独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年10月23日

台湾のベストシーズンはいつですか?という質問をよくされますが、時期でいうなら現在いまがまさにベストシーズンなのではと思います。長い長い夏が終わり、湿気の多いどんよりした冬がやってくるまでの束の間の秋が台湾ではベストシーズンかもしれません。気温も20-27度と快適で屋外で気持ちよく過ごせる台湾の短い秋を満喫しようといろいろ楽しみな予定がてんこもりなのですが、不安定なお天気だけがどうにも心配です。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り19~25度
台中 曇り/晴れ20~27度
高雄 曇り22~28度
花蓮 曇り20~25度
今週のお天気→北部は明日の火曜日のみ雨、その他は連日曇りの予報がでています。今週の中部と南部は連日お天気で気温も20-30℃と安定するでしょう。東部は火曜日からは雨模様の日が多く気温も30℃を超えることはなく涼しくなりそうです。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2577NTD
1NTD→3.721JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.10.19発表)/06,08,10,11,12,21/第二区ナンバー06
大楽透(201710.20発表)/03,08,18,19,26,42/特別ナンバー17
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「11月より4歳以上大型バスではシートベルト着用義務化に」
交通部は「車両運輸業管理規則」を修正し近く法令化し、11月1日より4歳以上の乗客が大型バスに乗車する際にはシートベルトの着用を義務化する予定をしています。但し罰則は来年より開始される見込みです。
交通部が修正した「車両運輸業管理規則」によると、4歳以上の大型バスの乗客は、国道或いは、高速道路を走行するに関わらず、車輛が運行中は一律シートベルトを着用しなければなりません。
交通部路政司長の陳氏によると、「道路交通管理処罰条例修正草案」が通過後、新しく修正した「車両運輸業管理規則」が実施される運びとなりますが、実施前に宣伝に力を入れるとしています。
同時に交通部は道路総局に対して監督業者にも、乗客が乗車後にビデオ映像や、標示を明記することによりシートベルト着用徹底を強化するよう要請しています。道路法による罰金金額は九千元から九万元となります。
立法院交通員会は今季多くの委員から提案のあった「道路交通管理処罰条例」の修正草案について、交通部からの提案を中に織り込み、今年の年末には可決され、来年初めには実施される見込みです。
交通部作成の模擬草案によると、業者は乗客に対しシートベルト着用の告知義務があり、乗客がシートベルト未着用の場合、一般道路では1500元、国道及び高速道路走行時には乗客に対し3000元から6000元の罰金を請求することができるとしています。
(情報:中央社
日本ではすでに当たり前となっている、高速バスや観光遊覧バスなど大型バス乗車時のシートベルト着用義務化が台湾でも来月から法律化され、未着用の場合は罰金が課せられることになりました。ここ数年大型バスの事故時にシートベルトをしていなかった為、路上へ投げ出されたりして亡くなったケースが相次いだので、やっと法律化されたようです。昨日ちょうど國光號に乗車したのですが、乗車した途端にドライバーさんからシートベルトを着用してくださいとアナウンスがありました。バス会社の社内ではすでに乗客シートベルト着用義務化に対しての徹底化が始まっているようです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!



プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード