独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2017年1月3日

新年明けましておめでとうございます。
2017もTOP TAIWANをなにとぞ宜しくお願いいたします。
台湾は本日から仕事始め、学校も本日から通常通りに授業が始まりました。年末年始の3連休(12/31-1/2)が終わり、いよいよ旧暦のお正月モードへと本格的に突入します。今年の旧正月は大晦日が1月27日(金)、元旦が28日(土)となり例年より早い為、2017年が明けるとすぐに連日忘年会が開催され、長期休暇へ向けて浮き足立ってきます。今年の政府が発表した春節のお休みは1/27~2/1の6日間となります。この旧正月までの時期に台北を訪れると、ショーウィンドウはどこを見ても赤色一色。街で聴こえてくるBGMは♪恭賀恭賀~♪と同じメロティーを一日何回も耳にされることでしょう。現在台湾は年末セール大売出し中、師走の普段とはちょっと違った台湾を楽しんでみてください。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨20~24度
台中 晴れ/曇り19~26度
高雄 曇り/晴れ21~26度
花蓮 曇り/雨20~25度
今週のお天気→台北は明日からは晴れ時々曇り、気温も上昇し21-28℃の予報です。台中は19-27℃、高雄は21-26℃、花蓮が20-25℃と曇り時々晴れの予報がでており、気温も比較的高くお天気の良い一週間になりそうです。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2668NTD
1NTD→3.599JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.1.2発表)/04,07,09,21,31,34/第二区ナンバ-02
大楽透(2016.12.30発表)/06,07,35,37,38,47/特別ナンバ-12
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾人が選ぶ夢の旅行先は日本がトップ 」
2017を迎え年末年始の三連休の後は1月27日から始まる旧暦の春節休暇がまっています。「Visaカード旅行意向調査」によると、予算を気にしないことを前提として調査の下でも、台湾人が訪れたい旅行先は日本が42.2%、北欧25.6%、フランス23%と、日本がトップという結果が出ました。日本への旅行は体験型の旅など多様化してきており、それも台湾人が最も好む旅行先になった原因の一つとみられています。

近年「テーマ旅行」が注目され、台湾の旅客は海外旅行の計画を立てる時、旅行のテーマを重視する傾向にあります。日本の自然の美しい景色、テーマパーク巡り、ショッピングとグルメなどが台湾人に人気のテーマです。このテーマ別結果からも日本がなぜ人気旅行先のトップとなるのかがうかがい知れます。調査結果のトップ3は:テーマパーク巡りは東京がトップで79.5%、ショッピングも同じく東京がトップの67.9%、リラックスリゾートのトップはバリ島で66.1%でした。

2017-01-03_104023

この他、クレジットカードでの支払いが可能だということが、台湾人が海外旅行する時の無くてはならない条件にもなっています。調査の結果によると、海外旅行時4人の台湾人のうち、3人近く(73.9%)がカードで支払いをしています。その中でも自由なフリープランで旅行する旅客のクレジットカードへの依存率は高く、最も多く使われているのは航空券購入(87%)と宿泊(77.6%)でした。
台湾の消費者が海外旅行時にクレジットカードを使う事を好む大きな理由は、「大金を持ち歩かなくてよい」(70.2%)、「クレジットカードを利用するとポイントが付いたり、キャッシュバックの特典がある」(43.2%)、「高額消費額の支払い」(39.8%)でした。

 (情報:三立新聞網
台湾人の旅行先として相変わらず根強い人気がある日本ですが、予算度外視の条件の中でこれだけ日本が上位に入ったのには驚きました。しかも東京だけでなく、自然体験の北海道、文化芸術の京都もランクインしています。日本の各地方都市もインバウンド誘致に熱が入っていますので、今後ますます日本のまだ知られていない新たな魅力を世界へ向けてアピールして欲しいですね。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード