独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年8月11日

いま一番困っていることはWi-Fiのあるところに行くと携帯が勝手にアップロードみたいなことを始めて、余計なアプリをダウンロードし、都度容量が足りませんとメッセージがでてくること。ほんといらないのでアンインストールをしたところでまた勝手にダウンロードをしている。調べれば解決法はすぐにでてくるのかも知れませんがなんで勝手にやられることで時間を割かなきゃいけないのという不満が募り、ほんと大きなお世話が一番厄介。ほっといて、ってsiri的なものに語りかけてみたりすればいいのかな。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 32~36度
台中 晴れ/曇り 31~34度
高雄 晴れ/曇り 31~33度
花蓮 晴れ/曇り 31~33度

週末のお天気→太平洋高気圧の影響で週末は全台湾晴れ、高温になるとの予報が出ています。熱中症対策をしっかりと行ないましょう。気温は台北28-36度、台中26-34度、高雄26-33度、花蓮27-33度です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2701NTD
1NTD→3.557JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.8.10発表)/01,05,12,22,30,32/第二区ナンバー08
大楽透(2017.8.8発表)/06,09,23,27,34,46/特別ナンバー20

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「ユニバーシアード開幕まであと10日にもかかわらず200元チケットの販売数3割、外国チケット販売数はわずか2963枚」
2017台北ユニバーシアードがいよいよ19日開幕しますがチケットの販売状況が思わしくありません。統計によると8月初め22種目と開閉幕式を合せてのチケット販売状況は4割に満たない状況となっており、イベントが開催される閉幕式のチケットさえも半分しか売れていません。国外での販売率は1%ほどとなっており、ユニバーシアードの観光熱は高くないことが伺われます。大陸客63枚、日本客237枚、市長の柯文哲が今年4月に東南アジア数国へ訪問した際にユニバーシアードの宣伝もしましたがフィリピン16枚、シンガポール17枚、タイ6枚、マレーシア2枚という散々たる結果です。台北の国際的イベントも海外においての食い付きはいまひとつの状況です。
かねてから国際大会を誘致する国家として課題をクリアすべく都市改革に乗り出してきました。例えば都市全体のネットワーク化、エネルギーのクリーン化など都市本体の向上化以外にも、最終的に都市の主役は「人」であるとし、大会前よりも良質な豊かさを持ち、「改造都市」を通して「売れる都市」として、さらには「観光生産額」を作り出すことを目的としています。大会そのもの以外の収益をいかに最大化することが重要な鍵であり、収益のロングテール化もまた大きなポイントとなってきます。政府の試練としてお金をばらまかずとも民間企業をまとめあげ、商業力や創造力を発揮することが必要となってくることでしょう。
8月8日市政府が統計を出したところによると、22項目の大会種目に開閉幕を合せたチケットの総販売枚数は65万7700枚ですが、現在の売り上げ状況は僅か36%の24万412枚とのことです。言い換えれば開幕式まであと10日を切っているというのに、64%ものチケットが売れ残っているということで、非常にスローな販売速度となっています。
チケットの価格帯は、特別な演目が行なわれる開閉幕式の観客席のチケットは500~2000元の価格帯、その他の22種目の大会イベントの「一般チケット」においては一般市民の食事セットと同じくらいの価格帯となっており、200元~300元です。学生や敬老割引もありこちらは最も安くて100元です。しかし数字の面での状況は非常に思わしくなく、国内も国外の販売もストップしてしまっており、大会のブームやチケットの価格だけでは市民を誘引することが難しいようです。
(情報:風傳媒
えー、そんなにチケット売れてないんだ、と思うくらいなユニバーシアードですが確かに街を見ても宣伝はしているはしている、でも果たしてそんなにビックイベントなの?って思ってしまうくらいのいつもと変わりなさです。確かにここへ向けて都市活性化の動きも見られ、便利と感じることもとても多い台北ですが果たしてリターン出来るだけの経済効果は見込めるかと考えるとちょっと首をかしげてしまう感じかもしれません。ただ、リンク先の販売状況を見てみると完売になっている種目もいくつかあり、人気種目とそうではない種目の差が多すぎる。外国販売数もあまりに低い数字がフォーカスされていますがアメリカ1233枚、香港457枚の販売数となっています。それとプチ情報ですがユニバーシアードの期間中、台北市内の飲食店は大変なことになり予約なども取れなくなるかもという話を耳にしました。期間中台北旅行などを予定されている方は早めに旅行プランをたて、予約の確保などをおすすめします。
(担当特派員:TOPOK号)

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード