2017年04月25日
包包 Bunsbao
 

台湾式ハンバーガー的な存在の「割包」。ボリュームある豚の角煮をピタパンで挟み込んだものなんですが、台湾ではいわゆる屋台系B級グルメとして存在しているのでおしゃれ感はゼロな店で買う、食べるが一般的。なのに、こんなシャレオツな画期的な店があったんですねぇ。

1_20170330173601224.jpg
実はもっとオシャレなおっきな店舗があったんだけど、今はこの小さい店しかないらしい(また別の所にオープンさせるつもりだとは言ってたけど)。店の大きい小さいは味にはなんの関係もないので気にしない。

2_20170330173602543.jpg 3_20170330173604da3.jpg 6_20170330173639f68.jpg
どうしてこんな雰囲気の店でこの割包って今まで販売されていなかったんだろう?って今さらながら疑問に感じる。どう考えてもマックやモスに対抗できる台湾伝統ファストフードなのに。で、今逆にふと思ったのは何故モスなどでご当地メニュー的なモノとしてこの割包を提供してなかったんだろう?って言うのもなんとなく謎。

4_201703301736051d3.jpg 5_2017033017360700d.jpg
お店で販売しているモノは非常にシンプルで割包のみ笑。余計なモノを販売するとコストも人でもかかりますからね。これでいいでしょう。材料はこだわりの台湾産食材。で、フレーバーは全部で6個。バンズは小麦粉のみと黒糖の二種類から選べます。一個90元。うん、少々高い(笑)。が、これだけこだわってるんだから妥当な価格でしょう。

行った時は叉焼と照り焼きチキンの二種類を用意してくれました。
7_20170330173640821.jpg 8_20170330173642ec7.jpg
照り焼きチキンを黒糖のバンズで挟む。肉以外に挟まれているモノはタマネギ、キュウリ、パクチーでかかってるのがピーナッツパウダー。ソースはそれぞれのフレーバーごとに変る。で、この照り焼きチキンは何ソース?って聞いたら照り焼きソースって言われた。当たり前笑

9_20170330173643f2d.jpg
こちらが叉焼でソースは?バーベキューソースだそうです。

10_20170330173645d30.jpg
これテイクアウト用のBOX。こういうセンスもなかなかいい感じ。この箱だけでも売れそうな予感。

<基本データ>
住所:台北市松山區南京東路五段66巷2弄9號
(MRT南京三民駅から徒歩約5分)
TEL:02-2756-7606
営業時間:11:00~21:00(月曜休み)

<コーディネーターのちょっとひと言>
正直この割包を何回ぐらい食べたことあるか?って聞かれたら2回ぐらいとしか答えようがないほど縁遠いB級グルメだったことは確か。で、何年ぶりかに食べたけどメチャクチャうまいじゃん!となる。これは是非ロケの移動飯にしたい。まずバンズはフワフワもっちり系。中の肉などの食材の味付けもかなりしっかりした味付けで、逆にキュウリとかがさっぱりさせてくれる感じ。いいいい、キュウリ絶対必要!正直昼飯に一個は少し足りないかな?って大きさなのでマジランチなら一人二個。三時のおやつなら一人一個って感じかな?デリバリー確か30個以上だったような・・・・。20個でやってくれたらかなりな頻度で出動してもらう事になりそう笑。店の番号携帯に登録しておこっと。場所は24時間営業のおしゃれマッサージ「六星集」の裏手。マッサージ行って、後ろのジューススタンドでジュース買って、ここで割包買ってって流れで無駄なく動けるな。良しよし。

お薦め度★★★★★(伝統的なモノを今風にした感を感じる。元々うまいものだとは思うけどこのおしゃれ感で更においしく感じるから)。
手軽に食べれる度★★★★★(時間がないけど台湾っぽいモノをパパッと食べたい時にはマジぴったり。まさに台湾の代表的ファストフード)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード