独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年3月22日

 皆さん、こんにちは!今日からTOP20号として台湾情報を発信させていただきます。台湾に興味がある方にご参考になればと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!
 さて、早速ですが、今日の台湾もチェックしていきましょう~。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨17~24度
台中 晴れ/雨19~29度
高雄 晴れ/雨22~28度
花蓮 雨 18~23度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2651NTD
1NTD→3.622JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.3.20発表)/03,04,27,29,35,38/第二区ナンバー02
大楽透(2017.3.21発表)/08,16,27,32,43,44 /特別ナンバー07
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「金光布袋戯史豔文展示会 宜蘭台湾伝統芸術センタで開催」
布袋戯が好きな皆様に良いお知らせをお伝えします。今年、布袋戯のキャラクター「史艶文」は47周年を迎えるため、3月18日から宜蘭の台湾伝統芸術センタで記念展示会を盛大にやり始めました。展示会は年末いっぱいまで続く予定で、現場では、態々雲林から運んできた百年前の布袋戯ステージや、歴代の史艶文人形、40体の金光布袋戯人形が展示され、布袋戯の歴史と遷移が見れます。展示会の初日ではさらに布袋戯のテーマソングを歌った歌手たちと布袋戯人形の持参した大勢のファンでにぎわっていました。

「史艶文」というキャラクターは多くの台湾人とともに成長してきました。初代「史炎雲」の身長はわずか30センチでしたが、5代目の「史艶文」ではなんと100センチになりました。服装にもだんだん違う文化の要素を取り入れ、デリケートなディテールも増え、極めて繊細な工芸技術になっています。つまり、今回の展示会を通して、人形で起きた変化によって、その時代のパフォーマンス形態や美学、デザインの変化が分かることができます。

全聯善美的文化芸術ファンデーションCEOの李昱駪さんから、「黃海岱先生
と黃俊雄先生から黃立綱先生、野外ステージから劇場、劇場からモニター、布袋戯は現在のマルチエンターテイメントかつグローバル的な時代で更新し続く理由としては、伝統芸術を伝承しながら、新しいアイデアも取り入れ続けるからです。」と言い、また、金光マスコミの理事長黃立綱さんからも、「史艶文はとてもクラシックなキャラクターです。いろんな時代で違う命をさせれば、彼は永遠に生き続けられると思います。」とコメントしました。

(情報:台灣好新聞

皆さん、台湾の布袋戯をご存知ですか?布袋戯とは台湾で人気の人形劇です。最近ではCGなどを使い、人形劇とは思えないほどのクオリティーを示しているのです。その人形劇の中で最も知られているスター「史艶文」は、1970年代の台湾を一世風靡させたヒーローです。布袋戯と言ったら、私の幼いころを思い出しますね。確かにその時はまだステージや劇場で見ていたものですが、いつかテレビでも見れるようになって、周りの男の子がみんな夢中していた記憶があります…。最近は、台湾の若者にこの伝統芸術を忘れないようにするため、布袋戯を楽しみながらご飯ができるレストランや、布袋戯の博物館まで発展しているのですよ。皆さん、時間があったら是非行ってみてくださいね。

(担当特派員:TOP20号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード