独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年8月1日

昨日は一年に一度の人間ドック。どーも今までのようなスムーズさがなくなってきた我が病院。理由は健康診断に来る人の多さだろう。ここ数年来で最も人が多かった。ただ来てるもので身分が分けられているらしく緑と黄色の半袖チームよりは水色ピンクジャージ大人組は優遇されてるんだけどどちらのチームも使うところをなんかのミスで先に使えないと大変な事になる。今回大渋滞となったのはレントゲン。これ来年一番最初に指定決定笑。そして一般検査フロアの機械を使って検査しないとならないMRIみたいの、アレもどうやら一般人が多いらしいから先にしないとダメ。メモ済み。そうです、1号は毎回診断の順番を自ら指定するベテランなのです。もう病院側もそれを覚えている人がいて自ら聞いてくる。いいぞその傾向(笑)

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/雷雨 27~34度
台中 晴れ/雷雨 26~32度
高雄 晴れ/雷雨 27~32度
花蓮 曇り 26~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2660NTD
1NTD→3.610JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.7.31発表)/01,08,09,29,35,38/第二区ナンバー01
大楽透(2017.7.28発表)/11,13,18,22,38,39 /特別ナンバー03
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台風の日にエバー航空ハードフライト便に搭乗の乗客 まるでスーパージェットコースターに乗ったかのような経験に」
台風9号(ネサット)が台湾に来襲。それにより多くのクルーが天災休暇を願い出たためフライトキャンセルが相次いだエバー航空が論議を引き起こしています。台風の日にはフライトキャンセルが妥当だとは思いますが、労使間の考えは異なります。ある乗客の書き込みによれば今回のフライトでは多くの乗客が急いで帰りたくない、そして誰もが好んでスーパージェットコースターには乗らないと思ったはずだとコメントされています。
台風9号が台湾を直撃した7月29日の夜、連江縣、金門縣以外の全ての都市で18:00以降通勤通学停止措置が発表されました。台風の影響を受け多くの航空会社がフライトキャンセルの決定を下す中いくつかの便だけが正常にフライトを行い、その中の台風ハードフライトに搭乗した乗客がフェイスブックにこの経験を書き込みしたのです。
29日当日、中国内モンゴル自治区フフホト空港を15時20分に離陸したエバー航空便。団体ツアーの日程はこの日に台北に戻るとなっていました。搭乗した乗客によれば搭乗以前からすでに台北市は18:00以降通勤通学停止となる事はわかっていたという事です。しかしフライトスケジュールは15時50分にフフホト空港発、19時20分桃園空港着となったままでした。
桃園空港到着時間が通勤通学停止時間となっている時間だという事を目にした時にその乗客は「エバー航空はそれでも飛ぶことを決めたのか・・・・」と思い諦めの声を発したという事です。そして機内ではキャビンアテンダントから緊張した面持ちで急いで着席するように施され、その際に「私たちは台風と競って、台風よりも先に到着する為に急いで飛びます」と言われたという事です。
フライトは雨もなく無風で穏やかな内モンゴルを過ぎ去り台湾上空に差しかかかった時に誰もが経験したことのないようなスーパージェットコースター乗車体験に変りました。その時の状況を今思い返えせば、多くの人がエチケット袋を握りしめ嘔吐している状態の中フライトはスリル満点なランディングで着陸。幸いにも事故も発生せず着陸したことに歓喜の声が機内に発生したほどだったという事です。
エバー航空の期待の性能の素晴らしさ、パイロットの技術の高さはたたえるものの実際は多くの人が急いで台湾には帰りたくないと思っていたとこの乗客は話していいます。そして誰も好んでスーパージェットコースターには乗らないと。スタッフたちも少しのお金を稼ぐために乗りたくはないだろうとも言っています。
こんな恐ろしいフライトは初めての経験だとしながらもこの乗客は全員無事に着陸し今も生きている事は幸せだと話しています。そして本人は「次のフライトの時に出発地や目的地で何らかの天候不良が発生しているとしたら自分は必ずフライトを変更する!」としています。今回の強行フライトによる恐怖がそうさせるのでしょう。
この書き込みを多くの人がシェアしているようです。そしてメッセージも多数書き込みされていますがその中に「なぜ陸上台風警報が発令されているのに空港はクローズされていないのか?」という書き込みに対して「もし空港をクローズしたらまた台湾人によってにぎやかな場所になるだろ」ともコメント返しの書き込みがされていました。
(情報:上報
台風よりも強い鋼のボディーとハートを持つエバー航空の何が悪い!と言いたいところだけどまあこういう意見もあるんだろうなと。ただフライトを飛ばすか飛ばさないかを決めるのは航空会社だから乗客はそれに従うしかとりあえずの選択はなしだからしゃーないだろって事。で、この人のように次自分が乗る時に出発地または到着地の天気が悪い状態だったら気持ち悪くなりたくないから?乗りたくもないジェットコースターに乗っているかのような気分になりたくないから?自分のリスクで便を変更するなり航空券を買うなりすればいいだけの事。ただし台風休みを基準にモノを考えるのはやめましょう。各自治体発令の全く機能していない通勤通学停止は毎回物議をかまし、今回は発令された夜から翌日一日全部休みって発表されて翌朝7時ピーカンってどーいう予測で発表しているのか?この発令は一般小市民にとってはもはや危険から逃れるためのモノではなく、みんなで楽しむためのハッピー台風休み令的発令になっている方が問題だと思うけど。しかしエバーのクルーの皆さんは台風休暇を願い出てフライトをふっと飛ばしたの?そっちはそっちで問題だと思うけど。
(担当特派員:TOP1号)



プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード