独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

菓實日 Patisserie la Maison de Kajitsu

可愛いデザートに目がない20号は本日、台北のMRT「龍山寺」駅から歩いて20分の住宅エリアにある可愛いお店の可愛いデザートを紹介させていただきます!
なんとこのお店にデザインが特別なケーキがあるそうです。本日もその目当てに来たのですが、龍山寺からまた20分くらい歩きますので、最初「こんな中心から離れるところに可愛い店なんてあるわけなくない?」と疑いました。本当にごく普通の住宅エリアに入ってしばらくして、見た目から日本の雑貨屋さんのようなお店に目が惹かれました。もう見た目から「ここおいしいに間違いない」雰囲気がプンプンしていますので早速入ってみます。

001_2017061610094668d.jpg 002_20170616100948aaa.jpg
店頭です。本当にかわいらしいちっちゃいですがきれいで開放感があるお店ですね。

003_201706161009496a7.jpg
そう。店内の空間はこれだけ!笑。7席くらいです。訪ねたのは平日にもかかわらず、持ち帰りのお客様は絶えませんでした。

004_2017061610095178d.jpg 017_20170616101010016.jpg
入口入ったすぐ右手に持ち帰り用のマドレーヌが陳列しています。1個45元~50元で、味は5種類あります。特別なのはウーロン茶味とライチ味、どれもおいしかったです。

005_2017061610095211b.jpg 006_20170616100954613.jpg
ギフトボックスもめっちゃ可愛いです!女性が喜ばれそうなデザインですね。

007_20170616100955366.jpg
上記のギフトボックス以外に、このテーブルの下に置いているカゴも一個80元でプラスしていただけるとさらにかわいらしいパッケージに変身できます。

008_2017061610095792d.jpg 009_20170616100958ba8.jpg
本日のケーキショーケースの様子。あれ?なんかおかしなもの発見w 謎解きは後で。

010_201706161010009d8.jpg
レジで置いているカヌレ(1個65元)。

012_201706161010037d5.jpg
レジの後ろは厨房の入口。先ほど見ましたケーキやマドレーヌ、カヌレなどはすべてこちらで手つくりしています。清潔感がある厨房でした。

013_2017061610100495f.jpg
本日注文したのはこちら!(左)「珍珠半糖去冰 150元」と(右)「紅亀 200元」両方とも当店の人気メニューです。

014_20170616101006b0c.jpg
「紅亀 200元」
こちらは本日の目当てです。日本の方にしては多分ピンと来ないかもしれませんが、実はこれ、「紅亀粿」という米で作った亀甲の模様のお餅でして、台湾ではお祭りやお供え物として「長寿」の意味がある伝統食の真似です!で、こちらはお店では「紅亀粿」のかわいらしい外見を活用して、めでたいデザートを作り出しました。本体は抹茶スポンジケーキで、中身ももちろんデザート風に改良されて甘酒とあんずの餡に変更しました。この甘酒餡にもう一回びっくりしました。甘酒に苦手な20号でも食べられました。さっぱりしていて、きつくない甘酒の餡です。

015_20170616101007b11.jpg
「珍珠半糖去冰 150元」
こちらもこのお店の創作デザートです。名前は台湾人がドリンクスタンドでタピオカミルクティを頼むとき一番多い注文の仕方「半糖」→砂糖の量は半分、「去冰」→氷抜き。多くの台湾人にとってこれこそがタピオカミルクティのスタンダードですね。(ちなみに20号は「少冰」→氷の量は少なめ。どうでもいいですけど笑)で、このケーキのコンセプトは、まるで本物のタピオカミルクティを飲んでいる感じに召し上がっていただけることですので、中身にはプリっプリのタピオカは入ってます!そして紅茶味の生クリームにキャラメル味のシュークリーム。こちらも意外とさっぱりしていて甘さ控えめで、おいしかったです。

016_20170616101009994.jpg
本物のタピオカミルクティとコラボ笑。このセット本当にメニューにありますよ!タピオカミルクティ単品で注文しますと130元で、セットプライスは250元です。20元お得です。

018_201706161010125e9.jpg 011_20170616101001c60.jpg
ほかに、先ほどレジに置いてたカヌレも手つくりクッキーも頂きました。カヌレはびっくりするほどおいしかったです。右の写真は本物の「紅亀粿」にも使われている亀甲模様のモールドです。あれも販売しているかと思いきや、写真の右のほうにあるトレーのみ販売している模様です。

019_20170616101013e4c.jpg
また、店名のネーミングは店長さんご夫婦は日本大好きだからだそうです。「菓實日」の「菓」は夢が実るように、毎日仕事をしている時は誠“実”にちゃんとやっていく、そしてここのデザートを食べて“日”々健康を守る。

<基本データ>
住所:台北市萬華區德昌街10巷12號
電話:02-2305-5663
アクセス:MRT板南線「龍山寺」駅降りて徒歩20分もしくはタクシーで5分くらい。
営業時間:14:00~20:00、月曜休み

<20号のちょっとひと言>
ここはかわいいだけのお店ではなくてちゃんとしていて心を込めて一個一個のデザートを作っているなと深く感じています。見た目にも味にもいろいろ工夫していますし、パッケージもみんな可愛いです。住宅街にありながらも大人気の理由は納得できましたね。

お薦め度★★★★★(店長夫婦がデザートへの愛情に感心しています。)
縁起が良い度★★★★★(「紅亀」ケーキがさすが看板メニュー。大きいサイズもあります。年配方や目上の方の誕生日などに良いかもです。きっと喜ばれます。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード