独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年12月13日

ネタを探したときに急に友達からベイちゃん引退する!っていう情報が入りました。誰?と一瞬思っちゃいましたが、ベビースターのキャラクターですね。そういえば、ベビースターは台湾でも販売してますが、なぜか「模範生點心餅(優等生のお菓子)」に命名されました。食べたら優等生になるよ~的な考えでしょうか?
ただ、台湾でこんなラーメンスナックといえばベビースターじゃなくて、『科學麵』です!台湾人なら絶対食べたことある、王道中の王道です!こんな感じです↓
科學麵外面 科學麵內容
中身はメンの塊と味付け粉が入ってます。すごくシンプルですが、美味しいですし、止まらなくなります。そして何よりも安い!16号が子供の時は確かに一個4~5元くらいでしたが、その後6元になり、8元になり、今は10元まで上がりました。それでも相当な安さです。子供にとっては最高なおやつです。ちなみに、『科學麵』の定番包装はおじいちゃんと宇宙飛行士の2パターンありますが、子供の時から皆が自然とおじいちゃん派と宇宙派に分けます。ネットではおじいちゃんのほうが美味しいとか宇宙のほうが粉が多く入ってるとか色々噂があります。食べ方も人によって全然違いますから、色んな派閥が出てます。ま、中身は全く同じですけど、それもそれで面白いですね。皆さんも次コンビニやスーパーで見つかったら、是非買って食べてみてください!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 18~23度
台中 晴れ/曇り 18~25度
高雄 晴れ/曇り 20~26度
花蓮 曇り/雨 20~25度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2678NTD
1NTD→3.587JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.12.12発表)/05,11,15,20,26,31/第二区ナンバー04
大楽透(2016.12.9発表)/12,28,38,42,44,49 /特別ナンバー02
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「彰化民宿法を緩め 古い三合院が新生する」
彰化県政府は文化観光を推進するために民宿の設置政策を緩めました。今年鹿港や田尾などのところでは7軒の業者が民宿審査に通りました。県政府が指導する彰化県民宿協会も昨日(12日)に成立しました。将来は田舎の三合院(台湾伝統的な建築、コの字をした住居スタイルです)と古民家を民宿にリノベして地方観光に活力を与えるように推進します。
彰化県民宿協会は昨日埔鹽郷人文風青庭園民宿で成立大会を行いました。大会に出席した彰化県県長魏明谷さんによると、民宿協会が成立した後に、娯楽や産業、食宿など異業種の資源を全部統合し、さらに良質な旅行サービスを提供します。行政院長林全が今日(13日)鹿港に訪問して鹿港国家風景区プロジェクトを応援すると魏さんから予告しました。
彰化県は1月から民宿政策を緩めました。彰化市と員林市以外、「辺鄙地区」の条件に符合する各村町には民宿規定を設置して、鹿港や田尾などの地区にあった不合法の民宿を県政府の指導の下で合法にします。
県民宿協会理事長許さんによると、彰化県は全台民宿協会の最後の1ピースです。協会の成立は一番遅いですが、彰化県は鹿港古鎮と田尾公道花畑など豊富な文化資源を持ってます。これからは彰化の産業と連動し、観光を推進します。
行政院観光発展推動委員会の黄さんは、中国客が減ることで一部の観光業者が心配しますが、実際今年に非中国客の成長率が13.6%まで上がりました。今までの6%と比べると、今年で国際観光客が大幅に増えることが分かります。さらに12月に観光客数が1000万人突破しました。明らかに非中国の国際観光客がまだまだ開発する可能性が大きいですから、台湾の観光はこれからも好調だと確信します。
ただし、民宿業者は政策がまた緩める空間あると発言しました。鹿港鎮二鹿行館の責任者林さんによると、民宿政策には一般の民宿が総面積150平米の部屋を5室しか作れないという規則があります。特色民宿は総面積200平米以内の部屋が15室まで設置できます。林さんが管理する古民家は面積が広いですが、この規定にまだ合わないです。観光を推進するため、もっと基準を緩やかにすべきだと言いました。
(情報: 聯合新聞網
民宿問題はこの前はニュースで少し話しましたが、現在台湾で合法の民宿は実は少ないです。特に台南と台中みたいな、最近観光が発展する地区、それか彰化や南投など徐々に注目され始めてる町では、ほぼ非合法です。それは法律の規定で色々難しいですが、こちらの地区の観光発展によって、だんだん民宿問題が重視されてます。台南市政府が市内一部の地域と安平を特殊観光地域に設置せる方案を中央政府に何年か前から提出しました。今年で成立しました。それで特殊民宿法に適用になり、現在台南にある数多~くの民宿が合法になりえます。今回彰化県のやり方は違いますけど、本質も同じですね。ただい、台南市でも彰化県でも、果たして本当に病症に応じて投薬してるでしょうか?単なる目先の利益にとらわれた考え方でしょうか?自分から見ると、かなり微妙です…
(担当特派員:TOP16号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード