冬の期間が短い台湾でも、やっと寒い時期に入りましたね。台湾の寒さは、何というだろう、日本ほど寒くはないけど、むしろ一年通して平均暖かい気温で、ただその中でも極端に寒い日があって、そんな時はもちろん暖かい料理を食べるでしょ!!台湾の冬料理といえばもちろん鍋は外せませんね。台湾人はとにかく鍋料理大好きで、人気店では夏でも行列ができるくらいみんなに愛されてますから。でも今日19号が紹介するのは鍋料理ではなく、冬にぴったり、一口食べたら体に染み込んで、ポカポカになるような一品、、それが雑炊です!「雑炊って極普通の家庭料理じゃん!」って皆さんが思うかもしれないけど、今日19号が紹介するのは、一ヶ月前じゃないと予約が取れない、いつ行っても行列が途絶えることなく、ちょっと贅沢な雑炊専門店です。
1_20170123111720eb1.jpg 2_201701231117223cc.jpg
お店に辿り着いた途端、、
出たー!!
台湾あるあるその1、看板の前になぜか謎の布旗がある。。しかもど真ん中にあるってどういうこと?一体誰がつけたの?店側の人もそれでいいの?っていろいろと不思議、、多分そこを気にしなくても行列が絶えることのない人気店だから、ますますここの料理を気になってきました!よーく見てください、お店の前の大勢な人々、みんなここの雑炊を食べるの待ち構えてるんですよ!1ヶ月前に予約してくれた友達のおかげで、すんなりと中に入ることが出来ました。
3_20170123111722a9d.jpg 4_2017012311172484f.jpg
店内は満席でこんな感じでめっちゃ賑やかです。
5_20170123111725aca.jpg
また出た!!!
台湾あるあるその2、メニューが貼ってるところなぜか前にドッガンと冷房が置いてありました。性格がきちんとしてる日本人からすればありえないと思うかもしれませんが、性格はちょっと適当な台湾人はそんなことをあんまり気にしないです。笑 
6_20170123111727ae2.jpg 7_201701231117282db.jpg 8_20170123111730e47.jpg
10_2017012311173143a.jpg 11_201701231117330cc.jpg 12_201701231117340c5.jpg
14_201701231117361f6.jpg 15_201701231117371a4.jpg
ここは雑炊専門店とはいえ、メニューの内容は意外と豊富です。雑炊から熱炒店(台湾風居酒屋)が出てくるような料理がいっぱいです!ここは雑炊専門店なのか、熱炒店なのか、分からなくなるぐらい熱炒店料理が多いです 笑。
16_20170123111739d2c.jpg 19_201701231117438a5.jpg
さてさて、ようやく主役が登場しました。これは蟹みそ入り雑炊(招牌蟹膏粥)です。中にはエビ、肉団子(黒いのは黒墨入りの肉団子です)、カニは別の注文になるので、もし雑炊にカニを入れたければ、プラス250元で注文できます。こちはは4人分です。4人分にしては結構ボリュームあります。
18_20170123111742f26.jpg 17_20170123111740442.jpg
これは、ホタテ入り雑炊(極品干貝粥)です。写真ではちょっと見づらいですが、ホタテはいっぱい入っています。エビもたっぷりで、もちろん肉団子もたくさん入っています。両方美味しいですが、19号はやっばり蟹みそのほうが好きです。なぜかというと、やはり蟹みその味が濃厚で、たまらないですね!!そして見た目ちょっと怖い黒墨入りの肉団子もすごく弾力があって、ジューシーだし、美味しかったです。
20_20170123111748579.jpg
それもそのはずです。なぜかというと、ここで使ってる肉団子は、昔チャンピョンをとったことある有名な主播楊中化爆漿大貢丸です。
21_201701231118071b8.jpg
雑炊の次に他の料理もどんどん運ばれてきました。
これは(金牌油雞)です。見た目はまあまあだけど、一口食べたらその肉の柔らかさにビックリ!!!あんまりの美味しさに箸が止まらなかったです。
22_20170123111808ace.jpg
これは、揚げ卵豆腐(招牌蛋豆腐)です。外はちょっとカリッとするけど、中はふわふわです。
23_20170123111810f2f.jpg
この睡蓮と豚肉の炒め(水蓮炒肉絲)は、食感がシャキシャキで、さっぱりした味だけど普通に美味しかったです。
24_20170123111812c6a.jpg
次この料理は19号の好物です。ネギと牛肉の炒め(蔥爆牛肉)です。この料理はとにかくご飯との相性が抜群、これさえあれば、ご飯が何杯もいけそうです。
25_201701231118131d8.jpg
最後の一品はイカとバジルの醤油炒め(三杯中卷)です。これはごま油、醤油と酒などの調味料を使ったイカの炒め物です。バジルが利いていてて、イカもかなり新鮮なので、柔らかかったです。同じの調理法で他にも鶏肉、エビ、ホルモン、エリンギやカエルなどの炒め料理があります。そう、カエルです!ほとんどの日本人は食べたことがないかもしれないけど、台湾人はカエルを昔から普通に食べてます。食感は鶏肉に近いが、鶏肉より弾力があります。興味のある方は是非お試しください。
26_201701231118144e1.jpg
こんなに食べて、8人で割り勘でたったの400元です。かなりお得で、胃も心も満たされて満足でした。
<基本データ>
住所:新北市板橋區中山路一段160-3號(本店)
電話:02-2952-8827
営業時間: 月曜日~木曜日11:30~14:00、17:20~23:00(ラストオーダー13:30、22:30)
金曜日11:30~14:00、17:20~翌日00:30(ラストオーダー13:00、24:00)
土曜日~日曜日11:30~14:00、16:00~翌日00:30(ラストオーダー13:00、24:00)

<19号のちょっとひと言>
全体からいうと、料理は全般的に美味しいですが、ただ店員さんが全員機嫌が悪そうです。 笑 まあ、これも繁盛店の特徴の一つかもですね!とにかくここに来れば美味しい料理を頂けるの間違いなし!待ちたくなければ先に予約するのお薦めです。ただ毎月の25日に来月の予約を開放するので、いつでも予約できるわけではありません。予約したい方はお早めに!
お薦め度★★★★★(ちょっと贅沢な雑炊を食べたい方にはかなりお薦めです)
お手頃度★★★★★(料理美味しいし値段も安い!)

(担当特派員:TOP19号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード