独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年9月6日

「詹記麻辣火鍋」の本店は新北市新莊区にあります。、スープは辛いレベルが選べます、香りもいい、辛い麻辣火鍋苦手の15号は「詹記麻辣火鍋」だけ食べれます、だからいつも麻辣火鍋を食べたい時にここしか行きます。鴨血の味もほうか他店とは一味違います。辛い麻辣火鍋苦手の人に一回試すことがお勧めです

詹記麻辣火鍋
住所:台北市中山區南京東路二段178號B1F
営業時間:17:00~1:30
電話番号:02-2508-2080

From1号→相変わらずめちゃくちゃな日本語を強引に使いこなす15号。ここしか行きますの破壊力は結構いすげー笑。「ほうか他店」は同じ事言ってる事に気づいているのだろうか?正しかったとしても「他の他店」。他店だけで伝わります。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 33~36度
台中 曇り 30~36度
高雄 雨  31~33度
花蓮 晴れ/雨 30~33度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2683NTD
1NTD→3.580JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.9.4発表)/08,10,14,15,18,29/第二区ナンバー02
大楽透(2017.9.5発表)/13,17,23,27,33,41/特別ナンバー02
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「恒春豎孤棚を開催、宜蘭の搶孤祭りは準優勝チームも参加」
「恒春豎孤棚」という祭りは142年の歴史があります。昨日恆春の東門城外で開催します、開催時間は今日夜9時に擲筊(ボア ボエィ)して、決めます。参加のチームは地元のチームと去年宜蘭の搶孤祭り優勝チームと準優勝チーム、シンガポールチームなど32チームです。
去年「恒春豎孤棚」参加したチームは地元チームが多数です、去年の優勝は大光観林寺、準優勝は大光社区です。今年新参加のは宜蘭の搶孤祭りは準優勝チーム「羅東鎮公所」と優勝チーム「宜蘭頭城杏輝藥品隊」、8回優勝をもらったの陳進興さんはコーチを担当してるシンガポールチームを参加します。
豎孤棚という祭りには競技会場で、表面に牛の脂を塗った高さ約3.6丈(約11m)の原木が何本も立っており、その上方に「孤棚」が取り付けられます。参加チームは柱に登って競争することです、柱は表面に牛の脂を塗ったなので、すごく登るにくいです、参加するチームの体力、耐久力、技巧とチームとが協力する能力を試します。
柱に登り時に使う縄は全部大会提供します、去年麻縄を提供しました、摩擦力が大きいため、優勝のチームはだった5分で上まで登りました、今年は伝統の布の条を使うことになりました。
「恒春豎孤棚」は霊に「賛成する」をもらえなければいけません、昨日夜9時に擲筊(ボア ボエィ)して、霊「賛成する」をもらえたら、試合が始ることです、代々夜9時30分に始めります。試合が始る前に王中平さん、張秀卿さんと孔鏘さんなど台湾芸能人出演します、あと供物を散らすイベントがあります。
恒春鎮の鎮長盧玉棟によって清朝の沈葆楨さんと一緒に台湾へ来って開墾する人が多いです、しかし一緒に来た人たちは独身が多いなので、亡くなったら拝む人がいなくて、恒春の住民は毎年中元節に済度します。「孤」は貧しい人に済度した供物をあけるという意味です。恒春鎮にいる金持ち人たちは貧しい人たちに普渡供物を散らします、しかし人たちは供物を奪い取ってために、喧嘩や負傷しての事件が多いです、そこで「恒春豎孤棚」の試合で供物をもらうことになりました。
恒春鎮役所によって、日治時代に「恒春豎孤棚」は1度中止しましたが、民国40年(1872年)に再開催しました、.3年開催して、3年休みことがありました。多い観光客引きつけるため、民国96年(2007年)に国際イベントなって、毎年開催することなりました。今回試合用の柱は4本から36本になりました、間中にある柱は霊使うこと、ほうが32本は試合用になります、ほうか県市の市民と外国人も参加することができます。
(情報:中央社
「恒春豎孤棚」は昨日で終わりました。同じ「搶孤」祭りは9月19日宜蘭県の頭城で開催します、搶孤行事の中でも台湾最大の規模を誇るお祭りです。台北遠くないないし、台湾無形文化財産です、一回見に行く価値があると思います
参考サイト:http://j7.lanyangnet.com.tw/tcclimb/(中文)
(担当特派員:TOP15号)

From1号→今日は接続詞には「に」と「の」しか使っちゃいけない縛りでもあるのでしょうか?読むにくいです!清朝の沈さんがタイムスリップして開墾しにくるし、一体全体何の話かようわからんがとにかく「恒春豎孤棚」は昨日で終わりました。←了解!
 
本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード