独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年8月2日

日本でも宅配業者のハードワークが問題視されていますが、台湾でも完全週休二日制度が実施されてから各方面に影響が及んできています。台湾宅配業者の大手四社も、日曜祝日は配達停止となるようです。病院でも夜間診療や休日診療がどんどん減ってきていると報道されていました。デパートやその他お店も遅くまで開いていて非常に便利な台湾ですが、今後はますます日本のように画一的な社会になってしまうのではとちょっと心配。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨27~35度
台中 曇り/雷雨26~32度
高雄 曇り/雷雨27~31度
花蓮 曇り/晴れ26~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2654NTD
1NTD→3.617JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.7.31発表)/01,08,09,29,35,38/第二区ナンバー01
大楽透(2017.8.1発表)/02,12,21,30,42,47/特別ナンバー31
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 
<今日のニュース>
「郵便料金が26年ぶりに値上げ  8月より書留料金が3元値上げ 」
中華郵政は8月1日より26年ぶりに、国内郵便料金を引き上げました。普通郵便、速達、書留はそれぞれ3元値上げされました。値上げの理由としては、郵便料金を合理的にサービスコストに反映させる為とのことです。
中華郵政により公布された郵便料金引き上げ方案によると、20グラム以下の普通郵便については以前の5元より8元に改正。速達郵便は12元より15元へ、書留郵便は25元より28元へ、書留速達は32元から35元へと改正されます。
また書留郵便の配達証明付は34元より43元へ、速達書留郵便の配達証明付は41元より50元に値上げされます。
しかし、50グラム以下の印刷物の場合は、普通郵便3.5元より6元へ改正。速達郵便は10.5元より13元へ、書留郵便は23.5元より26元へ、速達書留郵便は30.5元より33元へ、配達証明付書留郵便は39.5元から48元に引き上げられました。
ハガキは2.5元より5元に、簡易郵便は4元より6元に、小包は100グラム当たり10元より12元へと改正されました。
中華郵政では新料金の実施と同時に、金額が無表記の切手、ワンセット2枚を発行しました。その切手セットの一枚は値上げ以前の印刷物の国内基本料金切手、もう一枚は普通郵便の基本料金切手です。
改訂前の切手及びハガキ等は、8月1日以降も差額を補足することで利用可能です。
(情報:中央社
17号が常日頃から台湾で他の物価とも比較して値上げすべきと思うものはバス料金と郵便料金です。今回なんと26年ぶりに郵便料金が値上げされるとのことですが、それもたった3元とか本当に驚きです。改訂前ですが、日本にクリスマスカードや年賀状を送る時などは「印刷物」として扱われるので、1通あたりなんと10元でした。日本の国内郵便より安い金額で国際郵便が出せてしまうのです。その一方で不動産価格は、台北などの都市部は東京並みの価格なので、このアンバランス感に戸惑うばかりです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード