にしました。 なんとも切ないですし、食の名店も数多くある街ですので、老舗も負けずに生き残っていってほしいと切実に思います。
(担当特派員:TOPOK号)


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。動画配信も開始!TOPTAIWAN Youtubeチャンネルでご覧いただけます。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード