2016年12月09日
2016年12月9日
 

渡辺直美さんが日本地区の台湾観光親善大使に任命されました。
インスタグラマーとしても大人気の直美さん、17号ももちろんフォローしています。
直美さんはお母様が台湾人の日台ハーフで台湾生まれ。幼いころからよく台湾ですごされているのでたくさん台湾の魅力もご存じでしょうし、それに加えて直美さんご自身のインパクトとビビットなカラフルさが合わさり、日本全国に台湾の魅力を強力に発信してくださることでしょう。今後の直美さんの活動に注目!!!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り19~22度
台中 晴れ/曇り19~26度
高雄 晴れ/曇り20~27度
花蓮 曇り/雨21~23度
週末のお天気→北部と東部の週末は両日とも雨の予報、気温は19-22℃で推移する見込みです。中南部はそろって晴れ、気温も高く19-26℃の予報がでています。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2698NTD
1NTD→3.561JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.12.8発表)/01,08,16,18,22,30/第二区ナンバ-06
大楽透(2016.12.6発表)/27,30,32,41,44,46/特別ナンバ-42
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台北2階建て観光バス 年末スタートに向けラストスパート! 」
台北市觀傳局は8台の二階建て観光バスを用意し、市内の南北ルートと東西ルートの2つのコースを最低運賃300元にて提供することを発表しました。すでに交通部の関係部署の同意も得ており、車両も完成しています。二階部分の三分の二の37席がオープンエアとなっており、現在車両は最終点検中で12月31日からの運行を目指しています。

観光バスは柯市政府の「観光ABC」政策の中の重要なポイントであり、台北市觀傳局は今年6月より三重客運、e-go台灣租車旅遊集團,三普旅行社などの業者と契約を進めており合計8台の2階建て観光バスを運行する予定です。

台北市公共運輸處によると、観光バスのコストは観光の性質上、バス内に音声ガイドの設置や、車内乗務員、イヤフォン、wifi、クレジットカード支払への対応など一般のバスよりもかなり高くなると説明しています。
路線は東西を走るA路線と南北を走るB路線に分かれています。A路線は台北駅を出発後、西門町を経由し信義路に沿って進み、世界貿易センタービル、台北101を通過後、忠孝東路を走行し最後に台北駅へと戻ります。B路線は同様に台北駅を出発し西門町を経由し中山北路を走行し、中正紀念堂、故宮博物院等を回ります。
注目のチケット料金は、現在のところ業者より提案されている料金は、半日チケット300元、1日チケット700元、2日間チケット1200元、また昼間のデイチケット500元、夜間のナイトチケット400元となり、最終審議を経て確定される予定です。
e-go台灣租車旅遊集團の徐総経理は、路線のルートと料金は問題なく通過すると予想しています。まだ一般に披露されていないバスの車体はすでに完成しており、最終点検中で問題なければ年末のスタートを目指すとしています。また、台湾の気候に合わせ、2階部分の3分の2の座席である37席はオープンエアとなっています。
一台の観光バスのコストは少なくとも1400万台湾元かかるので、台北市觀傳局からは最低料金を300元以下にするようにとの要求がありますが、この料金では収益が望めません。しかし重要なのは政府の観光政策に協力することなので、全体の6-7割は国外からの観光客の利用を目標としています。

旅行業界では、海外の観光バスと比較しても300元という料金は非常に安価ですが、現在の観光客は個人で回るフリープランが多いので観光バスとMRTは重複するのではとの意見もでています。しかもMRTの一日乗車券は150元なので、ビジネス客が仕事の合間の観光に利用するくらいで一般の観光客は観光バスを選択しないのではないかと心配する声もあります。
(情報:中時電子報
高雄に先を越された二階建て観光バスがいよいよ台北にも登場!!
ウワサは聞いていましたが、まさかこんなに早く年内にスタートするかもとは驚きです。
どのくらいの時間間隔で運行されるのか、途中の降乗車は自由なのかなど詳細はまだわかりませんが、この金額なら観光客の方々もどんどん利用されると思うのですがどうでしょう?
いきなりこ飛び込んできたこの情報、来年の取材は二階建てバスがMUST指定になりそうでちょっぴり楽しみでもあり、そのうち見るのも嫌になるかもとちょっと心配でもあります。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード