独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年8月7日

この週末は普段の週末に増して、色々なレストランが激混み状態だったのですが、どうやら明日8月8日のパパの日を前倒しでお祝いしているファミリーがたくさんいたようです。明日は平日なのでみんなが集まりやすい週末にということなのでしょう。台湾は日本よりずっと小さな島国で南北最大に離れた場所でも新幹線では二時間以内で行き来できるので、親族一同が集まりやすいのは確かです。それにしてもファミリーの結束力とイベントの頻度は現代日本と比べると格段に高いのは、台湾生活が長い17号も未だに文化の違いをひしひしと感じるポイントです。定例の三大節(清明節、端午節、中秋節)と一年最大の行事である旧正月以外にも、この小さな島国内で民族大移動が起こる可能性はちょくちょくありますので、台湾の旅行計画の際には巻き込まれる事のないよう、台湾のカレンダーにも注意して日程を決めることをお勧めいたします。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り29~37度
台中 晴れ/曇り27~34度
高雄 晴れ/曇り28~33度
花蓮 晴れ/曇り28~33度
今週のお天気→北部は連日晴れの良いお天気が続きそうです。中部と南部は火曜日以降、毎日午後から短時間の雷雨予報がでています。東部はお天気に恵まれる一週間となるでしょう。連日最高気温は35℃前後の猛暑日が続きますので熱中症対策をお忘れなく!

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2644NTD
1NTD→3.631JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.8.3発表)/01,17,18,21,25,37/第二区ナンバー01
大楽透(2017.8.4発表)/15,16,26,27,39,45/特別ナンバー37
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「限定400名 9月催行阿里山森林鉄道小旅行が発売」
阿里山森林鉄道に乗車してみたいと思っている人々にとって、更に魅力的な選択が加わりました。9月にクルーズトレイン「森鐵深旅行」が4回催行される予定です。限定400名、料金は一人950元、8/5からインターネットで受け付けが開始されました。
9月に実施される予定の「森鐵深旅行」森林クルーズトレインでは、乗客たちに森林鉄道のいくつかの駅の盛衰を深く探る旅を紹介します。今回の旅は森林鉄道の各駅の魅力をじっくり味わうと共に、世界遺産の登記申請を目指すほどの阿里山森林鉄道の潜在力や特殊な登山建築工法などについても理解を深めることのできる興味深い内容です。
「森鐵深旅行」のパッケージ料金は一人950元(森林鉄道嘉義駅から多林駅までの往復乗車券、記念品、ガイド説明費用を含む、昼食料金と旅行保険費用は含みません)。毎回限定100名にて4回催行予定、六歳未満の幼児で座席が不要な場合無料となりますが、記念品はなしとなります。クルーズトレインは9月6、13、20、27日の4回実施される予定です。チケットはすべて事前予約購入方式で、各駅の窓口では発売されません。
遠い昔の日本統治時代に台湾総督府により阿里山森林は開発され、阿里山鉄道が完成しました。初期の運営は資材の運搬のみに利用されていましたが、森林開発業務の発展に伴い沿線沿いに徐々に集落が形成されました。早期の森林鉄道は沿線住民の交通手段であり、生活物資を輸送する為の主要な工具でした。
阿里山森林鉄道に一度は乗車してみたいけど、具体的にどのようにアレンジしてよいか悩んでいる人には、このクルーズトレインの旅をお薦めします。専任の案内人がガイドしてくれる他、記念品ももらえ、朝から晩まで収穫満タンの「森鐵深旅行」となることでしょう。
(情報:NewTalk 新頭殼
鉄道マニアには大人気の阿里山森林鉄道は、世界遺産であるインドのダージリン鉄道にも劣らないと言われる、世界三大鉄道の一つと言われています。17号が初めて乗車した時は、まだ平沼駅まで開通していた時で長旅に備え本や雑誌を持参しましたが、ジグザグに登って行くスイッチバック式の横揺れがひどく、一字も読み進めなかった記憶があります。もう二度と乗ることはないと思っていましたが、一昨年再度仕事で嘉義から奮起湖まで乗車する機会がありました。その時は列車内の座席やインテリアが新しくなっており、左右の車窓から絶景といわれる景色も楽しめました。鉄道に興味のある方は、ぜひ一度乗車する価値は充分あると思います。今回のクルーズトレインの旅では奮起湖の次の多林駅までの往復乗車となりますが、以前のように終点平沼駅まで復旧するのはまだまだ時間がかかりそうです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード