2017年02月07日
2017年2月7日
 

台北で一番人気の求人サイトは多分104ってサイトだと思ってる。で、弊社数年ぶりに掲載したらシステムがなんか無作為に条件にピッタリあった人を選んで逆に紹介してくれるんですが(AIがやってるわけじゃないからそりゃーもうすごい数が送り付けられて送られてくる)、その中に70才とか73才って方の履歴書が入ってるんですけど何故?っていうか台湾って定年って何歳なの?って普通に疑問に思ってしまうような方の履歴書が混ざってくる。イタズラかと思いきや中を拝見すると超真剣バージョン。沢山来るけどちゃんとそーいうの見逃さないで見つけてる笑。とりあえずこちらから面接を希望します連絡してみようかな?って気になるし、むしろこんなにもアグレッシブに働きたいと思っている方(求人登録してるってある意味凄い)のやる気は買うぞ!問題は現場に行けるかどうか?弊社初の面接時に体力テストを実施!?(←これやると現メンバーからも落第者が出そうな気が・・・・笑)。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ 15~21度
台中 晴れ/曇り 16~26度
高雄 曇り/晴れ 18~25度
花蓮 曇り 17~23度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2691NTD
1NTD→3.570JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.2.6発表)/02,15,20,21,33,34/第二区ナンバー03
大楽透(2017.2.3発表)/02,11,25,29,30,33 /特別ナンバー20
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「信義区のクラブがまた一軒クローズ。ネットではやるせないと嘆き」
台北市信義区のシンボル的存在のクラブ「Myst」が賃貸契約満期を理由に今月11日をもって営業を終了する事になりました。店側は「光栄なる勇退」と称し、これまでMystを指示してくれていた顧客たちに感謝の意を表しています。これにより台北市のクラブの競争が激しい第一線の場所であった信義区は勢力図が一掃されることになります。
台北市信義区はこれまで北部エリアのナイトライフにおける主要エリアとして存在してきましたが、ここ数年その環境にも変化が生じていました。まず先だってRoom18が今年1月に卒業宣言。それに追随するかの如く、今回のMystの2月営業停止宣言。現状台北市内の大型クラブは同じく信義区内ATT4FUNにあるElektroか東区のOmniだけとなってしまっています。
Mystは2011年10月に営業開始。経営陣にはバーやクラブ、飲食業に関するエンターテイメント業務に20年近く携わっていたATTグループ董事長が関わっており、まさに輝く星のような台北ナイトライフ黄金時代と支えてきました。メインダンススペースと小さなボックススペースを有し一週間わずか3日のみの営業ながら常に入場規制がされるほどの混雑。お酒を楽しむ人、踊りを楽しむ人など多くの人たちが明け方まで楽しめる場所でした。
2014年にSparkがElektroに改名しATT4FUN内にリニューアルオープン。また翌年には東区のLuxyがOmniに改名しリニューアルオープン。このリニューアルの際には億単位のハードのリニューアルを行いアメリカのLive Design大賞を受賞。しかしその事が皮肉にもMystの経営状況を悪化させる原因となったようです。2016年3月Mystの跡地は貸し出されChese Taipeiに生まれ変わる模様ですが再び多くの人たちが集う場所となるか否かはわかりません。リニューアル工事のもまだ未定となっています。
最近のMystは噂では多くの人たちから「音楽のテンションが足りない」「可愛い子がいない」などささやかれていました。多くの過去の来店者がElektroに流れてしまいその環境を打開しようとMystも昨年は多くの有名DJを招聘するなどイベントを開催しましたが、かつての栄光の日々を取り戻すまでには至らなかったようです。
Mystは今月10日、11日に最後のパーティーを開催。なんとその二日間は今までの感謝の気持ちを込めて入場無料とするそうです。すこしでも多くの人たちにこれまでの感謝の気持ちを伝えたいとしています。少なくない人たちがこのクローズを悲しんでいます。ネットでは「時代の流れには逆らえない」「たくさんの思い出が詰まった場所」等コメントが書き込まれています。多くの人たちの声は「一つ、また一つ台北の人気クラブが消えていく・・・」となっています。
(情報:三立新聞網
最も苦手な部類の場所のニュースを取りあえげて見る。そして改めて今回クローズするMystってどこなの?って調べてる笑 なんとATT4FUNの中の店だったらしい。手っきり台北101の下の店だと思ってたんだけどそこはMintだったらしい。更にそんな話は2009年よりも前の話で、上記の文章にも入っていた「SparkがElektroに改名してATT4FUN内にリニューアルオープン」の下りよりも前の話だったことを今知る。そう、むかーしむかしMintがSparkに改名し、SparkからElektroに改名と共に引っ越ししたって話。ハマチからメジロ、でもってブリとかそーいう出世魚的ヒストリーがこのクラブにもあった模様。さて次は何になる?今回の報道でこんなにもたくさんのクラブが消滅している事を知った。そんなに経営が悪い理由がわからない。何故ならタイワンニンの皆さんこーいうところ大好きでしょ!?みたいな。日本から旅行に来た人たちもクラブ行きたいって人結構いますが、今は二つしか有名どころはなさそうです。そのもそもさ、いきなり行って入れるの?ATTの下のクラブの入り口フロア前にいるセキュリティーだかスタッフだかわからない人達メチャクチャ高圧的で怖いからアウェーから来た旅人はそんな簡単に入れないのでは?
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード