独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年10月21日

今年の秋に台風が連続で来ました、また秋の台風が特に強いです。農業や養殖業に大きい被害が出ました、多い農地が浸水するや果物は強い風で落下したなどの被害によって野菜全体の価格が上昇しています。15号はスーバーに行って、野菜の値段は前より1.5倍や2倍になった、いま自分ご飯を作るより、外で食べるほうが安いですね(野菜食べたいなら)!
From1号→何故(野菜食べたいなら)を強調したのかよくわかりませんが。文章としては何か調子いい?って感じ。スーバーだけどこんなの当たり前だからもはや何とも思わない笑。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/雨29~33度
台中 曇り/雨29~32度
高雄 曇り/雨29~32度
花蓮 曇り/雨27~29度
週末のお天気→週末の台北は25-30℃、土曜日の午前は雨、午後は曇りなります、日曜日は大雨の予報です。台中は25-30℃、土曜日の午前は雨、午後は曇りなります、日曜日は大雨の予報です、高雄は26-30℃で土日とも雨の予報です、花蓮は24-28℃で曇り後雨の予報がです
From1号→じゃあ何が?って聞きたくなる〆に爆笑

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2957NTD
1NTD→3.261JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.10.20発表)/04,13,19,23,24,29/第二区ナンバー05
大楽透(2016.10.18発表)/14,15,16,24,44,47/特別ナンバー21
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台北西站バス乗り場を遷移します」
台北市政府の西区門戶の計画のため、台北西站B棟の14路線はすでに先月28日に台北轉運站まで遷移しました。台北市公運處とすべての旅客輸送の業者は共通認識を取って、乗り場は10月30日に全部台北駅の東三門と北一門と台北後站など4つ所で遷移します。民衆は台北駅まで歩くの距離が短縮するし、快適な乗り場を提供します。
台北市公運處によって、台北西站A棟ですべては短距離の路線です、バス乗り場は台北駅の周りで遷移したら、民衆は台北駅まで歩く時間が8分減ることができます。基隆(1813)、金山(1815)及桃園空港(1819)の乗り場は台北駅の東三門に遷移します。桃園(1816)、中壢(1818)、楊梅(9002)、羅東(1811)と南方澳(1812) の乗り場は台北後站に遷移します。
台北駅の東三門と北一門で大型のバス乗り場を建てました、長い廊下があるし、乗り場の兩端で切符売り場を設置してます、乗客に快適な乗り場を提供します。初期にすべで旅客輸送業者は乗客迷うわないようのために人力を派遣します。
交通の影響について、台北駅の公園路側は大型バスの専用道をなりました、空間が広いので、周りの交通にあまり影響しないです;台北駅の鄭州路側に将来毎時間で20台の大型バスを増えますが、バスの専用道は中に縮めての工事が完成したので、周りの交通にあまり影響しないことができます。台北西站は取り除くしたら、市内バス乗り場と公園緑地になります、これで忠孝西路に交通渋滞の状況が改善します、工事は11月から始まります、来年3月に竣工する予定です。
(情報:NOWnews
bacabe0124fb4ea5212a85d3e975c686.png
(ニュースから参考図)
台北駅から桃園空港まで国光客運(1819)のバス乗り場は台北駅の東3門に遷移しましたので、使えたいの人は間違えように注意してください!基隆 羅東 桃園へ行くの人もぞれぞれ乗り場が違うです、行く前バスのサイトで先に確認してください
国光客運:http://www.kingbus.com.tw/
(担当特派員:TOP15号)

From1号
今日は細かいチェックはまっいっかってな仕上がり。とても重要なニュースを伝えてくれてるんだがイマイチ伝わらないので先ほど通過した新バス乗り場の写真をアップ。要するに前はここにバスが到着して降りてた。この降車する場所とバスに乗車する場所が一緒になったって事。
IMG_5918s.jpg IMG_5916s.jpg IMG_5917s.jpg
15号の翻訳によれば両端にチケット売り場有となってるがそんなもの作ってるようには全く見えないので今日21日、30日からここでバスに乗らないとならない状態ですが一体どこでチケットを買うんだろう?っていう疑問はあり。で、空港行きのバス乗り場は東三門から最も遠い場所に2台分並んでるのでここでどうやってバスを待たされるのだろう?って考えると不安もあり。土砂降りの時には間違いなくスーツケースごとビチャビチャになってバスを待ちます。さすが伝統と安定の利用客の事全く考えない設計で作られております。

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード