独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年5月31日

コンビニ密度は世界一と言われる台湾ですが、そのコンビニも他店との差別化を図る為、進化した店舗が出現してきました。
先日発見したのはファミリーマートと台湾のオーガニック食品スーパー天和鮮物とのコラボ店の南海店。(台北市中正區南海路20號)
S__51970055
店内には天和鮮物の有機野菜や冷凍肉、魚介類の販売はもちろん、天和鮮物の調理ブースで提供される軽食や看板メニューの精力湯(エネルギースープ)も店内でイートインが可能です。(天和鮮物の調理ブースだけは24Hではなく10-22時の営業。)今後どんな進化したコンビニが登場するのか楽しみです。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨24~32度
台中 曇り/雨25~32度
高雄 曇り/雨27~30度
花蓮 曇り/雨24~29度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2630NTD
1NTD→3.649JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.5.29発表)/01,08,11,13,20,27/第二区ナンバ-01
大楽透(2017.5.30発表)/07,14,19,30,31,39/特別ナンバ-40
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>「台湾鉄道文創商品 列車型ペットボトル飲料水が大人気!」
6月9日の鉄道節にて130周年を迎える台湾鉄道は、台湾鉄道故事館と共同で「列車型ペットボトル飲料水」を発売することになり、30日に一足先に高雄駅で可愛い実物がお目見えしました。ペットボトル飲料水は、自強号、プユマ号、タロコ号、スマイル号の4種類の列車型があります。同時に収益より十万元を台湾動物緊急支援団体へ寄付することが発表され、野良犬や野良猫の救援対策や医療費として用いられる予定です。

台湾鉄道故事館の執行総監何元富氏によると、現在すでに同じような列車型のペットボトル商品は発売されていますが、ほとんどが四角型で列車の先頭部分の曲線までは表現されていません。今回発売する4タイプはふたの部分を完全に覆うようにデザインされ、よりリアル感のある形になっており、この形は台湾が特許を申請しています。

台湾餐旅サービスセンター総経理である劉建良氏は、台湾鉄道の文創商品は文具など記念品類が主体でしたが、水は生活必需品なので、今回発売する列車型ペットボトル飲料水は鉄道商品がより人々の日常生活に近いものとなり、鉄道節130周年を祝うのに素晴らしい記念となるでしょうと述べました。

4タイプの列車型ペットボトル飲料水は各タイプ限定1000箱、1つ39元にて即日より台湾鉄道故事館のホームページhttp://www.tr.net.twより購入可能です。6月9日の鉄道節開始後は各駅の夢工場と台湾鉄道故事館の各支店にて発売されます。
 (情報:今日新聞NOWnews
コチラのページより実物がご覧いただけます。
ポスターを見る限りではなかなか良く出来ていますね。
鉄道ファンならきっと4種類すべて買い占めたくなるでしょう。
1つ39元と安いので鉄道好きや子供へのお土産にもなりそうですが、なんせ中身が水なので重いことが唯一の難点ですね。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!



プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード