独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(日月潭)向山遊客中心(ビジターセンター)

日月潭らしい美しい湖の風景からスタート
1_20161207203019601.jpg
ここは水社碼頭っていう船着き場なんだけど、ここから車で15分ぐらいの所にあるとてもも体内ぐらいな立派な建物を今日はご紹介しましょう。

2_20161207203020543.jpg
もうさ、何回日月潭に昨年行ったかぐらい行っちゃったことは小さな巷で知られていますが、ここは通過してただけで、通過するたびに「この石の塊何っ?」ってな印象でしかなかった建物だったんだけど(通り過ぎる時に道路から見ると全然ちゃんと見えないからマジで工事中の何か建物?っていう風にしか思えない)、なんと世界の安藤建築だと説明を受ける。ココを訪問する機会を与えて下さったトップスターに感謝。

3_20161207203021ab2.jpg 4_201612072030230eb.jpg
なんか以前安藤建築は△にこだわってるからどこも△に見えるようになってるって説明を受けたような気がするんだけど、この建物のどこに△があるのか?空を見上げると△に見えるって事かも??当然建築物によってはデザインが異なるので全部が△ではないんだろうけど、なんか一生懸命△を探してみたくなるぐらいどちらかというと優しい緩やかなフォルムのコンクリート打ちっぱなし。これはあそこも同じような感じだったな。前回訪れた安藤建築はこちら→「亞洲現代美術館」でさ、やっぱり違ったよ。何か違うと思って調べたら團紀彦さんって人だった。しかし建築物の仕上がりでなんか違うって思う事が出来るようなレベルになっている自分をエライとも思った笑。アンドゥの事なら結構わかってるらしいw。

5_20161207203025b2e.jpg 6_20161207203038f78.jpg
駐車場から入って左側にこういう坂道があってそこがフォトジェニックな場所となっておりやす。左=下から見た図、右=上から見た図。

7_201612072030397fd.jpg
これ登ってったカーブの所。この左の先が屋上テラスみたいになってるはずなんだけど、仕事で行っちゃって更に時間がなかったもんだからこんな広い所なのに写真撮った範囲しか実は見に行けなかったという悲しい事実。もうちょっと増やしたい。再びの日月潭訪問時に写真ゲットできたら追加。

<基本データ>
住所:南投縣魚池郷中山路599號
(水社碼頭から車で15分)
TEL:049-285-5668
営業時間:9:00~17:00 

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここって単なるビジターセンター。その為だけにこんなすごい建築って超金あるじゃん!って感じ。サービスカウンターなんて超ミニスペース。後はカフェがあるだけでこの豪華さ。何故??ちなみに入場料かかる訳ではなく誰でも気軽に立ち寄れる、そう、道の駅のような場所。って事で考えたらもう少し商業施設を入れてみてはどうだろうか?とは思うもののそんなことしたら今度はせっかくの雰囲気をぶち壊しそうなモノの数々がラインナップしてきそうでもあるので今のままが無難かも?ここは日月潭に行ったら通り過ぎず立ち寄るべきインスタにピッタリな場所です。そうか、今の時代はインスタジェニックって言うんだ。GO!

お薦め度★★★★★(全部見てないけど写真撮るだけでも楽しい))
イライラする度★★★★★(逆に誰もいない状態で撮影したいのに絶対に人が入る。しかも変な服の人!なのでイライラ必須笑))
(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード