2016年10月17日
2016年10月17日
 

週末会社の日よけを閉じずにお帰りになられたようで会社に今日来たら久々の灼熱地獄。で、こんな日に限ってこれまた久々にクーラーが聞かない。ずーーっと社内が29度。ホントこのクーラーどうにかしたい。根本的な解決方法は全くない為「引っ越し」をしない限りはずっとこのまま。そーいえば、本日弊社のビルの商業施設部分はテナントなしで全然商売にならないなんていう不名誉な報道もなされていたしそろそろお別れか?

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 25~31度
台中 曇り/晴れ 26~32度
高雄 曇り 26~31度
花蓮 曇り/雨 25~31度
今週のお天気→木曜日以降が若干不安定なお天気となりそうですが、台北、台中は基本晴れ、高雄は曇り、花蓮は雨が降るかもしれないけど基本曇り的な一週間となりそう。気温は高めで30度越え。かなりの暑さで結構こたえます。おや?なんか台風発生してるじゃないか!21日までは影響なきように。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2965NTD
1NTD→3.252JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.10.13発表)/02,05,06,10,33,36/第二区ナンバー03
大楽透(2016.10.14発表)/10,23,29,30,44,47 /特別ナンバー07
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「平均一週間に一例 ジカ熱13例目の患者が台湾に入境」
疾管署が新たに一名のジカ熱感染者が台湾に入境したことが発表されました。患者はタイ人の男性。最近、ジカ熱感染者の入境が増えており、平均して一週間に一名の割合で感染者が増加している状態です。東南アジアへの訪問には十分な注意が必要であると呼びかけています。
衛生福利部疾病管制署の発表によればこの13人目のジカ熱患者は20代のタイ人男性。12日に兄と共に仕事で台湾へ。兄は空港到着時に発熱しており、空港で検査を行い14日にジカ熱に感染していることが確認されました。その際に弟は症状があらわれていませんでしたが同時に検査を行い、本日弟も感染していることが確認されました。
入境後、彰化縣の仕事場まで移動していますが、10月20日まで隔離措置となります。現在同じ職場で感染者と接触した人たちにジカ熱の感染は認められませんが、感染者が増えないよう対策を講じているようです。これにより今年13例目のジカ熱感染者が確認されたことになりますが、台湾での感染者はすべて台湾外から入境してきた方が感染者となっています。国別ではタイが4例、ベトナムとマレーシアが各2例、インドネシア、シンガポール、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン及びアメリカ(フロリダ州マイアミ)が各1例となっています。
タイでは今年に入って10月3日までに約16の地域で392人のジカ熱感染者が発生しており、この患者の中に39名の妊婦が含まれています。また東南アジアで初めての小頭症の子供が生まれています。疾管署副署長からはジカ熱とデング熱の区別は難しく発生原因などもまだはっきりとわからない部分も多い為検査対応にも限界があると説明がなされています。台湾でもこのまま入境してくるジカ熱患者が増え続ければ台湾内での感染が広がる可能性も否定できないという発言もあり。
東南アジアとの交流は頻度の高いモノとなっていることからも抗体の準備は必須となっていますが、患者の皆さんは体に赤い発疹が出たり、熱が出たりした場合は早めに医療機関に相談に行ってください。その際に必ず旅行に行ったなどの情報を提示していただくことで医療機関側の適切な対応にも繋がりますので必ずこういった対応で医療機関を訪れて下さい。またジカ熱流行地域への渡航をされた方は少なくとも3週間は献血などを行わないようにと合わせて注意を呼びかけています。
(情報:Yahoo奇摩新聞
今爆発的に流行!って状態ではないのでそんなに心配する必要はないかとは思いますが、台湾でもジカ熱発生していたんだなって事を今知った。蚊が原因で感染が広がるこの手の病気は非常に怖いのですが防ぎようもなくです。特に妊婦の方が感染すると生まれてくる子供に影響があるという事なので注意しないとではありますが、さあどうすれば?が全然わからないという・・・・。とりあえず日本からの観光客の皆さんは蚊に食われないようにするためにという事で一つアドバイスさせて頂くとしたら「日本から持ってきた蚊よけスプレーは効かないので台湾で買ってつけること」かな?ロケの時とかみんな持ってきたもの使っても全然効きめなし。蚊の種類が違うから?どうやらこれは台湾産を使った方が確実らしい。匂いがすごく嫌な臭い&ベタベタ系だがしかたない。
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード