2017年05月02日
老梅綠石槽
 

なんか最近ここも絶景ポイントとして注目されてる?らしい
1_20170501135758e2a.jpg 2_2017050113580056b.jpg 3_20170501135801bfe.jpg
4月~5月の期間だけ藻が写真みたいに石の上に発生して美しい緑色になるらしい。今年はなんかちょっと早めに3月から発生したらしいのでとりあえず3月中旬ぐらいから5月一杯ならこの状態見れるって事であともう少し。見たい人は急いでGO。に

4_2017050113580221a.jpg 5_201705011358046a6.jpg
とりあえずまず現場に到着した時に目に入る風景はこの写真。なので到着した時は「うん??これキレイか??」ってなる事は間違いない笑。ただ近づいて行けばそれなりに綺麗さがわかってくる感じ。ちなみにすごい広く長―い海岸線全部がこうなっている訳ではないので規模的にも実際現場に行くとこんなもんかって気にもなる。あまり過度な期待を抱かずに行った方がいいかも。

6_20170501135816fc7.jpg 7_20170501135818fd4.jpg 8_201705011358197ef.jpg
9_20170501135821c3a.jpg 10_2017050113582242a.jpg
駐車場があるんだけど中型バスとかは入れない。よって我々は写真の手順で歩いて現場に行った。これバスで行った日とも多分同じようなルートになるんじゃないかな?メインストリートから歩いて五分位。ワゴン車とかなら駐車場に車入れられるし、公衆トイレもあるからご心配なく。

11_20170501135854095.jpg
藻はこんな感じで結構鮮やか。

12_20170501135855d91.jpg 13_2017050113585703c.jpg
なんだかいい感じな並びの流木もある。大体全部が出てくるとこんな感じにグリングリンしてくるのでシャッターチャンスを逃さないように!

<基本データ>
住所:新北市石門區老梅社區沿海
(MRT淡水駅前または台鉄基隆駅横から淡水客運と基隆客運バスが運行していて「老梅」ってバス停で降りればいいらしい。いくらかはわからんが大した金額ではないだろう。所要時間は90分ぐらいではないだろうか?)
TEL:なし
営業時間:24時間開放(っていうか海だからいつでも入れる)

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここでのシャッターチャンスは干潮時のみ。満潮だとこれ全部水の中だから見えないから!全然そんな事を気にしてない状態でここ行くと全く意味がなくなるのでココ重要。今回撮影した写真のタイミングは9時が満潮、15時が干潮タイミングの丁度間ぐらいの時間に撮影した写真。11時~13時ぐらいの間ここにいたけど、到着時の11時段階ではほぼほぼ見えてなかった。台中の高美湿地同様潮の満ち引きがビジュアルに大きな影響を及ぼすという非常に面倒な場所なのだ。でも一見の価値はあるって感じなので、ここ行くなら近所の富貴漁港とかにも行って新鮮な海の幸も一緒に食べるぐらいな感じの方がいいかも。基本これ以外何もないから。あっ、この周辺粽屋が多いからおやつに粽もお薦め。どういう訳だかミニサイズも販売している。

お薦め度★★★★(ちょっと想像よりも範囲がミニサイズなのが残念)。
みんなの写真がキレイすぎるだろ度★★★★★(うん。行ってみてわかった。絶対みんな修正してる笑)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード