2016年11月25日
2016年11月25日
 

8_20161125123006499.jpg
人に古い町イメージの萬華、最近どんどん変わってます、新萬華駅、そろそろ完成するようです、隣もシーザーパーク ホテル建てます。街で歩いたら、一軒一軒の古いマンションも一軒一軒で更新してます(←15にとっての重要なポイントは「一軒一軒」)このまた濃厚な地元文化(←濃厚笑)が残ってる地区、新しい刺激が入るでしょう。、(←これもだけどさ、「:」「;」とかよく使うけどこれはなんか誰かに向けた暗号?)

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り  21~23度
台中 晴れ 24~27度
高雄 晴れ 27~28度
花蓮 曇り/雨   22~25度
週末のお天気→北部は18-22℃曇り/雨の予報です。台中は21-27℃曇り/雨の予報です、高雄は27-28℃晴れ/曇りの予報です、花蓮は20-23℃雨/曇りの予報です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2726NTD
1NTD→3.526JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.11.21発表)/10,14,23,28,32,36/第二区ナンバー02
大楽透(2016.11.22発表)/01,21,24,25,34,44 /特別ナンバー19
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「新北市で旧正月におすすめ5つ路線」
(なんでこの行空けるのか?)
旧正月もうすぐ来る、連休期間は親友を訪問する以外(←ええ?親友訪問絶対?親戚だろ!)、外へ出かけるも一ついい選びです(←親友訪問ですでに外に出てるだろ!!)。陽明山、北投で花見して、温泉に入る以外、新北市はまた行けるのどころがたくさんあります。新北市観光局は旧正月おすすめ5つ路線を計画しました。
第一路線(←何故「条」があるかわかりませんがこの後全部に「条」あり):平溪、十分老街を巡る旅。ランタンや菁桐の電子ランタン(←なにこれ?)新年願いします、ランタンゆっくり上昇することを見て、新の年(←まるでJINの時代か!心臓を「心の臓」というような)で願い事が叶いますように祈ります。その他、全台最大のカーテン型の滝十分瀑布公園(大晦日1日休み)でフィトンチッド(←チャジャンミョンに次ぐ意味不明なワードかと思いきやまたもや正解!ただ誰もが知らないから15がまた間違えてると思われてしまうのが悲劇笑)を浴びて、清新な水の息を感じすることができます、園内は四廣潭吊橋、十分サービスセンター、觀瀑吊橋、眼鏡洞瀑布と大華壺穴を見学できます、それから双渓で自転車を借りゆっくり回して、当地の最新鮮な野菜料理と懐かしいデザートを食べることができます。
第二路線:水金九地区(水湳洞・金瓜石・九份)巡る旅。みんなよく知る九份老街で温かいタロイモ団子を食べて、また金瓜石黃金博物館、太子賓館、祈堂老街、戰俘紀念公園を見学して、あとここの秘境:水湳洞、水湳洞は自然な海景と山景が持ちます、また十三層、廢煙道など炭鉱の遺跡があり、元の台湾電力の講堂とレストランは芸術エリアなりました。
第三路線:三峽-鶯歌の旅。三峽の藍染文化と鶯歌の陶瓷文化を見学できる(←突然ギャル語)、東方の芸術殿堂と言われる三峽清水祖師廟で祈り。三鶯は陶花源で景観区以外、自転車の車道、陶瓷の大型公共の芸術作品と三鶯芸術村、水上舞台を企画します。大晦日から初六まで三峽老街で清水祖師祭があります、台湾春節のにぎやか気分と当地特色を感じることができます。
第三路線:新北市の烏來、金山、万里、八里、土城と三峽は全部温泉の名所です。特に春の時に、烏來の桜満開です、また內洞森林遊樂區まで行って、あるいは福山部落まで行って、大自然の美しいを体験できます。帰路が山を下りる時、新店を通って、碧潭の吊橋ライトつけるの美しい景が見ることができます、さらに川岸で夜景の月の景を鑑賞することができます。ウォーキングしたいの人は獅頭山公園へ行くおすすめです、そこで燭台雙嶼の綺麗海景があり、また有名な野柳地質公園の野柳女王頭と朱銘美術館もあります。
第五路線:トレーニングしながら、祈りできるの2本道お勧めです。一本は中和にあるの烘爐地です、烘爐地にある「南山福德宮」とでも有名です、烘爐地登山步道を登るは金運がアップすることができます、「步步高升(一歩一歩上がっていく)」の意味があります、春時桜を咲けるので、ここも花見できるのどころです、山で台北盆地と大溪漢、新店溪が見えます、山を降りたら、隣にある興南夜市と樂華夜市で美味しい物を食べることできます。一本は淡水の天元宮に起点して「山仔頂登山步道」、終点は水塔景觀台です、北海岸の風景が見えます、春ときに天元宮が桜満開とき、とでもきれいです。
(情報:旅遊經
(なんでこの行も空けるのか?)
台北市隣ある新北市、台北に近いし、MRTや電車 バスで行けるし、すごく便利です、上に紹介してる場所は旧正月だけ行けるじゃなく、一般な日でも行けます、ご参考してください
(担当特派員:TOP15号)

From1号
そして最後に「赤ペンの鬼」である1号すら気づかなかったトラップ、第三条路線が二つ攻撃。OK号に「赤ペンの刺客」の称号を与える「の」。

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード