独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台南)阿村(第二代)牛肉湯 

台南の名物の一つに「牛肉湯(牛肉スープ)」があります。
台南には「牛肉湯」の名店が軒を連ね、ネットで検索しても
数えきれないほどの店が出てきてどの店に行こうか迷ってしまいます。
そんな中で市内中心部という便利な場所にあり、絶対外さない牛肉湯の
名店をご紹介します。

『阿村(第二代)牛肉湯』
赤い看板が目印。そして大事なのは第二代
現在のオーナーが第二代目なので店名にこの第二代は絶対入れないとダメなんだそう。
看板

こちらは店内。こじんまりしていますがちゃんとイートインスペースもあります。
店内

とても明瞭なメニュー。我々日本人にはそのままでも十分理解できますが、
「牛雑」とはモツや内臓なので、やはりシンプルな牛肉湯がベターかも。
料金表

こちらが二代目の老板娘。スープの出汁に使った肉をスプーンでほぐして
おられますが、これがまた柔らかくて面白いほど直ぐにほぐれてゆきます。
この骨の周りの一番美味しい部分は売り物ではなく二代目のお父さんの一代目が毎日召し上がるそう!
二代目

絶品『牛肉湯』。この大きさで中サイズ、150元
お肉は生姜入りのちょっと甘めのソースをつけていただきます。
スープ

オススメメニュには牛マークがついてますが、その中でもイチオシの看板メニューが
『高麗菜炒牛肉(キャベツと牛肉の炒め)』
なぜか写真が縦orz
看板料理
17号一行はもともと牛肉湯しか注文してなかったのですが、
二代目が『ウチの看板メニューはコレだから絶対食べてって』と
ご馳走してくださったのがコチラ↑
本当に美味しい!牛肉湯の感動を超えました!!

<基本データ>
住所:台南市中西區保安路41號
TEL:06 229 3908
営業時間:04:00~10:00, 18:00~21:00、(月曜午後、火曜午前休み)

<17号のちょっとひと言>
牛肉湯はもちろんのこと、是非ともオーダーして頂きたいのが、二代目オススメ看板メニューの
『高麗菜炒牛肉(キャベツと牛肉の炒め)』。これだけで白飯が何杯でも食べられそう~
ちなみになぜ台南の名物が牛肉湯かというと、台南と高雄の間の「崗山」というところが
台湾でいう松阪のような牛肉の産地で、夜中に屠殺した牛をそのまま数時間後に届ける事が
できることから台南で牛肉を扱う店が多いそうです。中国語ではそのまま温かい冷凍していない肉
という意味で「溫體牛」と言うそう。そう言えば看板やメニューにも「溫體牛」と書かれていたのを
思い出しました。

お薦め度★★★★★(台南では絶対はずせない店!)
新鮮度★★★★★(なんといってもその日に屠殺された牛肉は鮮度も味も違います。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。



プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード