独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年8月9日

先週末20号はまたバイクツーリングしてきました。今回は台北市内~陽明山(擎天崗)~金山~淡水~台北市内という山道から海沿いの道で気持ち良さ満点のルートですが、合計乗車時間:5時間、走り距離:100KMでして腰もお尻も凝りに凝って月曜日まで痛いはめに。途中、淡水で眺めが良いかつ感じが良いレストランで食事をしましたのでその紹介は後日このブログで公開することになります。乞うご期待を。
017_201708081753269ba.jpg

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ28~37度
台中 晴れ/雷雨28~34度
高雄 晴れ/雷雨29~33度
花蓮 晴れ27~34度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2667NTD
1NTD→3.601JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.8.7発表)/04,,06,07,22,25,37/第二区ナンバー04
大楽透(2017.8.8発表)/06,09,23,27,34,46/特別ナンバー20
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「烏来観光の新たな主役に 烏来トロッコ列車復旧及び車両テスト開始」
烏来トロッコ列車は2015年の台風15号の被害を受け、それ以来運行中止となっていますが、新北市都市計画委員会により7月31日にて第78回の委員会議を開催し、烏来トロッコ列車の復旧に合わせる都市計画案を審議し許可されました。森林管理処に坂とトロッコ列車運営管理の安全性向上をリクエストした上、トロッコ列車は水源管制エリアにも位置しているため、水質に影響を与えないようい廃水処理もしっかりするようにと要求しました。
新北市政府城郷発展局によると、烏来トロッコ列車の始発駅は覧勝大橋の西側に位置し、終点は烏来瀑布に近いところにあり、全長1.6キロメートルで、烏来老街と烏来瀑布を繋げる観光における大事な役割を務めているため、今回は中央政府と協力して、烏来の観光を復興していくと発表しました。さらに城郷発展局は、烏来当地の観光ニーズに応じる同時に、トロッコ列車の今後の管理問題についても解決していくため、トロッコ列車関連施設の土地使用区別を「交通用地」に変更します。総面積1.61ヘクタールの内、0.85ヘクタールを交通用地にし、列車のプラットフォームや車庫、メインテナンス場及び関連施設専用と計画されますが、小売業者やサービス業、飲食店などの使用も許可されておりますが、その使用比率は1フロアにおけて面積の30%以下と許されています。
(情報:台湾好新聞
2年前の台風で烏来は本当にものすごい目に逢いましたね。実はその時20号は10月の温泉旅行の宿を予約しましたが、台風の被害で宿が営業できなくなり、キャンセルをせざるを得ないことになりました。現在は老街や宿などの復旧はできましたが、台風の前と比べたら観光人数はすごく減っているとも聞いています。これからまた台風の季節が迫ってきておりますので、どうか今年も無事に過ごせるように心より祈ります。 (担当特派員:TOP20号)

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード