独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年6月21日

昨日台北-新竹間の新幹線に乗車したのですが、時間がよめなかったのと距離が短いので事前予約はしませんでした。行きは台北駅に到着後まもなく出発の丁度良い時間の指定席が確保できたのですが、夕刻17時過ぎの戻り新竹-台北間がなんとすべて満席!商務車両(ビジネスクラス)さえないというではありませんか!!自由席に並ぶ(立つ)という方法もあるのですが、たとえ30分でも荷物もあったので、数本遅らせて指定席の確保できる便で台北に戻りました。たとえ平日でも通勤通学時間帯には新幹線は満席になるという事実を学んだ次第です。奥の手だと思ったビジネスクラスも一両(66席)しかなく指定席とあまり料金に差が無いので常に乗車率はかなり高いようです。またとくに始発から遠い新竹などの駅から乗車の場合は、より難易度が上がるので要注意です。次回からはすこし遅めの時間でも必ずチケットを確保しようと誓いました。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨25~32度
台中 曇り/雷雨26~34度
高雄 雨/雷雨28~32度
花蓮 曇り/雷雨25~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2650NTD
1NTD→3.684JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.6.19発表)/06,09,13,21,24,30/第二区ナンバー05
大楽透(2017.6.20発表)/01,12,29,30,33,44/特別ナンバー19
ロトの購入方法など詳しくはこちら
 

<今日のニュース>
「台湾サイクリングフェスティバル 観光局がお勧めする4スポット」
交通部観光局はサイクリングにしながらの海岸沿いの美景、絶景体験をアピールする目的で、台湾内4か所の燈台の特色をとり入れた、台湾サイクリングフェスティバルを開催します。このフェスティバルは三か所の国家公園級風景区管理処及び国家公園管理所一か所が共同開催する「Light up Taiwan極點慢旅」のシリーズイベントとして開催されます。
各種イベントは6月24日よりスタートし、逍遙騎遊、環遊挑戰、南/北雙塔、環島挑戰、雙鐵環島と5コースの難易度に分かれ開催されます。また、スタンプラリー方式で各コースのゴールである4カ所の燈台及び周辺の観光スポットでスタンプを集めることができます。イベントではスタンプラリーイベントのために「臺灣極點活動護照(台湾極點イベントパスポート)」という旅行冊子の発行を予定しています。旅客は自分で参加したいサイクリング系列イベントを選択したり、4か所のスポットのスタンプを集めて回った後、自分だけのオリジナル「台湾極點記念証書」を獲得することもできます。
最初のイベントは6月24日(土)午前7時30分より富貴角燈台にて、逍遙遊、北雙塔挑戰と環島挑戰のスタートセレモニーが行われます。また午後13時からは三貂角燈台にてイベントの完走者の表彰式が開催される要諦です。当日三貂角燈台ではコンサート及び抽選会などのイベントが予定されています。また続いて7月15日は三貂角燈台にて逍遙遊+環遊挑戰、9月2日は鵝鑾鼻燈台で逍遙遊+環遊挑戰、9月16日は國聖港燈台にて逍遙遊+環遊挑戰+南雙塔挑戰,10月28日には富貴角燈台にて環遊挑戰と閉会式が行われます。

(情報:自立晚報
日本もそうだと思いますが、台湾もここ数年サイクリング熱がどんどん高まってきています。前回台湾最南端スポットから台東、花蓮と取材で回ったのですが、本格的装備でサイクリングをしている方々をたくさん見かけました。みなさん有名観光地では一旦休憩されているので聞いてみると、台湾一周の途中で中には日本人の方や中国やシンガポールからわざわざいらした方もおられました。台湾は世界有数の有名自転車のメーカーGIANTの支援もありロードマップや道路整備も整っており、豊かな自然と地形に恵まれた台湾一周は比較的便利でトライし易いのだそうです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード