2017年01月30日
2017年1月30日
 

旧正月期間のようなお店がやってない状態になった時に必ず発生するマシーン系トラブル。今年はなんと携帯がターゲットに。液晶画面押しても反応しない&上の方から白い線のビビビビビ―現状が発生し、更には勝手にアイコンを押して画面展開。少なくとも6名には用事もないのに電話。そー言う時に選ばれる人も電話してほしくないような方っていうイヂワル度。iphoneお直しセンターは当然休みなので代替機をまずは購入しようと台北秋葉原の光華市場へ。で、到着したら休み(怒)。近くの八徳路でやってる店に飛び込み一番安いスマホいくらトークからの何で買うの?質問に対して現在発生している病状を説明したら「治せるよ!」って言われた。マジで?って感じで携帯渡したらここまで絶対にやってはいけなかったSIMカード外しを断りもなく敢行怒(ダメだった理由:ボタン押せなくても電話はかかってくる。受けれなくても番号は表示されるからあとから掛ければどうにかつながる。が、今SIM外されたらボタン押せないからSIMロック解除番号押せない=相手からの電話までつながらなくなる恐れがあるから代替機を用意するまで出来ない行為だった)。

そうだ、ここ台湾では何かをやる前に「なになにしてもいいですか?」なんて聞かないでやるんだった笑 そんで今度は今度は液晶を外し始めた!中にある小さいねじとか扇風機の風の影響をもろに受けるテーブルの上とかに普通に置いて飛びそうだから心配でじーっとねじを見つめてた。ただ途中でなんかおかしいと思い「ボタン押せない現象と共に、白い線ビビビビも発生してるんだけどってもう一回説明したらそのスタッフが「うん?それは治せない。多分修理センターに行ってもかなりの重症で直るか直らないかだと思うよ」だって。お前すでに液晶外してるだろ!結果インオペになり蓋が再び閉じられる。しかしその後電源入れたら何故か元に戻ってサクサク動く笑 直せないって言ってたけど直ってるじゃん。これは直ってるんじゃないの?って聞いたら、それは一時的に今なんとなくつかえているだけで根本的な修理にはなっていないからちゃんと修理センターに持っていけと言われた。なんだかよくわからない台湾的荒治療で復活?しかし今回の携帯オペは最後はインオペになっているモノの、途中で電気ショック的な刺激を与え、無理やり蘇生させ、根治は出来てないが生きて入れている状態で今日を迎えているということでしかないだろう。クレアの占いよろしくで、少しでも具合悪いと思ったら過信せずに病院へ行け。これは人間だけではなく持ち物も一緒と思い、動いているけどちゃんと携帯の病院へも行くことにする。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 14~20度
台中 曇り 15~24度
高雄 曇り 17~26度
花蓮 雨/晴れ 18~25度
今週の天気→台湾各地とも水曜日以降は比較的安定したお天気となりそうです。晴れ間が見えれば今日の気温よりも若干上がるという感じになるので今週はそんなに寒く感じる事はなさそうですね。春節=春を迎えるって事ですからこれからどんどん暖かくなっていく?でしょう。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2672NTD
1NTD→3.590JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.1.26発表)/02,08,16,17,24,38/第二区ナンバー05
大楽透(2017.1.29発表)/03,08,09,12,14,22 /特別ナンバー46
ロトの購入方法など詳しくはこちら
*2月7日まで旧正月期間の特別ロト「大楽透/春節大紅包」も同時に開催されています詳しく今日のニュースをご覧ください。

<今日のニュース>
「宝くじ人気爆発!大樂透(ロト6)で3人が当選し一人3333万元(日本円約1億333万円)の賞金に」
昨日夜当選発表された大樂透では三人の幸運な当選者が現れ、一人3333万元を獲得しました。台彩の発表によると、当選ロトを販売した売り場は基隆市七堵區の「領你發行」、桃園市中壢區の「怡富彩券行」、そして苗栗縣頭份鎮の「連連發彩券行」との事です。すでに96組が発表され当選数は117に達しています。
春節大紅包は3日間の累計で309組の番号が発表されました。本日も引き続き10個の番号が追加で発表されます。この特別番号10個の発表の際は10個中6個の番号が含まれていると100万元(日本円約400万円)の賞金をもらえるボーナスチャンスとなっており、合計で210組の番号に当選のチャンスがあるとなっています。
春節期間のロトの売り上げは引き続き熱い状態です。このダブルチャンスシステムでの当選チャンスのアップにより平日の4~5倍の売り上げとなっており、ある人は一気に40万元分も購入しています。売り上げアップとなっているのはコンピューターロトだけではありません。スクラッチも合わせて売り上げ増となっています。ある売り場では売り切れとなっているほどで店の前にはいつもより10個も机を増やしてカードを削る場所を用意しているほどです。
また台彩からは旧正月大晦日と旧正月元旦の二日間で台湾大樂透の売り上げは史上最高5.1億元に達したと発表されました。これは通常の4~5倍の数字です。台北市通化街のロト売場「金財神彩券行」のオーナーさんは「大樂透の売れ行きはとてもいいです。今年大樂透のボーナス番号で6.3億元の賞金がプラスされた「春節大紅包」を販売する事になった事で購入者はチャンスが2倍に増えました。当たる可能性が高いと言われる数字を多くの購入者が購入しており、あるロトファンは40万400元をこの数字につぎ込んで購入したようです。当選チャンスが広がっていることからロト買い人気が高まり、私たち業者の業績も平日の10倍近くになっています」と話しています。
台北市士林のロト売場「飛來發彩券行」のオーナーも「たくさんの購入者がコンピューターの自動番号セレクトで大樂透を購入しています。その中で今一番人気の購入方法は「系統七(7つの番号を決めて7通りの6個の数字の組み合わせにする)」で350元を払って7枚購入する方法。「系統十」で購入する人も結構いるのですがこの方法だと1万500元費用がかかります」と話しています。
(情報:聯合新聞網
今日発表になっている一人3333万元当選は通常の大樂透(ロト6)が当選者無しのままキャリーオーバーされていてかなりの高額になっていた所でついに3人が当選って事での3333万元。で、ニュースで説明している旧正月期間のダブルチャンスは別の話なのでちょっと複雑。ただ、いつもは当選発表された数字が当たっているかどうかで決まる(要するに今回の3333万元あたった人の番号だけしかチャンスがない)大樂透(ロト6)は今の期間なら購入した大楽透が外れてもダブルチャンスで別にチョイスされた10個の番号の内6個が当たっていればその当選者数との比率分配(最高100万元)でも賞金がもらえるっていうまたとない設定。規定当選数に達するまで続くこのダブルチャンスは2月7日までらしいので全部見てからはずれかどうかを確認しましょう。弊社入社1年目のスタッフのボーナスはもれなくこのロト6なので旧正月明けに19号が会社に来ないなんて事が起きない事も祈る。

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード