2017年04月04日
2017年4月4日
 

いよいよ連休最終日となり、道路や列車などは劇混み?しているという報道がされてますが、どーなんだろ?実際台北駅では普段より人多いなぁとは思ったけど。で、高速道路は午後から夜にかけて渋滞のピークになるっていう話。高速は通常の3倍の時間は覚悟した方がいいと報道されているので今日車移動の予定の人は頑張って下さいませ。昨日とは天気がいいから外でビールみたいな気分でテラス席がある場所を探したが、台北って思いのほかオシャレなテラス席がある店が少ないという事実も発覚。オシャレじゃない台湾居酒屋や屋台はテラス席っていうか外の席(同じだがなんか違う笑)があるけどそーいうところで飲みたいんじゃないんだ!って事。あっても予約出来ないとかなんだか面倒な感じ。華山1914とかに若干テラス席あるけど、もっと大々的にテラス席を用意してもいいんじゃないか?って思うんだが、誰か商売はじめてくれないかな?昨日は無理やりこの店のテラス席で食べた
「Osteria Amici Miei」 https://www.facebook.com/amici27/
IMG_1185.jpg
国父紀念館の前。なかなか悪くない。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 16~27度
台中 晴れ/曇り 15~30度
高雄 晴れ/曇り 19~27度
花蓮 曇り 16~26度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2629NTD
1NTD→3.650JPY
*3/31最終レートにてご案内

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.4.3発表)/01,13,15,22,26,33/第二区ナンバー06
大楽透(2017.3.31発表)/17,18,22,24,25,38 /特別ナンバー39
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「高鉄基本費用率アップ 交通局は値上げ反対を示す」
交通部は近日中に高鉄(新幹線)の基本費用率を改定する予定にしています。この新費用率で計算すると、台北から左営(高雄)までの往復料金が現在より160元たかくなります。ただしこの基本費用率は価格をアップする為のモノではない、基本費用率をギリギリまで使いきるという事になるだけともしています。交通部は料金が高くなることは利用者が求めておらず、高鉄の役員会でもこのことは検討されるべきで、交通部も株主の一人としてその役員会で価格上昇に反対する意見を伝えると発言しています。
高鉄側は経営コスト、市場競争力、利用者の需要などを全体的に評価した内容で取締役会に報告し、合意に基づき決定すると説明。料金をアップする場合は立法院での審査も必要だとして料金変更は簡単な話ではないとも話しています。
交通部高鉄局からは契約によると高鉄基本費用率の審議は消費者物価指数の累積変動が3%に達した場合い行うとされており、現在その指数が3.11%に達したことから基本費用率を一人一キロ当たり4.009元から4.134元に変更することとなると説明されました。
高鉄料金は財政改革の後すでに値下げを行っており、現在は一人一キロ当たり4.009元を採用していませんが、もし新計算方法を適用し、料金変更する場合は値上げ率は5.63%に達すると試算されています。料金は台北から左営(高雄)までの片道料金が1490元から1570元となり80元値上げ、台北から台中は740元となり、40元の値上げ、台北から台南も1425元となり、75元の値上げとなると見られています。
交通部はBOT契約に基づき高鉄の調整は可能ではあるが上場企業でもある事から決定までの流れに従った決定が必要であるという事以外に、役員会での審議評価の際には、経営コストの見直し以外におととし年末に財政改革の後、値下げを行った事も考慮しなければならない事から、役員会では値上げに反対する立場を表明する予定であると話しています。
(情報:聯合新聞網
何故公的機関が早くも値上げ反対を表明するのかまったくわからない。どう考えても値上げをしなければならない条件が整って言う訳でしょ?だとしたら公的機関がそれを良しとするのが一般的な流れだと思うんだけど、一体どこ見て役所は反対を表明しているのか?全くわからん。別に選挙とかがある訳でもないからご機嫌伺い不要時期だと思うけど。そもそも新幹線は恒常的な財政赤字で経営そのものがヤバいと何度も言われているガラスの経営状態なんだから更に赤字になるような事はしない方が見の為では?いつかてるみ風にいきなり列車動きませんとか、自分で移動して下さい(運転?笑)とかっていう恐ろしい事態とならない事を祈ります(←しつこい?笑)
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード