独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

芋仔蕃薯

九份に行ったからには誰もが通るであろう名所の坂道「豎崎路」。
多くの茶芸館が立ち並びますが、みなさんどういう基準でお店を選んでいるんですかね。

本日は入り口からは想像できない絶景が楽しめる台湾料理レストランをご紹介します。

P1180710.jpg
↑この景色、見たことあるある。ですよね。
「九份老街」から商店が立ち並ぶ通りをずっと歩いてきて、この坂道を降りてきたところです。
階段を降りきる前によく写真で見かける「阿妹茶樓」があり、その写真を納めるために、左側の「海悅樓」の手前までいき、写真を撮るかたが多いかと思います。

そして戻ったときにこの洞窟みたいなものが目に入り、なんだろう…と多くの人が思うはず。
この前で写真を撮っている外国人観光客もこの日もたくさんおりました。
でもみんな中には入らない(もったいない。おもしろいのに)

P1180795.jpg P1180713.jpg

OK号も何度か九份に来たことがありましたが、いままで正直ここはスルーしていました。
なんか入ったら出てこられなさそうな雰囲気すら感じるので1号からこの店を薦められなければきっと行かなかったと思う。

P1180796.jpg
だって、突き進んだら↑こんな感じですよ。夜でひとりならちょっと無理。

P1180797.jpg
でも抜けると緑に囲まれた入り口が現れます。ちなみにさらにここを突き進むとなかなかのフォトジェニックスポットが広がるのでぜひそちらも合せて行ってみることをおすすめします。

P1180799.jpg
ほんと洞窟とのギャップがなんともいえないほっとする感じの入り口。

P1180800.jpg
中はほどよい古さがアンティークっぽさを醸し出し、おお、いい雰囲気!と言いたくなる感じです。

P1180802.jpg
テラス席に案内してもらいます。この日はお天気もよかったので期待が高まります。

P1180810.jpg
風が吹き抜ける気持ちのいいテラス席。ぽかんと天空に浮かんでいる感すらあって、

P1180808.jpg
まさかのこんな景色が堪能できました。ほんと予想外。

P1180812.jpg
メニューには日本語表記も。
ベースは台湾料理です。ごはんを食べると伝えたのでこのメニューをくれたのですが、もちろんお茶も楽しめます。
基本大皿料理なので人数が少ないお料理の場合はちょっと厳しいかも。逆に大人数のときは色々食べられるのでおすすめ。

P1180803.jpg

さらに上の階もあるので覗いてきました。

P1180832.jpg P1180815.jpg P1180819.jpg
光の入り方が素敵です。ほんとこの年季の入ったテーブルの色合いなどが味わいがあってとてもいい。

P1180820.jpg P1180823.jpg P1180822.jpg
で、こちらからは九份の人々が暮らす生活ゾーンが一望できます。これはこれでまた異国感があっていいんですよね。夜はそれぞれの家の電気が灯って、また違った雰囲気の景色がみられることでしょう。

<基本データ>
所在地:新北市瑞芳區市下巷18號
(バス停「九份老街」より徒歩約3分)
電話番号:02-2497-6314
営業時間:10:00~20:00

<OK号のちょっとひと言>
いやはや、ほんとに穴場レストラン。豎崎路にあるのにあの喧騒が嘘のようです。この日も日本人の姿はほとんど見られず、地元の方なのかな、台湾人の団体さんが何組かわいわいと色んなものを注文して食事を楽しんでいました。ちなみにどれもおいしそう。上の階の雰囲気も味わいがあってよかったです。次は夕暮れ時や、灯りがついた夜の景色もぜひ見てみたいと思うお店でした。

お薦め度★★★★★(この驚きをぜひ味わってみていただきたい)
料理のボリューム度★★★★★(すばらしいことなんですが、逆に少人数だと食事はしづらいというデメリットも)

(担当特派員:TOPOK号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード