2016年12月08日
2016年12月8日
 

15355590_10154712350652768_1169574778372591428_n.jpg
4年ぷり嘉義に行きました、噴水池ロータリーの高い台座は鶏の銅像から呉明捷投手の銅像に変えました。KANOの関係で、観光客も多くなってます。噴水池ロータリー近くあるお茶屋さん「御香屋」、、グレープフルーツグリーンティーが美味しいので、15号は嘉義で好きな店()(の)一つです、元々人気な店ですけど、いまもいっぱいいっぱい(これ笑えるなぁ。相当人手不足風)です、早くでも30分待たなければいけないです。自分好きな店は人気なるがいいですけど、人が多ずきて食べなくなるや待ち時間が長くなるが困るですね

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨  20~22度
台中 くもり22~25度
高雄 くもり24~26度
花蓮 くもり22~24度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2711NTD
1NTD→3.544JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.12.05発表)/13,23,30,32,33,35,/第二区ナンバ-08
大楽透(2016.12.06発表)/27,30,32,41,44,46 /特別ナンバー42
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「百年老舖「洪芋頭擔仔麵」閉店」
台南の擔仔麵は百年歴史があります、当時創始者洪芋頭さんはてんびん棒を担いで街売り歩いた、いま擔仔麵は台湾の小吃一つ代表になります。洪さんが逝去した後に、後代は「洪芋頭」、「度小月」二つシステムに分けて経営してます、しかし台南の西門路にある「洪芋頭擔仔麵」は最近閉店しました。
台南の民權と西門交差点に通っての民衆は「洪芋頭擔仔麵」の看板なくなることを見ました、公式サイトとフェースブックファンページは「閉店しました」書いてます、電話も使っていません。隣近の人から言って、三代目の女将洪吳さんが亡くなって、四代目は閉店することを決めました、先月に閉店しました。
台南擔仔麵の創始者は洪芋頭さんです。西年1895年下関条約契約する同年に彼はエビスープ、ニンニク、黒い酢、もやしと油麺、最後に醤油煮した細切れ豚肉上にかけて、これで特有な台南風味の台南擔仔麵が完成します、この味百年伝承します、台南に最も代表性の小吃です。
台南擔仔麵は出す前に、先にお湯で碗をかけます、煮えた油麺、もやしを入れて、エビから作ったスープ、黒い酢、ニンニクを入れて、最後醤油煮した細切れ豚肉かけるます、独特な風味持ちます、無数な人の口を征服します。亡くなった詩人楊乃胡さんは擔仔麵褒めるため、「米粉細絲與麵條,雅賓環繞饜宵宵,谷都食譜添佳點,一段豚香芳味饒。」という詩をつくりました.
洪芋頭さんの曾孫洪秀宏さんからよって、曾祖父は当時水仙宮でてんびん棒を担いで売り歩いた、好評をもらいました。日本の官吏は彼に官邸まで麺を作ることを誘いました、日本天皇の弟も食べたことがありました;当時の郷紳は夜ご飯時に、低いテーブルで友人と擔仔麵を食べることが好きです、それからたくさんの高位高官と外国の観光客も食べに行く、擔仔麵の地位を打ち立てました。
洪芋頭さんなくした後に、老舗は二つなって、1972年に正式分けました、三代目長孫洪振銘さんは「度小月」の商標権を得て、長幼の順序第3の孫洪東英さんは祖父の名で店「洪芋頭擔仔麵」を作ります、店それぞれ忠実なフェンがいます。「洪芋頭擔仔麵」三代目洪東英さんが亡くした後に、妻洪吳さんと娘二人は引き継ぐ、店の従業員たちはすごい長いので、みんな娘二人の子供から大人にまで見てます、しかしとしになって、みんな定年退職しました。洪東英さんの姪によって、去年に洪吳佳さんが亡くした後に、商売がだんだんにっ悪くなって、また姉妹はそれぞれ人生の計画があるため、苦しい決定ですが、閉店ことを決まりました,美味しい味は人間記憶の中で残すになります。
記者も洪氏姉妹に連絡を取れることできません。「度小月擔仔麵」四代目張さんは「洪芋頭擔仔麵」を閉店することを実証しました、しかしあまり連絡しないので、この以外ことを話したくないです。観光客は老舗が閉店することを知らせて、かなり残念に思ってます、いま記憶と写真で探すしかありません
(情報:聯合新聞網
15号まえ食べ行ったことがあります、洪芋頭擔仔麵は「度小月擔仔麵」みたい名前は人によく知ってるじゃないけど、美味しいさは負けないです、肉燥飯の味も自分特有な香りがあります、いい店です,続くできないのこと惜しいです
(担当特派員:TOP15号)

From1号
とにかくツボったのは突然の「フェン」!後はあの訳わからない詩を何事もなかったように中文で放置した潔さ笑

本日もクリックお願いします!



スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード