独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年9月21日

よく日本からいらした方に「台湾の景気はどうですか?」という質問をうけますが、最近特に「決して悪くない状態」のように感じます。明日から歴代最高額のiphoneが台湾でも発売開始となりますが、アップルストアや各電話キャリアの前にはすでに並んでいる人がいるようです。つい先日から始まった各デパートの創業祭もトップをきって開始した台湾資本のショッピングモールにはセール初日のオープン前より行列が出来、この日のカード売上額のみで11億元を突破したと報道されました。しかも一千万元以上の金額を消費した人が14人もいたそうです。いったいこの方たちは何を買い求められたのでしょうか???

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り27~35度
台中 晴れ/曇り27~34度
高雄 曇り/雷雨29~33度
花蓮 曇り/雷雨26~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2599NTD
1NTD→3.691JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.9.18発表)/02,04,8,22,26,37/第二区ナンバー01
大楽透(2017.9.19発表)/02,12,15,18,37,40/特別ナンバー39
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「ファミリーマート 国境を越え台湾発送日本受け取りの店舗間配送サービスを開始 」
台湾人は便利さからコンビニで荷物を送る人が非常に多くみられますが、ファミリーマートの昨年一年の取り扱い件数は3400万件にのぼり、日本のファミリーマートと共同で国境を越えた宅配サービスを始めることを発表しました。先ず台湾から発送、日本の店舗での受け取りサービスから開始し、次の段階で双方より発送受け取りが可能なシステムを計画しています。
交通部観光局の資料によると、2016年の日本人観光客の来台数は2015年に比べ16.5%成長しており、平均消費額は最も高い数字を示しています。また2020年には全世界の購買人口のうち、国境を越え海外から買い物をする人の比率は現在の4分の1から2分の1になり、その売上額の40%はアジア地区にて消費されるだろうという予想も報告されています。
ファミリーマートイーリテイル事業部の林部長は、日台間の観光交流は頻繁に行われており、旅行の際の荷物や小包に宅配便の需要があると考えました。また日本は台湾の消費者にとり好評なネットショッピング国の一つであるので、今後も両国間のネットショッピング熱が高まって欲しいと述べました。昨年のファミリーマートの宅配取扱い件数は3400万件に達し、2008年に初めて取り扱いを開始した初期の700倍に成長しました。
林部長は、第1段階は「台湾発送、日本受け取り」の店舗間配送サービスとし、台湾国内ファミリーマート3100店舗から発送し、日本のファミリーマート1万8000店で受け取りが可能です。次の段階では台日双方から発送受け取り共可能なサービスを目指します。発送から受け取りまでの日数は4日~6日、受け取り時間の制限もなく、価格も3キロ749元と、ドアtoドアの宅配が3キロ約千元することを考えると、競争力のある価格です。
また、リチウム電池(携帯電話、電源を含む)、高圧ガススプレー(ヘアスプレー、化粧品など)、肉製品(生鮮食品、加工食品含む)、証明書類、現金及び有価証券等は取扱いの範囲外ですのでご注意ください。
(情報:中央社
画期的なサービスが登場しましたね。きっと台湾でお土産を買い過ぎて帰国時に荷物の超過料金で悩む人たちに活用されることでしょう。日本発送サービスが開始されたらお買い物大好きな台湾人が日本のファミマに押しかける姿が目に浮かぶようです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード