独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年11月29日

資金不足から今年の大みそかの開催が危ぶまれていた、台北の風物詩ともなった101ビルのカウントダウン花火ですが、やっとのことで何とか開催が決定したそうです。新たなスポンサーとして名乗りを上げたのは台湾観光局を始め、金融業者、中小企業などで、それらの協賛を得て今年も238秒間のライトと花火ショーを開催できることになったそうです。報道によるとこの発表で大晦日のスケジュールをもう一度見直す人も出てきているそうですが、一番ホッとしたのは101周辺のホテルではないでしょうか? すでに花火ビューのお部屋は満室だそうですので、中止になったらかなりの痛手になりそうですね。また一方でMRTや警察の方々など今年も年越しで仕事が確定し方々もいらっしゃるでしょう。開催日一ケ月前の直前決定だけに、本当に今年で最後になるのではと危ぶまれる中、17号は大晦日台北でしっかり観賞しようと決意しました。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨19~24度
台中 曇り/雨18~24度
高雄 曇り/雨22~23度
花蓮 曇り/雨20~22度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2753NTD
1NTD→3.492JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.11.28発表)/13,18,26,30,32,36,/第二区ナンバ-03
大楽透(2016.11.25発表)/01,03,22,28,37,42/特別ナンバ-10
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾新幹線 第四億人目の乗客にビックプレゼント! 」
台湾高速鉄路が開通し第十年目に入り、累計乗車乗客集は今年の12月上旬には四億人を突破する見込みとなりました。本日より台湾高鉄では「旅客四億人達成カウントダウン」イベントが開始されます。近日中高鉄に乗車した際のチケットを保存しておくと、「高鉄旅行パッケージツアー」、「ビジネス車両無料乗車引換券などの賞品が当たるチャンスがあります。

高鉄左営駅によると、2007年1月5日開通して以来、今年の11月24日までの累計乗客人数はすでに3億9833万人に達しており、予定では12月上旬に第4億人目の乗客が発生するでしょう。

第四億人目の乗客に送られる賞品は、市価約五万元の、好きな旅行先とホテルを指定が出来る「高鉄旅行ファミリーパッケージツアー四名様分」です。四億人目の前後各1名の乗客には二等賞の「高鉄旅行ペアパッケージツアー」が送られます。

またその他に3億9900人目の乗客から、第十万人目の乗客毎に「特別賞」が送られ、合計9名の乗客に「ビジネスクラス無料乗車チケット4枚」が進呈されます。もし定期券または回数券利用者が該当者の場合は高鉄の担当者より本人に連絡が行きます。

台湾高速鉄路は2016年1月から10月まで毎日平均15万3000人の乗客を輸送しており、去年の同時期と比較して12.7%の成長率となっています。
台湾高鉄ではホームページ上にて「旅客四億人達成カウントダウン」イベントの10万人目毎の乗客のチケット番号を公表する予定をしているので、必ず乗車したチケットは保管して該当者は賞品と引き換えてください。
(情報:中時電子報
台湾新幹線が開通して十年、まだまだ経営状態は大変なようですがすっかり新幹線は台湾人の日常生活に定着したものになって。台北から台中や高雄を新幹線で日帰りすることは当たり前になったのは、ここ十年で新幹線がもたらした大きな変化でしょう。今後は宜蘭、花蓮、台東などの東側の地域の開発が観光、交通も含め次の十年の大きな課題になりそうです。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード