2017年03月30日
2017年3月30日
 

あと1日でまた4連休です。この4連休はどっかに出かけようと計画を立てる人がいらっしゃいませんか。トリップアドバイザー(TripAdvisor)は台湾に来たら、最も行きたいスポットTOP 10を発表しました。トリップアドバイザー世界最大の旅行サイトで、数億人もの旅行者からの生の声や、旅に関するさまざまな情報を掲載するようなサイトです。このサイトで発表したTOP 10のスポットは以下の通りです。
NO.10 六福村
NO.9 中正紀念堂
NO.8 奮起湖老鎮
NO.7 石門水庫
NO.6 九份老街
NO.5 太魯閣
NO.4 大溪老街
NO.3 日月潭
NO.2 淡水風景區
NO.1 阿里山
(詳しい情報はこちらのサイトでご参考ください→人気スポットTOP 10
ってことは、4連休に上記のスポットに人いっぱい集まるということでしょうね 笑。皆さんもこのランキングを参考にして、旅行プランを立てましょうね!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り18~27度
台中 曇り19~29度
高雄 曇り22~29度
花蓮 雨/晴れ20~26度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2639NTD
1NTD→3.638JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.3.27発表)/05,12,22,34,35,38/第二区ナンバー02
大楽透(2017.3.28発表)/21,22,32,37,42,44 /特別ナンバー38
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台北MRTは子供の日を祝い 児童新楽園4/4無料入園」
子供たちに楽しく4月4日の子供の日を過ごさせるために、台北MRT会社は3月30日から4月10日までにゴム動力ミニカーやパズル軌道車などのグッズを10%オフを割引します。そして4月4日に児童新楽園の入園料はただで、無料で入園できます。あと「雞」不可失ゲームで、いろんな割引なでゲットすることができます。
台北MRT会社は子供たちが好きそうな381MRTパズル軌道車や、音声ゴム動力ミニカー、MRT列車セット、MRTゴム動力ミニカーなどグッズは、子供の日に10%OFFで提供します。多くのグッズは100元以下で、4月4日から、商品コーナーでは一回の会計につき、METRO FAMILYをプレゼントします。
一回の会計につき、200元と300元を消費したお客さんには、夢のテープカッター、コースター、ノートや切手ストックブックなどをプレゼントします。MRTの西門駅、忠孝復興駅、淡水駅、中山駅に設置された商品コーナーでおもちゃを購入するとき、よく探せば意外なサプライズグッズを見つかるかもしれません。
なお、「熊讚兒童月」のイベントとともに、4月4日に児童新楽園に行けば、制限なしですべてのお客さんは無料入園ができます。13項目のアトラクションは全て無料。MRT会社により、園内の安全のため、入園人数が1万5000人次越えるとき、制限をかけ、一部の入り口を閉鎖します。入園人数が1万6000人次を越えるとき、全ての入り口を閉鎖し、入園を制限します。
児童新楽園、科学教育館、プラネタリウム館は合計12日の4月の休日に、コラボで「雞」不可失ゲームを開催します。この三つの施設で中で、一ヶ所でゲームを最後までやり遂げば、5月までのチケットを優待します。例えば、児童新楽園に行けば一回無料入園ができ、入園後ゲームカードに印を残し、印が付いているゲームカードはもう児童新楽園のチケットや他2ヶ所の優待チケットを引き換えることが出来ません。
情報:卡優新聞網
(担当特派員:TOP19号)
子供の頃はよく子供のに日に親に児童楽園に連れててもらった記憶があります。大きくなって、児童楽園はリノベーションをし、児童新楽園に改名して以来、まだ一度も行ったことないです。もう大人だから子供頃にように行きたいという願望はないけど、たまにはこういうところに行って、子供の頃の天真爛漫や純粋さに戻るのもいいことかもしれませんね。
本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード