独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年9月14日

この1ヶ月ほどでダイエット成功者に立て続けに会って、これはもう何かのメッセージなのでは!とポジティブに受け取ることにしました。というかやれ!ということなのねと。年齢を重ねると痩せずづらくなるとか空気吸っただけで太るとか、それが現実なのだけれど成功者の話をなんでなんでと興味深く聞いているだけでもガツンと心に響くメッセージなんかもあったりして、不可能なことなんてないのかも知れないなと前向きな気持ちになりました。でも共通なのはみんなそれなりにお金もかけているということ。ついダイエットは自力でやるものと考えがちですが、もしかしたら語学などと一緒で専門家の力をある程度借りることによって伸びしろ(減りしろ?)が増えるのかもしれません。そんなさなか今週は取材で粉もんどーん、炭水化物どーんで体重も案の定どーんです(笑)。正直大変幸せなんですがいかんせんバランスが難しいなとしみじみ感じる木曜日です。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨 25~29度
台中 雨 26~33度
高雄 曇り 28~33度
花蓮 曇り 26~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2638NTD
1NTD→3.639JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.9.11発表)/01,03,21,26,32,34/第二区ナンバー02
大楽透(2017.9.12発表)/07,23,29,36,45,49/特別ナンバー14

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「新北市公共バス無料Wi-Fiサービススタート 登録広告なしで無制限」
公共運輸無線インターネットサービス提供の為、新北市は今月12日より全市2500台の公共バスで無料Wi-Fiサービスを開始しました。新北市長朱立倫氏はバスにて実測を行い「提供WiFiは相当スムーズなので乗客は乗車しながらスマートフォンやタブレットの使用が可能となります。サービスには広告は入らず、時間も無制限で使用できます」と述べました。
新北市は公共バスサービスの品質向上を目的とし、「新北公車免費WiFi」のステッカーが貼ってあるバスにてスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどを使用の際、「NewTaipeiBusWiFi」を選択すると広告なしで時間無制限、回数制限なしの無料WiFiにすぐに繋げることが可能となるサービスを開始しました。これはひとつの知能化都市へのアピールとなることでしょう。
交通局長王聲威氏によると、交通局は公共バスのインターネット品質向上の為、全市26線のバス業者を対象に公共無料WiFiを設置しました。新北市政府は各バス毎に4千元の装着費用を補助し、その後は業者へ毎月の費用を納めます。乗客は新北市のバスに乗車するだけで登録もパスワードも必要なしに、更には煩わしい広告などもない状態でスムーズにインターネットへ接続することが可能となります。
三重汽車客運業者の李博仁氏によると対象となるバスには車内、車外に「新北公車免費WiFi」のロゴステッカーを貼ってあるのでバス内でWiFiサービスが行なっているかどうかはそちらで判断できるとのこと。本来一台あたりの月額レンタル費用は699元ですが、20余りもの業者が一年契約を行なうことで年間六百数万元ものレンタル費用を支払うこととなります。
交通局秘書の吳國濟氏によると現在公共バスで提供しているのは20~30Mの安定したネットサービスとなっており、全車約45人前後同時に繋げても快適な動作をなっているとのことです。
(情報:灣新生報
至る所で無料WiFiが利用出来る台湾は旅行者にとっては本当に便利ですよね。長距離バスも今はWiFi、USB完備が当たり前のようになってきていて、例えば長旅でもYouTubeなどで連ドラなどを見ているうちに着いてしまう。逆に列車などより快適なのではと思う時もあります。でもこんな感じだともっとみんな車窓の景色など眺めずに画面ばかりみてしまうようになっていくのかなとも思いましたが便利なものはやっぱり便利。ありがたさをひしひしと感じます。
(担当特派員:TOPOK号)

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード