2017年02月10日
My灶
 

巷子の中にひっそりと佇む昔ながらの台湾家庭料理の名店「My 灶」をご紹介します。
本当に住宅地の細い路地中で入口が奥まっているのでうっかりしてると通り過ぎてしまいます。
外観

目印はこの看板!「 灶」とは台湾語で台所の意味なんだそうです。
看板

まるでご近所のお宅のようなレトロな引き戸の入口
入口

店内は昔ながらの奥に縦長の空間が広がります。
店内1

日本語メニューも完備なのでオーダーも安心。
料理がイメージしずらい時には店員さんに声をかけてみてください。
日本語が少しOKな店員さんやオーナーのBENさんが日本人の好みに合わせたオーダーをフォローしてくださいます。
メニュー1 メニュー2.

先ずは18 天台灣生啤酒 で乾杯!
このビールは賞味期限が18日限り。18日を過ぎると工場に返品されるというスペシャルなビールです。
18日限定台湾ビール

本日のオーダーは、オーナーのBENさんにおまかせでどれもお店のイチオシのメニューだそうです。
いんげんとホルモン揚げの炒め 380元
インゲンとホルモン揚げ

筍とひき肉、干し蝦、卵のトロミ煮込み 380元
筍米燴蝦

17号のこの日の一番のお気に入り左宗棠鶏 360元
某ホテルの同じメニューより何倍も美味しくて感激♡
左宗棠鶏

33種類のスパイスと3日間煮込んだラー油で調理された麻婆豆腐 280元
何種類ものスパイスが混ざり合った複雑な味とピリ辛ラー油がマッチして余りの美味しさに白ごはんを注文。
麻婆豆腐

辛いお料理のあとにはあっさりめの牛肉煮込みスープ 420元
牛肉以外にも白菜や生姜など9種類の野菜を一緒に煮込んだスープです。
牛肉煮込みスープ

そして〆は名物 My 灶 滷肉飯 80元
ただのルーロウファンではありません。お値段も通常のルーロウファンの約倍ですよね。
こちらの滷肉飯 は豚肉の赤身でなくなんと脂身オンリーが角切りにされてご飯の上に美しく載せられています。
17号は実は脂身が苦手なので本当はパスしたかったのですが、友人たちの強力なるプッシュに断りきれず
一口くちにしたことろ、脂身の脂っこさは全く感じられず口の中でご飯と醤油と一緒にとろけるような何とも言えない食感でした。
その秘密は脂身を二度揚げしてから醤油と調味料でじっくり煮込み、更にその後冷蔵庫で二日ほど保存するそう。
いったん冷せて時間を置くことにより、脂身特有の脂っこさが抜けてた絶品滷肉飯が完成するそうです。
本来ルーロウファンはこのように手間ヒマかけて作られていたそうですが、近年ではなかなかこのような本物の滷肉飯には
お目にかかれません。昔ながらの本物の滷肉飯、是非ご賞味ください。
滷肉飯

<基本データ>
住所: 台北市中山區松江路100巷9-1號
TEL:02-2522-2697
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜21:00 月曜休み

<17号のちょっとひと言>
色々なグルメブロガーのブログで見かけて、ぜひ行ってみたいと思っていた一軒です。
期待を裏切らない、いえ期待以上の美味しさに大大大満足。17号のお気に入り定番リスト
に追加となりました。

お薦め度★★★★★(昔ながらの台湾の家庭料理なら現在17号イチオシのお店。)
レトロ度★★★★★(お料理の味はもとより店内の内装も懐かしのレトロ感満載!)

(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード