独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年10月11日

国慶節の三連休が終わり、今日からまた平常運転ですが、今月に予定されている祝日でまだはっきり確定していない日が二日もあるのです。もう今月の事なのに日本では信じられないことですが、現在台湾では立法院社会福利及衛生環境委員会が行政院に週休二日制の労働基準法の部分草案修正を申請しており、この修正案が今月25日までに通過すればなんと10月25日の光復節と31日の蔣公誕辰日はお休みでなくなり通常通りの通学・出勤日となります。が、実際は3度決議を通過した後、総統によって公布されなければならないそうなので法案は決議されるのは早くても11月とみられており10月のこの2回のお休みはそのまま決行されるだろうというのが概ねの見解です。だとしたら早く政府が公布して欲しいと思うのですが本日現在まだ決議中というのみ。。。
でも何が起こってもおかしくないのがココ台湾。遠い昔に一度、228記念日の前日にその日が休みになることが決定され、日本のオフィスや取引先に通知を出したところ、みなさん冗談だろうと取り合ってくださいませんでした。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 23~29度
台中 曇り   25~30度
高雄 曇り/雨 25~31度
花蓮 曇り/雨 24~29度
今週のお天気→今週の台北のお天気は23-27℃で連日曇り後雨、台中は25-31℃、水曜日は曇り、木曜日と金曜日は晴れの予報です。高雄は25-30℃で曇りまたは曇り後晴れ、花蓮は24-29℃で連日雨の予報が出ています。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2950NTD
1NTD→3.267JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.10.6発表)/05,07,14,19,33,34 /第二区ナンバ-03
大楽透(2016.10.7発表)/07,11,20,29,34,38/特別ナンバ-04
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾がTOFULペーパーテストにてアジアで第十位にランクイン、日韓中より上位に」
米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)が公布した2015年度の世界TOFULペーパーテストの成績によると、アジア28か国のうち台湾は第十位にランクインし中国大陸や韓国、日本より上位の結果となりました。専門家は台湾内の有名中高生の英語能力は徐々に二極化しており、その中でもレベルが高い学生がどんどん増えており高校一年生でも英語の弁論大会が開催できるレベルだと分析しています。

高校と大学での英語の進歩
TOFULペーパー形式テストの成績は主に高校や大学の交換留学の資料として用いられます。また国内の大学では生徒募集または高校の能力別クラス分けに用いられます。米国非営利教育団体(ETS)台湾地区代表者の呉氏は、2015年台湾国内で6000人以上の生徒がTOFULペーパーテストを受験し、その内4割が高校K製、6割が大学生または社会人だったと公表しました。ETSの資料によると2015年の台湾人学生のTOFULペーパーテストの平均天は494点(677点満点)でアジア地区では第十位で2014年の478点より15点もアップしています。台湾の学生はシンガポール、マレーシア、香港の学生より低い点数でしたが、韓国、中国大陸、日本人の点数を上回りました。

実践が医学の応用外語系講座を担当する陳超明教授によると、英語はシンガポールとマレーシア人にとっては第二言語であり、台湾人のレベルとはくれ辺ものにならない。しかし発音は台湾人の発音がアジアでは最も良いと言われており、多くのアメリカ人が台湾人が話す英語は聞き取りやすいとの感想を持つそうです。また陳教授は日本は外来語を有しており、外国語をそのまま日本語で発音する為、それが英語学習に影響している。韓国では多くの青少年を留学に送り込んでおり、その結果英語言語界での彼らの影響力は徐々に高まってきていると述べています。また中国大陸では英語の単語を暗記し、文法を叩き込む方式で教えるので進歩はかぎられますが、一部のエリート層が参加する英語検定テストなどでは他の国々を容易に追い越すほどの実力なので、能力の高低は二極化しています。

15年の教師経験のある師大附属高校の英語教師吳詩綺老師によると、有名高校ないでの学生の英語能力ははっきりと二極化しています。レベルの高い学生は増えており、そのレベルも年々上がってきていますが、一方常について行けない生徒たちも存在しています。
「多くの父兄は英語教育に重要性を感じ、幼い頃から子どもに投資をし、高校を卒業後留学する学生も増えています。」と呉老師は語ります。現在呉老師は高校一年生を担当しており、一部分の生徒の英語のレベルは先生の想像を超えており、英語の弁論大会かスピーチコンテストに出場できるレベルで、帰国子女のような流暢な英語を話しますが、実際みんな台湾国内で教育を受けてきた生徒だそうです。
(情報: 中時電子報

確かに台湾人の平均英語力は日本人よりはるかに高いと思います。
幼稚園から英語教育があるのは当たり前ですし、小学校、中学校、高校とカルキュラムにしっかり組み込まれている他、学校によっては英検やTOFULの受験が義務づけられています。
英語に限ったことでなく、台湾は小学校からとても良く勉強されられるシステムなので、子どもが小学校に通うようになった時、つくづく日本で教育を受けて良かったと思ったものです。その毎日の小さな積み重ねが、将来大きく国民の知識や民度の差となって現れてくるのでしょうか。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード