独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

清境農場

中国語でチンヂンノンチャンっていう発音で会話しないとならないので日本人の皆さんにとってはちょっと微妙な音なのが玉にキズは台湾のスイスと呼ばれる場所に行ってまいりました!エキストラであのスンマーセンよりも高い場所へも行くというおまけつき。

1_20170830165634712.jpg
行くまで良くわかってなかったんだけど、結構エリアとしては広いんだなと。とりあえずメイン?の青青草原という場所に入場料を払ってエントリ―。あっという間に通り過ぎたのでよくわかっていませんが映像で大体伝わるだろうという事でご案内。あっ、ここ入場料がかかります。平日はNTD160で、休日はNTD200。

2_20170830165635cac.jpg 3_201708301656373dc.jpg
とりあえず上から下に下ります。で、終了笑

4_20170830165638162.jpg 5_20170830165639724.jpg 6_20170830165653698.jpg
途中色んな植物有。桜もあるらしい。

8_20170830165656bc4.jpg
あーーやっちまった系オブジェ。こういうのあると景観が崩れるからおかないで欲しい。

9_20170830165657424.jpg 10_2017083016565948f.jpg 11_20170830165728685.jpg
とりあえず見える山がなんて山か?はこちらで説明して下さっています。見事に三千メートル級がずらり。改めて台湾の山って結構高いなと実感。

12_20170830165729450.jpg
写真の↓の所に見晴台があって、そこからスカイウォークみたいな歩道で下に更に降りていくようになっている。でも我々はそんなところには要はないのでスルーしたため更に下に行ったら一体全体どこにたどり着くのか?わからない。

13_20170830165731322.jpg 14_20170830165732ffa.jpg 15_201708301657340ef.jpg
中腹あたりからは羊さんエリア。見事な放牧。絶対にウン付きそう笑。

で、ここでいわゆる観光地終了。見晴台の入り口から車に乗って更に高みを目指したら1時間位でここに着く。
16_201708301657499d0.jpg 17_20170830165750020.jpg
18_20170830165752b06.jpg
19_20170830165753e6c.jpg 20_2017083016575521d.jpg
標高3000メートル越えな昆明休憩エリアに到着。あんなに大変な思いして登ったスンマーセンと同じ標高に車で到着。そして矢印の所に車で行ける台湾で一番標高が高い場所があるというではないか。

もちろん行く。
22_20170830165830ce0.jpg 21_201708301658281bf.jpg 23_20170830165831251.jpg
さっきの休憩エリアから車で10分もかからず。矢印の場所へ。

24_201708301658337fe.jpg
3200メートル。半年前に目標にしていた南湖北山とほぼ同じ高さ涙。車で来れるなんて・・・・・。

26_20170830165912010.jpg
こちら合歓山東峰。登れませんが向かい側に合歓山主峰あり。ほぼ駐車場と同じような場所から登山開始で行ったら多分30分ぐらいで頂上に行けると思う。なんて事でしょう、3200メートルの高さの山に普段着であっという間に登れるなんて!すげーぞ台湾。

<基本データ>
住所:南投縣仁愛鄉大同村定遠巷25號
(とりあえず青青草原の住所などのデータご案内)
TEL:049-2802749
営業時間:8:00~17:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
マジ驚愕の事実。こんな標高高い所に車で来れるなんて台湾メチャクチャ太っ腹笑。っていうかここ普通に高山病になる人でてて来るんじゃないか?ってぐらい高い。青青草原ぐらいならまだ標高1800メートルぐらいだから全然OKだけど、さすがに3000メートル越えてくると空気の薄さを感じる。ちょっと動いて息苦しい感ありなのでご注意を。せっかく行ったのに南湖北山に続きまたもや山頂を逃す。見えるところにあったのに・・・。残念。いずれにしても人生において最も標高の高い所に行ったのは間違いない事実である。

お薦め度★★★★★(こんな高い場所滅多に&こんな簡単に行けませんからね)。
スイス度★★★★(台湾のスイスは○、でもあくまで台湾のスイス。スイスに違い訳ではない笑))

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード